娘のコンクール終わりました

娘のコンクールの地区大会、昨日終えました。

結果は・・・準優秀止まり。全国へ進むことはできませんでした(ノД`)・゜・。

上から、金(1名)、銀(1名)、銅(4名)、優秀賞(30名くらい。もっとかな?)、準優秀賞(50名くらい、もっとかな?)。

金銀銅は、賞状に大きいトロフィー、優秀賞は賞状に小さいトロフィー、準優秀賞は賞状のみ。

今回、娘の出る部での地区大会参加者は176名!

多かった~!

11:00から演奏し始めて、結果発表は18:00くらい。

ものの30秒もない課題曲。娘の出番は夕方でしたが、朝からだと大変だなぁ(>_<)

半数は賞をいただいているという感じでした。

会場は、あのシンフォニーホール

すごく響きの良いホールでした。

ピアノは、娘いわく、硬くてびっくりしたらしく、弾いた後は「心が折れた」と言って凹んでました。。。

確かに、他の方は音出てるのに、うちは盛り上がり、メリハリに欠けて、こじんまりしてました。

硬かったのかどうかはわかりませんが、硬いというより、
普段アップライト使ってるから、グランドに慣れてないからかなぁ・・・、なんて。

良く響いてたから、小さい音に注意し~、って娘に言ったけど、うちの場合は逆だったなぁ・・・(;^ω^)


予選、本選、地区大会、と準優秀賞で、トロフィーもらえる優秀賞には届かず・・・(>_<)

優秀賞には、あと一歩足りないみたい。歌の部分でしょうかねぇ。


まぁ、でも、このコンクールを通じて、なんか歌おうと思ってる意思、みたいなのは感じられるような気がしました。

家での練習見てたら、ちょっと変わってきたかも・・・、と思う部分もあり。

それが本番ではできなかったかな。

前の先生だと、ここはこう、ここはこう、って先生の指示でやらされてる感はあったけど、
今の先生はその辺あんまり細かくない、というか、自分で考える感じなので、
そういった自分の感性というのは、少しずつではあるけれど、成長してるのかなぁ・・・(-_-;)


トロフィーへのあこがれは強いようです。

来年度も受けようかなぁ・・・と言ってました。

「コンクールやめる?」って聞いたら、「またやる」とのこと。

娘のレベルにあったコンクールがあれば、また受けさせてやりたいです。

スポンサーサイト

娘のレッスン

年明けて、娘のレッスンには2回行きました。

現在の教本は、
・ハノン
・バスティン 中級テクニック3
・バッハ メヌエット BWV822より 合格→ マーチ BWV Anh.132(次回)
・ブルグミュラー 牧歌 合格 → 子供の集会

こんな感じです。

今の先生について思ったのは、教材の進め方が早い!
マルの基準は甘めと思います。
息子の先生じゃ絶対合格にしないと思います。
どんどん進んでいきます~。


余談ですが、
最初のレッスンで、先生にお菓子をお渡ししたので、
この間、先生からお菓子をいただきました。

あけたらチョコのクッキーに見えたので、
パッケージも確認せず食べたら、Σ(・□・;)!!

ん!!!?違う?何これ??

・・・バナナ??

慌ててパッケージ見たら、
バナナをフリーズドライにして、チョコでくるんだお菓子でした。

ちゃんとそういうお菓子と思って食べたら、
とても美味しかったんですよ~。

でも、人間、思い込んで疑いもなく、食べて、想像してた味と全く違ったら、
かなり衝撃を受けますね。。。( ̄▽ ̄)
思い込みって、何においても怖いものです。
人間ってある程度思い込みで成り立ってるもんなんだなぁ・・・と実感。
私たちの感覚までも支配してしまう。。。
何においても実は大半は思い込みなのかもね・・・。
まぁ、でも、そういうもんかな。

先生、ありがとうございます<(_ _)>

本選通過しました【娘】


もう一昨日の話になりますが、グレンツェンコンクール、無事に本選を通過しました!

このコンクールは、上から、金、銀、銅(ここまで大きいトロフィーと賞状)
優秀賞(小さいトロフィーと賞状)
準優秀(賞状のみ)まで次の地区大会へ進むことができます。
優秀賞と準優秀賞はかなり人数がいまして、7割近くは通る感じかな。

今回、娘の受ける部門だけで、90名くらいいました。
受け付け済ませるのも大変💦

トロフィーには届かず、準優秀でしたが、地区大会に進めます!
次の地区大会は、金、銀、銅しか、全国大会に進めないみたい。

講評には、少し堅い、まじめすぎる、とか、
フレーズの取り方のこととか書かれてました。
フレーズは大きくとろう、とかいう意味なのかな。
フレーズとか拍子にのるとか、音楽の進め方って難しいなあと思いました(* ̄∇ ̄*)




娘のレッスンと

音階をハノンのように弾かない!
「発想が全然違うんですよ」
音階を音楽的に弾くとはどういうことか??

そろってないからかな??
上に向けて一直線に!!!

うーーむ・・・これでいいのか悩みながら練習してます。。。

あと、テクニックだけではダメ。
歌と流れにのって弾く!

主にこの2点を念頭において練習してます。


さておき、娘のレッスンでした。
今日は、びっくりするほど道が混んでました。
日が暮れるのが早くなったからかなぁ。
ちょうどピークと重なったような気がします。。。

今日のキーワードは、手首の使い方かな。
カバレフスキーのソナチネも、グレンツェンの本選曲も。
これが出来るようになったら、ステップアップしそう。

先生も、手首が使えないと、これ以上テンポアップできないよ、と。

以前に比べたら、ちょっと集中力もついてきたかな。
先生のお手本を真剣に見てました。

時々、ニヤニヤしてた娘。

帰りの車で、「なんでニヤけてたん?」って聞いたら、
「先生、時々面白いこというねんもん」

そんな面白いこと言ってたっけ・・・?(;・∀・)

「どこが?」
「忘れたけど、私にとってはおかしかってん」
よくわかんないけど、娘にとってはなんか面白いらしい。。。

というわけで、意外とレッスン楽しんでるのかな??^_^;

12月に大阪のサークルで発表会があるんですが、
娘も参加させてもらうことにしました。
先生に相談したら、
「それはいい機会ですね。出来るならぜひ。発表会前にステップに出る子もいますし」
娘も大阪まで連れて行くのは大変なんですが(足台も持っていかないといけないし・・・、衣装やら荷物も倍・・・^_^;)
私も出るし、
ちょうどよい機会なので、ありがたいです。

予選日記 

いや~~、ほんと子供のコンクールは緊張します。。。私が!(;・∀・)

会場は、響きのいいホールでした~。私もここで弾きたい!


今回、車で行ったので、初めての場所、なれない高速、しかも雨!

あいにく旦那は仕事で、めちゃ真剣に運転したので、かなり疲れましたよ・・・

運転があんまり得意じゃないので。。。

高速は、実家に帰る時に使う高速だったから、まだよかったんだけど、

どちらかというと降りてからの方が緊張します。

大阪の道は三車線あるし・・・これだけでビビっちゃう・・・(;^ω^)

まぁ、無事につきました。


40人いて、娘は22番目だったので、これまた待ってる間もドキドキ・・・。

すごく単純な曲だったんだけど、

弾く子によってこうも違うものか!と驚きでした。

やっぱり、音楽って、左と右のバランス、和音のバランス、そして歌だなぁ。

左の伴奏の全音符が、けっこうバンバンなってたり、(優しい曲なんです)

メロディーが埋もれちゃってたりしてる子もいたり・・・。

娘もこんななのか~!?って心配になりましたが、そうでもなかったです。

音もまぁまぁきれいな方で、でも意外とけっこうこじんまりしちゃってたかな。

私がいいなーって思った子は、金賞じゃなく、優秀賞でした。


結果発表は、すごくドキドキしました。

まぁいけるんじゃないか、とは思ってたんですが、

意外とギリギリでした・・・(;^ω^)

もしかしたら優秀賞いけるかも、って思ったんですけどねぇ・・・

まぁ、1点がものをいうのかもしれませんが。


でも、ほんと、通過することができてよかったなぁ。

次も厳しいんでしょうが、頑張ってもらいたいです。


私は運転疲れました。。。(;・∀・)
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05 07
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.14 ・インベンション13番 ・ベートーヴェン 悲愴3楽章
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR