次の連弾曲は

次の連弾は、ラヴェル。

ラヴェルの「マ・メール・ロワ」より、 「美女と野獣の対話」

以前、ブロともさんが演奏されたのを聴いたのがきっかけ・・・。

たまたま、演奏会でも聴いて、いつかやってみたいなぁ・・・と思ってました。

初ラヴェル!

なんかラヴェルって、難しそうなイメージ。

連弾も聴いた感じ、難しそうだなぁと思ってたんですが、

初心者向け、らしい。

ホントかなーって思って、楽譜見たら、そんな難しそうな感じじゃない。

でも、一人で弾いてても、全然わからない。。。


今日初合わせをしてきました。

一人で弾いてたら、弾けるのに、合わせたら難しい!弾けない!

最初は全然何が何だかわからなかったけど、

だんだん少しはわかってきた・・・かな。

音も不協和音だし、ほんと不思議な世界。

でもなんか楽しいです。

物語系の曲やってみたかったのです。

なんだか初めての世界です。

美女と野獣の対話だけじゃなくて、他のもやってみたいなぁ~

3番の「女王の陶器人形レドロネット」とか楽しそう~

12月にサークル発表会で演奏を目標に頑張る予定です。


あ、その前に、

来月に、「君の名は」のエンディングテーマ、「なんでもないや」の連弾も予定してます(*^^*)


こんな風に弾けたら素敵~(*´ω`*)



1 眠りの森の美女のパヴァーヌ

2 親指小僧   1分50秒あたりから

3 女王の陶器人形レドロネット   4分40秒あたりから

4 美女と野獣の対話  7分40秒あたりから

5 妖精の園 12分10秒あたりから



スポンサーサイト

今日の練習

今日は、帰宅後子供らを歯医者に連れていき、

帰って、ご飯の用意をして~、

娘を練習させて(発表会曲の譜読みを一緒に、右手4ページ目まで)、

ご飯食べて、

少しだけ自分も練習。

アルペジオの部分だけ。メトロノームに合わせて。

最初から弾いてみたら、やっぱりぐちゃぐちゃになってしまいます。

15分くらいできたかな。

そのあと、また娘を練習させて、コンクールの曲と、発表会の曲の左手の譜読み。

今日は以上。

娘の練習には1時間近く付き合ったけど、集中力がなくて効率悪い。。。(>_<)

全部練習できず。。。

次、仕上げ。とか。間違えないで弾いてくるように、って言われてるのに、大丈夫~~???

ってこっちが心配になります。

しかも、今週は木曜に行くから、一週間ないのよ~~!!!(>_<)

今週は忙しいわ!

練習、練習

今日は気を取り直して、練習しました。

恐る恐る、レッスンの録音、聴いてみました・・・

凹んだのは、出来てない、出来てない、ってあまりにも言われたからかな。あちこち。

確かに出来てなかったんですけどね。


もみの木の、中間部のアルペジオ、レッスンで、右手だけ、メトロに合わせて弾かされたんですが、

見事に出来てなくて・・・(ノД`)・゜・。

「はい、ずれた」「もう落ちてる」って、何回やってもできなくて・・・泣きそうでした。。。

自分でも合ってるのかさえ、わからなくて。。。

「適当に弾いてる」、「ごまかしきれてないごまかし」

「テンポ、ルバートなんだけど、拍がとれてないから、動かしようもないです!」って言われてしまったのです。

アルペジオも弾けてなければ、休符もちゃんととれてない。

こういう時に基礎力がものを言いますね・・・基礎力のなさを痛感・・・( ;∀;)

かなりけっちょんけっちょんでしたね。。。( ;∀;)

私も適当に弾きたくて弾いてるわけじゃないんです~!(心の叫び)

とりあえず、拍。

これだけ言われたら、メトロに合わせてやる~~!っとは思ってるんですが、なかなかできません(>_<)

実際、合ってるかわかりにくいです・・・

きれいに粒をそろえてアルペジオを弾くのは難しいです。

どうやったらいいんでしょう?

リズム練習なのかなぁ~~?

次のレッスンでは、ちょっとはわかるようになった、と言ってもらえるように頑張ります。


録音練習もしないとなぁ・・・

やっぱりちゃんと現実を見ないとね。

なかなか一人の時がなくて、出来ません(;^ω^)


カプリス ~連打ができない&届かない~ 

シベリウスのカプリスもぼちぼち練習。


同音連打が、インテンポだとなかなか難しい。 

他の方の演奏動画を見て、左右交互に、太鼓のようにたたく作戦なんですが、

私、不器用なんでしょうか・・・?

うまくいくときもあるんですが、うまくいかないときもあるんですよ。
しかも練習したら、だんだん混乱してきて、余計に出来なくなる・・・という
負のループに入っていきます。。。

うまくいくときもあるから、出来るはずなんですけど、コツが全く分かりません( ̄▽ ̄)
この部分は、うまくいく!って自信ないと怖いなぁ~~(>_<)

で、オクターブでパンパンと降りてくるこの部分。


めっちゃ苦戦して弾いてたら、
先生に、「ここそんな苦しいところちゃいますよ。楽に弾くところですから、音省きましょう」
あっさり、左は単音になりました。下の音だけ弾きます。
右の方がオクターブいけるので、右はオクターブで。

手が小さいという話がブロともさんの間でも話題になりますが、
前にどこかに書いたような記憶もするけど、ないので、一度メモをしておこうと思います。

手を広げて、何cmかという話です。

右は 親指から小指まで18センチ
    親指から薬指まで17.5センチ

左は 親指から小指まで16センチ
    親指から薬指まで17.5センチ

私って結構面白い手、してますよね。

ぼちぼち頑張りますヽ(・∀・)ノ




妄想中~

こないだのレッスンで

「前奏後の、最初の小節で、情景が見えないと・・・」

「ドファドシッラシーで、惹きこまれるような演奏にしないと・・・」

なんとなくもみの木っぽい感じのようには弾けてるけど、それだけじゃ足りないんです。

もっと詳細なイメージ、映画を見てるような。

音楽を聴いただけで、そんな映画を見てるような情景が浮かぶなんて、とっても難しい。。。

今弾いてる、もみの木は、技術的には中間部のあのアルペジオは難しいけど、

それ以外は、どうってことない感じ。

音符が弾けないことはない。アルペジオ以外ね。

もちろん、手が小さくて届かないので省いてるのはありますけど。


でも、楽譜通り弾いてるだけじゃ、ちっとも曲にならないんですよね。。。(>_<)

それに比べ、ショパンのノクターン遺作は、弾いてるだけでキレイ。

曲になる。


な、なんだ、これは、ですよ。

音はこれだけしかないのに、どうやって表現するんですか??って感じ。

先生も難しいですね、って仰ってた。

それなりに、っぽくしてみたつもりだけど、まだまだでした・・・。

レッスンで言われた、ドファドシッラシー。

レッスンの録音聴いたら、元気すぎ、という先生の一言も、なんか納得。

アクセントだから、強く・・・、重く・・・って思いこみすぎて、客観的に聞いたら合わないみたい。

かといって病弱でもダメだし、年齢の深さが出るような、深みのある音・・・かぁ・・・。


この曲は、弾き手に任されている、わりと自由、というか、

楽譜には情報が少ないみたいで、少ない情報からどう引き出すか??

むずかしいけど、

この自由が面白みなんでしょうね~~。

まさに、大人のピアノって感じです。

華やかな曲、技術的に難しい曲はもちろん憧れるけど、実際問題なかなかできない。

こういうことなら、できる。出来るっていうか、考えられるって感じでしょうか??

大人のピアノはテクニックだけじゃないってことですねー。


というわけでね、すごく事細かな情景、イメージがいるってことで、妄想してます。

でも、忘れちゃうの・・・。

楽譜に書き込むしかないかぁ~。

素敵な文が思い浮かばないので、単語だけでも、ちょっと思いついたら書いていってます。

先生に見られるのはちょっと恥ずかしいですが・・・(;^ω^)

そして、小学生みたいな語彙力にガックリ。。。_| ̄|○




- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR