FC2ブログ

先生の言葉

先日のレッスンで言われた先生の言葉を少しメモしておこうと思います。

音を表現しようと思ったら、それに入っていく体の動き。
そのためには歌っていないとできない。

ピアノってテクニックに入ってしまいがち。
けど、もう一つ大事なのは気持ち。感情。
歌うのもピアノも歌い方は同じ。
歌うことを勉強してほしい。

ツェルニーから歌う練習をしていけば、
そこに感情が入って感情は成長していく。
だから同じ曲でも、年齢によって違う。

夢はそれがすごくできている。
表現しようと、しっかり体が動いている
それはすごく歌えているから。
夢はすごくいいねん、完成度が高いって先生。
こういう曲はだいぶ歌えるようになった。

けど、苦手な曲は、体が動いていない。
先生がおっしゃるところの背筋、腹筋を使う曲が苦手。。。
こういう曲が上手になれば、もっと表現の幅が広がるだろうって。

私に必要なのは、
歌って体を使う練習。
体を起こすピアノ。
最初は全然体が動いてないねん。
のってきたら動いてるねんけど・・・。

今日も以前も何回も言われたことなので、「同じこと言われ続けて情けなくなってきた」
と、ポロっと。あ、泣いてはないです
「そんなん、情けなくなる必要はない。」
先生だってレッスンに行ったら同じこと言われるらしい。
そして、あ、できてないわ、ってなるらしい。
すぐにできるわけない。
けど、何回もやっているうちに、ちょっとずつできてくるんよ、って。
そっか。
そんなもんなんですね。
目には見えないけど、
コツコツ積み重ねていくしかないんですね。

でも、よくなってるから、って先生フォローしてくれてました。
スポンサーサイト

今日のサークル

連休真っ只中とあって、今日は参加者が少なく、
かなりまったりでした。

私が弾いた曲は・・・

歌の伴奏
・「夏の思い出」
・「小さい秋」

途中でたくさん間違えちゃって申し訳なかったです。
歌の伴奏って、当たり前だけど歌に合わせないといけないし、
難しいですねー。
小さい秋は思ったより速くて、ところどころ、ついていけず・・・
ちゃんと合わせられるように頑張ります!

連弾 「nigt and day」
私はプリモで、途中まで合わせてもらいました。
まだまだ譜読みがきちんとできてないんですけど、
合わせてみたらそれなりの雰囲気に・・・。
頑張ったらいけそうかもー。
こんな曲です。おしゃれでしょ~
こちらは2台で弾いてますけど、同じっぽいです。




ソロは、レパートリーがなく、夢とカノンをちょこっと弾きました。

メンバーさんに、私と同じ、アラベスク2番をこれからレッスン受ける方がいて、
なんだか楽しみです♪

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
09 11
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.16,17 ・インベンション14番 ・シベリウス「樅の木」 ・シャブリエ「音楽帳の一頁」
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR