予選日記 

いや~~、ほんと子供のコンクールは緊張します。。。私が!(;・∀・)

会場は、響きのいいホールでした~。私もここで弾きたい!


今回、車で行ったので、初めての場所、なれない高速、しかも雨!

あいにく旦那は仕事で、めちゃ真剣に運転したので、かなり疲れましたよ・・・

運転があんまり得意じゃないので。。。

高速は、実家に帰る時に使う高速だったから、まだよかったんだけど、

どちらかというと降りてからの方が緊張します。

大阪の道は三車線あるし・・・これだけでビビっちゃう・・・(;^ω^)

まぁ、無事につきました。


40人いて、娘は22番目だったので、これまた待ってる間もドキドキ・・・。

すごく単純な曲だったんだけど、

弾く子によってこうも違うものか!と驚きでした。

やっぱり、音楽って、左と右のバランス、和音のバランス、そして歌だなぁ。

左の伴奏の全音符が、けっこうバンバンなってたり、(優しい曲なんです)

メロディーが埋もれちゃってたりしてる子もいたり・・・。

娘もこんななのか~!?って心配になりましたが、そうでもなかったです。

音もまぁまぁきれいな方で、でも意外とけっこうこじんまりしちゃってたかな。

私がいいなーって思った子は、金賞じゃなく、優秀賞でした。


結果発表は、すごくドキドキしました。

まぁいけるんじゃないか、とは思ってたんですが、

意外とギリギリでした・・・(;^ω^)

もしかしたら優秀賞いけるかも、って思ったんですけどねぇ・・・

まぁ、1点がものをいうのかもしれませんが。


でも、ほんと、通過することができてよかったなぁ。

次も厳しいんでしょうが、頑張ってもらいたいです。


私は運転疲れました。。。(;・∀・)
スポンサーサイト

娘 コンクール予選初通過!

グレンツェン予選、通過しました~~!

やった~!!!d(*>v<*)b

今までにコンクール3つ受けて、初めての予選通過です。

娘も喜んでます!

このコンクールは課題曲も簡単で、半数以上通過すると聞いてました。

これで通過しなかったら凹むやろなぁと思ってたので、私もほっとしてます。

課題曲が、動きがない上にゆっくりした曲で、あまりにも単純すぎて、

逆に難しいな、どうするの?って心配してました。

40名受けて、20名くらい通過してたかな。もう少しいたかもしれない。

上から金、銀、銅、優秀賞(多数)、準優勝(多数)って感じで、

金銀銅は大きなトロフィーと賞状、優秀賞は小さなトロフィー賞状、準優勝は賞状のみ。

結果は、準優勝。

トロフィーがもらえず、残念がってましたが、でも、初めてとれた賞状に喜んでます♪

おめでとう!!!

次は、年末。

発表会と重なるので、これまたキツイなぁ~~( ̄▽ ̄)

そういえば、発表会の日にち知らない・・・ (;^ω^)

毎年のことなんで、この辺だろうとは思ってますが。。。

先生に聞かねば!

レッスン(娘) 9月3回目

最近、文章が書きたい発作なのか、更新率高いです( ̄▽ ̄)

なので娘のレッスン記も投入です!不定期ですけど。



初めて、平日の夕方に行きました。

意外と道は混んでなくて、1時間足らずでつきました~ (*´ω`*)


まず直前のコンクールの曲から。

短い簡単な曲ですけど、難しいわ~(>_<)

先生に動画もしくは、録音をとるように言われましたが、

あいにく録音機器を持っておらず、スマホで撮影することに・・・

家に帰ってみてみましたが、音質が悪く、残念・・・(*´Д`)

動画なので画像的に参考になるところはあるかな (;・∀・)

課題曲だからみんな同じのを弾くと自分のがわからなくなってしまうので、出番前には自分の音源をよく聴くこと、

演奏後の手の下げ方なんかもアドバイスいただきました。


バッハはミュゼット 合格。 マーチは片手から両手で弾いてくるように。


お次は、発表会の曲。  

片手でえっちらおっちら弾く娘。

間違い過ぎて何弾いてるかわからない・・・(-_-;)

聴いてる方が先生の反応にドキドキしてしまう・・・
(自分なら、これで譜読みやってきましたとは先生に言えないレベル。)

でも、先生は娘がここまでやってきました、とやめるまで、じっと聴いてるんです。
あ、譜読み間違いは指摘しますけど・・・。

自分の場合でもそうなんですけど、どんな時でもじっと聴いて下さる、
かえってドキドキするというか。。。
早く終わって~~って思っちゃうときあります。

今まで習ってきた先生で、こういう先生はそういえば初めてかも・・・。

大体、あ~違うって、途中で止められて、指導入れてきはります。

でも先生は最初弾く時は、ずっと聴いてるんですよね。

何が何でも最後まで弾かなあかん、みたいな、精神は鍛えられるかも。。。

本番って、何があっても最後まで弾き通さないといけないんですから、
そこまで考えてらっしゃるのかはわかりませんが、
こういうのも大切なんだろうなぁ、と先生のレッスンを受けて気づいたことです。

・・・ありゃ、何だか話はずれましたが、左右片手ずつ途中まで終えて、

「もっと自分でできることあるでしょ」

「こんな状態じゃ、レッスン見れません。発表会に間に合わないですよ。」

とレッスン以前にバッサリでした・・・(-"-)

テンポも指定されて、次回までには、やらせなきゃヤバい!と悟ったのでした・・・..・ヾ(。>д<)シ こえぇぇぇ


で、次、ということでハノンやって、練習曲(こちらは合格。次にいきます)やって、

ブルグミュラーは、アラベスク合格。

ブルグミュラーは発表会終わるまでお休み。

バッハも今やってる曲が終わればお休み。

練習曲とハノンは続けます、とのこと。

ちょっとホッとしました。

しっか~し、平日のレッスンは大変だわ。。。トータル3時間かかっちゃう。

帰宅後、宿題、夕飯でぐずぐずになってしまい、練習まではできず・・・。。。

日常のペースと違うから、かなり不満みたい。

私も、夜運転するのは疲れるな。

次回(運動会の振り替えでまた平日)からは、もうちょっと遅く出れそうなので、宿題はやってからいけるかな。

土曜ってたまに学校の行事が入るのが難点だわ・・・(;^ω^)


さて、今日は、コンクール当日です。

私の方が目、覚めちゃったよ・・・( ̄▽ ̄)

あと1週間

ピアノ、子供ネタが続きます。。。

気が付けば、もう来週末、娘のコンクール予選です。(゚д゚)!

これじゃヤバい、先週末から練習見てます。

こんなんでいいのかなぁ~。

すごく簡単でゆっくりした曲だけに、色んな意味で気持ちが重要なんじゃないかな。

1音も気が抜けない集中力と、曲に対する気持ち。

見た目も左右されますね。

演技?そういうのが苦手タイプなんで、難しいわ~~~。

でも、予選通過して、自信につなげてもらいたい!!!


コンクール曲に加えて、練習曲1曲と、バッハ2曲と、アラベスクと、発表会曲。

あ、ハノンと。

発表会曲は私と一緒じゃないとできない、ということで、一緒にやってます。

今までにない量で、こなすのが大変。。。(>_<) なかなかこなせません。

文句言いながらも、娘もやらなあかんと思ってるみたいで、少しずつでもやってるのはえらいと思う。

そんなわけで、夕方以降は 娘が宿題や一人でできる練習してるときにご飯の用意、

娘と一緒に練習したり、息子の送迎してたら、仕事ある日はなかなか練習する暇ないですね。。。( ;∀;)

娘の休憩の間に、ちょろっと弾いてるくらい。

私、後退してるかも・・・。

どうも、ノクターンの暗譜が出来ません・・・(>_<)

先生も発表会も様々・・・②

娘の先生と息子の先生は正反対に感じて、
息子の先生に対して物足りなく感じてしまいます。
もっとやらせたらいいのに、って。
息子があまり練習しないせいもあるんだとは思いますが。

ブルグミュラーを一つずつ丁寧に。
これもどうなんでしょうね・・・
いくらブルグミュラーを丁寧にやっても、
何年か先にショパンのエチュードが弾けるようになるか?って言われたら、
難しい曲は弾けるようになるとは思えません
曲らしい曲もまだ弾かせてもらってないんですよね。
例えばエリーゼの為に、とか、モーツァルトのトルコ行進曲とか。
貴婦人の乗馬くらいかな。
結局のところ、今やめたら何もならないとこで終えちゃうんで、
何も残らないような気がします。
表現力が身についてるわけでもないし。

今やめたら何も残らないと思って、
年長だったか1年生からずっとバイエル続けてきたけど、
6年生になった今も結局何が残るんだろう??って思っちゃいます。
音楽の授業には困らないくらいではあるのかな。
先生、バッハのインベンションをやる前の曲集、
(私も習ってた頃、インベンションの前にと勧められてやった曲集)
子供がこれに入るのなんてすぐよ、って仰ったので、
私、ずっときれいに保存してあったんですけど、
6年生になった今も一向に入る気配はない。。。

中学生になればやめる可能性大だし、
もう終わりが見えた息子にはやらないのかな。

難しいテクニックを身につけることがすべてじゃない。
音楽の道に進むわけじゃないし。
表現や音楽の楽しさが大切。

まぁそれもそうなんでしょうが。

表現って子供にわからないことが多いんじゃないかな。

やっぱりテクニックは残るっていうか。
表現は大人になってからでも身に付きますしね。
どんどん難しいことをさせる先生の方が子供にはいいのかな、って気がします。

自分が子供のころもうちょっとやっておけばよかったって思うからかもしれません。
やっぱりブルグで終わっちゃった人と、ソナタまでやってる人じゃ
大人になって再開しても違うんですよね。

何を求めるかは難しい。

子供の先生選びはほんと重要ですね。
先生によって、大きく違ってくるもんなんですね。

まぁ・・・結局のところ、
ある程度、曲数増やしてお尻たたかれた方が
やらなきゃあかん、という気になるんじゃないか、ってこと。
丁寧もいいけど、
どれも丁寧にじゃなくて、メリハリ、要点つけて、
ある程度サクサクっと進んだ方が、
子供にとってもやってる感があるんじゃないかってこと。

ちょっと辛口になり過ぎたかも・・・
素人の独り言ということで、さらっと読み流してくださいね。(;・∀・)
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR