娘 新レッスンスタート

娘の初レッスンに行ってきました
片道約一時間💦
朝なので、行きは空いてましたが、
帰りはまあまあ混むなあ…

新しい教室での娘のレッスン。
まずは、今までやったことをお伝えし、
これから使用する教材を教えていだきました。

前の教室は、簡単なのをたくさんやる方針(バイエル上くらい)でしたが、
簡単すぎるということで違うのになりました。
前の前の教室は、バイエル下の中頃までやってたので、
前の教室では簡単な教材に戻った、という感じでした。

回は、中級テクニックとかいう本で、
ツェルニー30番の前にする感じだそうです。
まずは1曲目が宿題と、練習の仕方(まずは3日間は片手のみ、4日目から両手練習)
テンポを指定してもらいました。

あとは、ハノンと、プレインベンション。
プレインベンションじゃないけど、似たようなのを持ってます(私が前にやったもの)と言うと、
それで代用可みたいでした。

初めに、聴音をしました。
娘にとっては、初めてで、「え、何のこと?」から(笑)
私のレッスンでは、練習曲や曲を弾くことしかしないので、何だか新鮮~~
子供はこんなことするんですねー。

そういえば、私も子供の頃、習ってたピアノ教室でやってました。
もうどんなレッスンだったのか覚えてないんですが、
これは子供の頃やっててよかったなぁ・・・って今になって思います。
中高、大学でも、何かしら音楽とかかわってきたので、
多分何か役立ってたのだと思います。
ピアノ再開してからも役に立った気がします。
やっててよかった、と思ってたけど、そういえば今までの先生は一度もなかった。
やったらいいのになぁ、と思ったこともあります。

・・・で、話がそれちゃいましたが、
あ、そうそう、こんな感じで音符書いたなぁ・・・って懐かしくなりました。

あとは、グレンツェンコンクールの課題曲と、ハノン1番

グレンツェンの課題曲は、本当にやさしくて、譜面でみたらバイエル上くらい。
両手で弾き始めましたよ、くらいの、譜面なんです。
テンポもゆっくり、動きも少ない。
いかに歌うか―。
かえって難しいんじゃないかって思っちゃいます。


ハノンは、片手ずつゆっくり、指を持ち上げて落とす。
これは指を強くするため。
フォームをよくするために
それぞれの指が鍵盤の位置まで指定されてましたよ。
なるほどなぁ、と思いました。
家で一度だけ練習しただけで、もう疲れたーと言ってました(苦笑)
この方法は以前M先生にも言われてたので、当時はやってましたが、
もうずっとやってないなぁ・・・
娘と一緒に横でやってみたら、私も一回弾いただけで疲れた(笑)

やっぱり、T先生は説明がわかりやすい。
練習の仕方も明確です。
〇〇の練習を、〇回やってきなさい、みたいな感じ。
「1週間やったらきちんとやったら、出来るようになります」
「出来なかったら練習の仕方が悪いです」
先生ってもちろん技術的にもすごいと思いますが、
教え方もうまいと思います。
すごいなーー。

今までの先生って、両手で譜読み→強弱、って感じで、
片手を細かくみることってないんですよね。
両手弾けてまずありき、って感じ。
自分が子供のころ習ってた先生もそうでした。
で、何回も同じようなことを言われる、みたいな。
でも、先生は片手からしっかりみてくれます。
段階的に、次はコレ、次はコレ、みたいな感じ。
初めて習ったときは衝撃的でした。
片手練習の重要性を初めて知りましたね。

そんなこんなで、初レッスンは終わりました。
娘もわかりやすかったようです。
頑張ろうね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
スポンサーサイト

ひと段落(追記あり)

先日、娘の先生に、コンペのご報告 兼 今までのお礼を言いに行ってきました。

急に、やめさせていただきますと言ったので、

先生も驚かれていた様子でした。。。

何とも言いにくいですね。。。

申し込んだコンクール、どうしますか?と聞かれて、

うまくかわそうと思ったんですが、

9月のグレンツェンのコンクールは個人に変えていただきたい

という旨を話さざるを得なくなりました・・・(;^ω^)

多分どこかに代わることバレバレだなぁと思いながら・・・

「また、ピアノ続けて下さいね」

と仰ってくださいました。

コンクールの事務局に連絡し、手続きを終え、安心してますε-(´∀`*)ホッ


コンクール終えて、確かに先生の仰るように、

この音は大きく、小さく、響かせる、音の長さをそろえる・・・などなど

そういう細かい一つ一つがとても大切なんだろうな、とわかりました。

コンクールだと余計に重要なのかもしれません。

でも、音楽ってそれだけじゃないんじゃないかな。

自分から歌う、表現する気持ちを持ってもらいたい。

先生が一つ一つ教えてくれるのは丁寧でいいんですが

ずっとそれだと受け身になってしまって、自ら歌う、ってことがおろそかになりそうな気がして・・・。

同じようにピアノ続けるなら、そういうことができるようになってもらいたいな。

もちろん、技術的にも向上してもらいたいんですけど。。。

以前、M先生が仰ってた、「音楽って音が大きい、小さいじゃない」

そんな言葉をふと思い出しました。

T先生、仰ってた。

「歌うことを教えるのがどれだけ、難しいか。歌うって何?って感じでしょ」

「でも、どの子も歌う心持ってるのよ」

って。

うちの子にもあるのかしら・・・(;^ω^)

何においても表現するのが苦手な子なんです。


来月から気持ち新たに頑張ってもらいます。

これはこれでついていけるのか、心配なんですけどね・・・(;^ω^)



予選終わりました

娘のピティナ予選が終わりました。

結果は、残念ながら通過ならず・・・

演奏自体は、小さいミスはあったけど、大きいミスはなく、

まぁ練習そこそこいけたんじゃないかと思います。

点数は、7.7が3人、7.8が2人。

通過最低ラインは7.96でした。

娘曰く、「7.7やった」とか「7.8やった」とかいう声が聞こえてきたそうなので、

そんなに他の子ともかけ離れた演奏じゃなかったのかな・・・、とホッとしてます。

半分しか聴けなかったのですが、全体的に、前聞きに行った予選よりも少しレベルが低く感じました。

その中でも、この子うまいな、と思った子は、合格してましたねー。

ゆっくりでもきちんと弾けていて、表情豊かに弾いている子は合格してました。

どうやら予選会場によってもレベルが色々らしい。。。


講評には、

メヌエットは

・フレージング、2小節を一つと感じるように、拍子感

・左が一本調子、表情をつけましょう


近現代の、レインドロップスは

・みなさんそろって、拍子感、テンポが揺れている

と書かれてました。


中には長所として、

・音が素直です、丁寧です、きれいな音です、メヌエットはテンポよく弾けていた

と書いて下さった、審査員の方もいらっしゃいました。


演奏は、2番目。

他の子は、みんな音源聴きながら指を動かしてエアーピアノ・・・

ちょっとビビったんじゃないかと思いました(;^ω^)

緊張したけど、ピアノは弾きやすかったみたい。

また、次、頑張る!と言ってました。

次こそ、賞をもらえたらいいなー。


それにしても、疲れた・・・

片道2時間半くらいかかりました(>_<)

会場は、神戸ハーバーランドの近くだったので、

演奏を終えて、ハーバーランドに行って(10年以上はいってないわ・・・)

ピザを食べて(おいしかった!)、

娘の希望で、観覧車に乗りました(*^-^*)

こういう会場はいいですねー

なんかちょっとテンション上がる!

楽しかったけど、足台を持って歩いたので、重かったー(>_<)


拍子感ねー

私もよく先生に指摘されます。。。

親子そろって拍子感がないのかーーー( ̄▽ ̄)

難しいですね


かなり緊張したと思うんですが、ビビることなく堂々と演奏出来て、

立派だったと思います。

私は本番ビビっちゃうからね(;^ω^)

よく練習も頑張りました!


・・・さっき、パンが焼きあがってみたら・・・ショック!!!

ドライイーストを入れ忘れたらしく、塊しか出来てなかった・・・

しまったーーー!!!

昨日よっぽど疲れたのね・・・(>_<)

ではでは、皆さん良い一日をお過ごしくださいませ☆

いよいよ明日かー

娘の初ピティナ、いよいよ明日か~~

先ほど、最後のレッスンに同行しましたが、

うーーーん・・・

これ、明日本番よね?もっと本番が先かのような。。。

結局、曲が仕上がってないように思います。

どういう風に弾きたいのか、よくわかんない・・・。

雰囲気、ていうのか、ニュアンスっていうのか、表現ですかね。

そういうのが足りない、見えてこない演奏・・・はっきりいってつまんないです。

この音は、強く、とか、弱くとか、はっきり、とか、短くとか、休符を長く、とか。

それだけ・・・。毎回、同じ内容です。

曲を仕上げる、というのには何かが違うような気がしました。

まだ、娘はそこまで技術的に達してないからでしょうか?

でも、それでも、その子なりに、仕上げてほしかった。

だって、曲がりなりも、ピティナの予選に出るんですから。。。


ここははっきり、ここはっきり、そんなにあちこちはっきり弾いてたら、全然歌えないやん!

一本調子って感じで。。。

しかも、ここは切った方が弾きやすいかな、とか。

正直、え???今更?明日ですよね、と内心思いました。

でも、イライラするのも今日でおしまい。


あーー、明日かー。。。

ほんと親の方がドキドキして疲れちゃう(>_<)


難しい

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR