FC2ブログ

レッスン80、81

書きたいことはいろいろありますが、とりあえず、レッスン記をさらっと?書いておきます。

レッスン80は、先週土曜日、
レッスン81は、1週間もたたず、今日行ってきました。

これで、発表会前最終レッスンで、今年のレッスンは終了です。
両方ともみてもらった曲は、発表会で弾く、アラベスク1番と2番です。

先週の土曜日は、
特にアラベスク2番が音がちゃんと鳴ってないので、
まずは音をしっかり、ゆっくり、音と音を芯のある音でつなぐ練習をするように。

あまり時間はなかったものの、とりあえず練習して、今日のレッスン。

仕事に行って、帰って、10分ぐらいで片づけ、洗濯物取り入れて、
息子の三者懇談に行き、
帰宅後、朝から片付いてない食器を洗って、ちょっと腹ごしらえをして、娘も乗せてレッスンへGo!

めっちゃハードやった~~(;´Д`)

1番は、「きれいに弾けるようになりましたね」って褒められました!

2番は、前回より音が入った。
つながり、拍、なんていうか、自然の流れの中で弾いたら、事故起きませんよ、と。
音入れようとばかりに、流れがおろそかになってた。
ゆっくり右手を弾いて、次に両手でゆっくり弾いて、
あ、これか!と思ったけど、
ウーーン、
いまいちつかめそうでつかめないんよね。。。

会場、去年より響かないから、
ペダル増やした方がいいって。

あの会場で弾くなら、ペダル増やすかなって。

準備だけして、耳で聴いて、その場で加減するのが理想だそうだけど・・・(;^ω^)
もっと華やかに弾いた方がいいみたい。

大人は、みんな色々ある中で弾いてるから、
今やれることをやって楽しんだらいいですよ、と先生。

もちろん、目の前のことをこなしていくしかにっていうか。
今やれることをやるしかないです☆

今日は先生と色々話もした気がする・・・


来年、ブラームスの間奏曲、弾いてみたいと言ってみた。
すんなりはいきませんよ
ブラームスの深さ出すのは、1回じゃ、なかなかね・・・
けっこうむずかしいんですよ
まぁ、でもやってみたら~?

というような返事でした。

9月には新曲を人前で弾きたいですと話したら、
いいですね
弾きたい曲あるでしょ、
リスト上げてきて、ダメなものはダメって言うし。

とのこと。

そうそう、娘との連弾も、やってます。

先日のレッスン以来全然見てませんけど・・・。

いいですよ、楽しむのにやってるんだから。
全然やってないわりには、前よりアンサンブルっぽくなってる、とのことでした。
あれ、不思議!?

娘のレッスンは、ちょっと中断しますが、
抱えてた課題はマルをもらい、
連弾は続けましょう、となりました。
休みの間も、遊びでいいからピアノに触っておくように、とのこと。
というわけで、楽しく?レッスンしてます。

さてさて、アラベスク2番
発表会本番までに何かつかめるかな!?
スポンサーサイト



レッスン79

早速、レッスンに行ってきました。
忘れないうちにささっと書いちゃいます

セ:「よかったみたいですね」

わ:「まぁ、楽しかったです。いろいろ得るものがありました」

先生、相変わらず、クール(;^ω^)

わ:「中級って想像してた中級と違って、難易度の高い曲とかもありました」

セ:「中級でもこれくらい弾くわよ。弾くくらい弾けるわよ。私聴いてないし知らない」

相変わらず、ピシッ!
まぁ、ガチコンクールに比べたら・・・なんでしょうね。

講評については、ちょっと、前の限定記事に追記しておきました。
発表会あるから、弾きましょうってことで。

アラベスク1番と2番弾きました。

アラベスク1番はよい。
アラベスク2番は、相変わらず、タラリラン鳴らない。。。
音の芯をつく
音を響かせる
一生懸命音を鳴らそうと、しっかり弾かなきゃ、ってのは違うみたい。
難しいな。。。

ベートーヴェンじゃないんだから、そんなに縦いる?
感じ方が違ったみたい。

色々とヒントはもらいました。
色彩感、おしゃれ感のある感じに仕上げたい。

背中がたわむ、とは
私は背中がかっちり硬すぎ
そういうときもあれば緩むときもあるでしょ
もっと背中が動くといい
私自身についても、こう、ガーッと一点にいきすぎ。
視野が狭い。
もっと大きく見ないと。
その方が楽に生きれるよ。
なんだっけな、テスト、試験勉強ならいいと思うんだけど・・・
(音楽の試験って意味ではなく一般的な試験、中間テストとかという意味と思います)

ワ:「でも、先生、私あの頃(先生に習い始めた3年前)に比べたら、カッ、カッ、ていうのから(意味不明ですよね)、
ずいぶんマシになったと思うんですけど・・・」
セ:「あのころに比べたらね・・・(-_-;)」


こうやったらこうなる
こうなるにはどうしたらいいですか?
なんか私、的外れてるみたい。
音楽、芸術ってそんなもんじゃない

ピアノって、あんまり自分のためにガーッとやらない方がいいんですよ。
うまくいかないの。
マミさん、サークルやったり、家のこともやってるでしょ。
(私これ以上もうできませんが・・・)

ワ:え、そうなんですか?でもピアノ弾くの自分のためだよね?(-_-;)よくわからないな(心の声)


曲線が必要、音楽についても、私自身についても。
私の呼吸や考え方、弾き方見てると・・・
私が言えることはこれくらいかな、と先生。

なんとなくは、わかったような、わからないような。

わたしのこと全部見透かされてる気がする・・・
先生、神なんじゃなかろうか??人間っぽくないよ(笑)

先生のレッスンって不思議・・・










レッスン78

エリーゼコンクール、直前最後のレッスンでした。
ここのところ、ほぼアラベスク1番しか弾いてません!(;^ω^)

まずは、いつもと同じように、アラベスク1番を最後まで弾きました。

先生から、「だいぶ柔らかい表現ができるようになりましたね」って。\(^o^)/

最初の部分。
テーマはクールに入ってくるから、その前をもっと盛り上げる。

poco mossoのところ、
もうちょっと動きがあってもいいんじゃないか

この2点くらい。
mossoのところはもうちょっと考えないとあかんかなー

★アラベスク2番

相変わらず、タラリランには苦戦。
音がクリアに出ない(T_T)

ソーラシラ~、ドシレドミ・・・
スタッカート部分とそうでないところをきちんと弾き分ける。
すっかり見落としてました。。。
そしてちゃんと楽譜通りに弾こうとすると、混乱します・・・(;^ω^)

アラベスク1番は、いい感じに仕上がってきてますよと言ってもらえました\(^o^)/
わーい、嬉しいな。
本番でも出来るといいなぁ~(>_<)

レッスン77

11月1回目のレッスンです

★アラベスク1番

まず、通して弾いた。

セ:「ホ長調の音階弾けますか?」
私:(うっ・・・、だいぶ前に1度だけ弾いたけど・・・)、

何回か間違いながら、カデンツ悩みながら、弾いた・・・

セ:「ホ長調で、ハノン1番弾けますか?」
私:「弾けません」(即答!)

セ:「じゃあ、右手から」
先生が最初、片手で弾いて下さって、真似してなんとか・・・。

セ:「はい、じゃあ次はスタッカート」
もう一度、今度はスタッカートで。

左も同様に、普通とスタッカート。

セ:「じゃあ、次は両手で」
これも普通とスタッカート。

セ:これで「だいぶ安定したでしょ。はいもう一度、最初から」

出だし浮いてしまう音があるみたいで、きちんと弾く。

中間部、片手ずつ。
左がニュアンスついてないって。
右はシンコペーション部分もう少し出した方がいい。

resoluto
和音が全部鳴ってないって。
先生が弾いてくれて、この音、って指摘されるまで全然気づいてなかった。。。
この音↓2拍めの左のバスのファの音。


★アラベスク2番
まず通しで弾いて、テーマ部分を練習。

うまくいかないアルペジオ部分
左の2拍めのレドファ。

セ:「左でレドをとって、右でファ、ラドミって弾いたら?」
なるほど~~、でも練習が必要です。。。

15小節目から左の和音進行の働きがわかるように弾いた方がいい。
S→D→T

タラリラン、タラリランとか、地道に片手練習。

★ツェルニー30番 No.19
あれ、この曲、どうも右と左が合わない。
右が装飾音符っぽく弾きたくなるみたいで、
ソファ、ファレ、レシ
ソ、ファ、レが左と合うはずなのに、後の音、ファ、レ、シと合ってくるんよね・・・(;^ω^)
と感じたのは気のせいではなく、
それを練習するための曲らしい。
↓こんな感じです


というわけでゆっくり、合せる。
ソファ(ウン)、ファレ(ウン)、レシ(ウン)・・・ってきっちり。

ハノンはさっきやったからもういいよね、ってことでレッスン終了です。
次回は2週間後。
エリーゼ本番まであと1回レッスンです~~( ゚Д゚)

ブロ友さんが、ブルグミュラーコンクールで、なんと、トロフィーをいただく快挙だったそうで、
ホント喜ばしいです♪
私も、
ああもういいよ・・・本番弾けなくても・・・
緊張して上手く弾けないし・・・
ブロともさんや友人とお会いすることがメインだし!!!
と思ってましたが、そんな後ろ向きじゃいか~~ん!と自分にカツです (๑ •̀ω•́)۶ファイト!!
もちろん、お会いするのを楽しみにしてるのはホントですよ♪


レッスン76

1週間後がレッスンってすぐですね(;^ω^)
レッスン記、書けないうちに、次のレッスンが終わった!
11月は2回なので、次回は2週間後ですが・・・
先々週、10月3回目のレッスン記です。

★アラベスク1番
まず手の慣れてない状態で、通して弾いた。
いろいろミスはあったものの、今朝1番にしてはまぁまぁですね、って。

2か所部分練習をした。
1つめ↓


最初は小さくから入る
和音を分解して、小指の高音を並べて、次に和音にして、中の小さい音を入れる。

2つめ↓


右手内声は小さく
左アルペジオは親指の音が大きくならないように
右と左のクロスリズムが間違ってた!
(適当に弾いてたので、よく見たら違うところに右をいれてた・・・( ゚Д゚))

★アラベスク2番
右のテーマ、タラリランタラリラン、ミーレーシーソーってとって、抑揚をつける。

★ツェルニー30番 No.18
なかなか間違えないで弾くのは難しい・・・
特に最後、右と左のユニゾンから始まるスケール、
途中から3度違いになるんですけど、
たったそれだけのことなのに混乱して難関・・・。

ここです↓


「いくらユニゾンと言っても、左は小さく弾きますよ。」
最後部分を何度も弾いて、左を何度も弾いて、
「では、もう一度最初から弾きましょう」
途中何回も間違えたけど、最後のユニゾンからはノーミスで弾き終えた。
思わず、ふう、っとため息・・・(;・∀・)
先生も「いけたね」って。合格しました!

★ハノン 音階
変ロ長調

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
09 11
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.19 ・インベンション 未定 ・ドビュッシー/アラベスク第1番・第2番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR