和声と楽式のアナリーゼ(本)

今後は読んだ本も記録していこうかな。

何年か前に買った本です。
以前も読みましたが(最後まで読んだかは不明)、もう一度読んでます。

和声と楽式のアナリーゼ 島岡 譲 

和声の本としてはわかりやすいと人気のようで、けっこうご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その時にも頑張って読みましたが、借用和音が出てきたところらへんで挫折・・・(;^ω^)
本の感想としては、素人でも読むことができ、わかりやすい、人気があるというのもうなずけます。
わかりやすい、読みやすいと言っても、やはり読みにくいです・・・。
他の和声学の本を読んだことないので比較はできないんですが、途中まではわりと読めます。
専門書は難しく書かれてますから、その中でも読みやすい方なのかな、と思いました。
そのわりに内容もけっこうきちんと書かれてるのかな。
借用和音の話が出てきたところで、もう眠たくなっちゃいます・・・。
寝れないときにはおすすめです 苦笑

・・・さて、
その時当時の先生が、作曲しないのなら必要ない、と言われて、
それ以来放置してました。

最近、現在習っている先生が、バッハのインベンション6番で、
「和声を感じて弾くように」との指示で、和音記号を楽譜に書き込んでくださいました。
全く、和音解析にはついていけなかったのですが、
そういえば、Ⅴ→Ⅰ、こんなのあったなぁ・・・
と思いだしました。
なるほど~~
和音記号を書くと、曲想がわかりやすくて、
書かれてある強弱についてなるほどな―みたいな部分もある。

タイミングよく、友人の影響もうけて、
今やってるノク20も、分散和音なので、やってみようかなと。
しかーし、ちょっとやってみたら、挫折・・・
前回のレッスンで、先生が「これでもいいけど、ここは借用和音で・・・・(どったらこったら)」
意味不明な記号を書いて下さった・・・

ん?しゃ、借用和音・・・聞き覚えがあるわ・・・。
むずかしいやつ、と、インプットはされてる・・・苦笑

ここんとこ、時間があったので、もう一度やってみました。
さっぱりわからないところもあるので、
そして、あ、そうそう、こんな本あったと、もう一度読み返してみてます。

これがやっぱり全然進まない本なんですけどね・・・
・・・やっぱり、借用和音で、わけわからん記号がたくさんで、混乱中・・・(-_-;)
でも、2,3年前に読んだ時より、譜例に親しみを感じるかも。

調がわからないので
ハノン片手に、ネットでググったり・・・しながら、とりあえず、ノク20の和音記号を書いてみる。

意味不明なところもたくさんあるんだけど、ちょっとハマってます。
ナポリの6とか、ジャーマン6とか、個性的な和音を使っている、とググったら出てきて、
この用語についてもググったけど、イマイチ意味わからず。
おそらくここのことだろうとは予想してるけど、ちょっとよくわからない。
もうちょっと借用和音のところを読み進めればわかるのかな!?
とにかく、インパクトある和音を使ってるから、盛り上がるんだなぁ、ということだと理解しました(;^ω^)

ついでにもみの木もしてみた。
アルペジオ部分はわけわからんので放置です。
でも、わかるところだけでもやってみると、ちょっと感動!
少ない音だけに、曲想のつけ方にプラスになったところも!
あってるのかはよくわかんないけど・・・、
なるほどこうなってるんだーみたいな、ちょっとだけわかった気がする

どこかネットで解析してくれてるページがあればいいのになぁ~~

気になる本↓

名曲で学ぶ和声法 2014/3/20 柳田 孝義
スポンサーサイト

楽典

今まで何度か書いてる気がしますが、楽典の勉強始めました。
今まで、ちょこちょこやってはやめ~、やってはやめ~。

こないだのレッスンでツェルニー30番の3番を弾いてる時、
左の和音がカデンツのところでちょっと迷ってたのを見て、
先生に楽典の勉強を薦められました。
これだけ頑張ってらるなら、知識として楽典の勉強もした方がいい、って。

本は楽典-理論と実習-
有名なあの黄色い本。

T先生曰く、
簡単な本もあるけど、返って読みにくい。
これが一番わかりやすいですよ。
読んでるだけだったら分かった気になりますからね、
問題もして下さい。
知識を活かすためには、問題もすること。
とのこと。

私も他にも本持ってます。けど、なんか挫折しちゃって・・・。

最初から読んでます。
ちゃんと問題もやってみてます。
一瞬、音大生が読むような本なので難しいかなと思いましたが、
ちゃんとうまくまとめてあって確かに読みやすい。
教科書みたいな感じ。
必要以下でも以上でもなく。

といっても、リズムと拍子の章を読んだだけで、
音程とか音階とか和音とかはこれからなんですけどね。

リズムのと拍子のところも、だからここは強拍か~とか、
モーツァルトのソナタを練習してる時、こうかな?って思えるところがあったりしてます。
あえて勉強しなくても自然にできることかもしれませんけどね。

今回は最後まで読めるかな!?

読書

こちらに戻ってきてバタバタして、
仕事始まってバタバタしてました・・・(>_<)
毎日寝坊で・・・あれ~~!?

えっと、久々に本を読んでます。
まだ少ししか読んでませんが、面白そうなので紹介してみます。

1冊目は図書館で借りた本
「音律と音階の科学」ドレミ・・・はどのようにして生まれたか 小方厚

音楽と物理は密接な関係なんですねー。
物理を習っていない私にとっては、かなり難しく、なかなか進みませんが、
初めて知る内容でけっこうおもしろいです。
よくわからなくて、何度か前から読み直したりして、やっと理解できてます。多分。
ブロとものピアノ弾きの物理学者様だと朝飯前なんでしょうねー。
もしかしてご存知かな!?
解説してもらいたいくらいです。

まだ序盤しか読んでませんがわかったことは、
・ドレミファソラシドは等比数列。
・ドレミファソラシドはピタゴラスから始まった。めっちゃすごい。
・ドレミファソラシドは時計と同じ。え、ほんまや、スゴ!!!
 ドからドまで黒鍵合わせて12個ありますね。時計も12でしょ。

物理の学んでない私には詳細は説明できませんが、
この3つで感動しました。
気になる方は是非読んでみてください。

もう1冊、
ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

前々から気になってた本。ちょっと高いけど、ついに買っちゃいました。
こちらもまだ序盤です。
大型本なので外で読めないんですよね^_^;
昨日からお風呂の中で少しずつ読み始めました。

話は変わりますが、
今日晩御飯に、揚げ出し高野豆腐を作ってみました。
あげる前に煮汁を吸わせるという工夫もしてみました。
もらったゆずがあったので、少し皮を入れて、最高の出来!!!と自画自賛(^^)
けど、子供にはウケませんでした・・(;_:)悲しいわ。

でも、やっぱり高野豆腐サイコー!!!☆
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR