あきらめました

先日のレッスンにて。

今年はロンド・カプリチオーソ諦めることにしました。
今は5月に向けた連弾とアラベスクでどう考えてもいっぱい。
終わってからでは無理だし。
やるなら今からやらないと無理。
現実問題、今から取り掛かれないしね。

先生にも、「そうやね、弾けたとしても、仕上がるところまではいかないね」と。

でも、教室の発表会(おそらく8月?)、サークルの発表会(10月)は違う曲を弾きたい。
この2つは同じ曲で。

先生:アラベスク弾いたらいいのに~

私:いや~~、、1年間ずっとアラベスク1番をやることになりそうだから(笑)
  あら、今年1年間アラベスクしかやらなかったよ~~(>_<)ってことになりそう。

先生:OK 
    マミさん譜読み速いし、いけるでしょ。

(え、私遅いけど・・・!?)

ということで、先生に選曲お願いしてみました。

先生:何がいい?古典?モーツァルト?近現代?ロマン派?
    ショパンいく?
    きっとドビュッシーで音良くなったしいけると思うよ~。
    ドビュッシーは?

私:うーーん、嫌じゃないけど、ドビュッシーしかやってないので、次は違う作曲家を・・・。
  ドビュッシーから離れてみたい。

先生:考えておくわ~。

何が来るのか楽しみです。
けど譜読み遅いので早くとりかかりたい。
先生忘れないかなぁ・・・
スポンサーサイト

65回目レッスン ~モーツァルト連弾

先週の予定でしたが、先生のご都合が急に悪くなったので、2週間空きました。

本日のメインは弾けないモーツァルトの連弾。
先生は、両手を広げるような曲は得意だけど、四角の中で緻密に弾くモーツァルトのような曲は苦手だそう。

パラパラ弾いてはダメ。
しっかり直前までつなげてマルカートで音の粒をそろえて弾く練習をする。
タッカでリズム練習をしてポジションの定着。
ダダダダと弾くのではなく、拍の頭にアクセントをつけて練習。
つかんでいく。

出だし。
二分音符をしっかり伸ばす。抜くんだけど音は切れないように。
「もし、指揮者がいたら、ジャ~ン、ジャ~ン、って振るんじゃなく、ジャ~ァン、ジャ~ァンと振るでしょ」
タッカは鋭く。
小難しい顏しないでさあ音楽を楽しみましょう!って楽しい気持ちで。

Aのところの入りが入れない・・・。
セカンドの左を聞いて、16部休符を歌う。そこから始まる。

弾けない、つなぎのところとか、Jの手前、16分音符を8分に変えたいって
言ったら笑われた・・・。だって弾けないもん。
え~さみしくなるよ、って。
つなぎの部分はまだしもだけど、Jの手前のタカタカタカタカ・・・これは弾いてほしいって。
がんばりますか。
つなぎは右だけで弾いたらいけるかも!って昨日発見。
Jの手前はバタバタさせずに重さで弾く。

先生に「これ私に弾けますか?」って恐る恐る聞いたら、
「いけるでしょ」って言って下さったので、信じて頑張ろう♪

この日、レッスン前に相方さんと合わせたんですけど、難しいわー。
何となくこんな感じになるんだなってのはわかりました。
あ~あ、自分の個人練の重要さに改めて気づかされた。
練習あるのみ!

お次は、連弾小舟にて
先生と合わせたら出来ない。やっぱり最初おかしくなちゃった。
弾いているうちにだんだんつかめてきたかな・・・。
タイ、速く入りがち。
テンポプリモの前のゆるめ方など教わった。

「これはのり方つかんで、セカンドがしっかりリードしてくれたらいけるね」って先生。
「モーツァルトの方が問題やね。緻密に練習していきましょう」
「いつ弾くの~?」
私:「5・が・つです
先生:「5・が・つ・ね ははは、わかったわ」

最後に、アラベスク1番
この曲、出だし難しい。
音をつなげて♪

右のミファドミシレ・・・最初の三連符の連続のところ、の入り方。
はっきり入らない、ハラハラと。
む、むずかしいわ。
2ページ目
なんかリズムが変になって弾けなくなっちゃってて・・・。
あれあれ??
右と左がずれなきゃいけないのに、同時に弾いちゃってたみたい。

中間部のペダルの切り方。1か所おかしかった。

最後のところのあのリズムは良くなってきたみたいだけど、
そのあとの駆け上がるところ、音がでこぼこしてた。
大き目の音で音の粒をちゃんとそろえる練習を。

こんな感じでした。
通常レッスンは進まないです・・・。
次は来週。
実質1週間ないけど、頑張らないとあかんので
なるべく先生と合わせる機会作って、練習しておかなきゃ!
母がいればよかったなー。
けどモーツァルトは付き合ってくれなさそう・・・^_^;

近況~

忙しい週末でした。
ちょっと体調も悪くて早寝してました。
大丈夫なようです。ほっ。

日曜は朝9時半すぎに家を出て、帰宅したのは夜8時過ぎ・・・。
午前中は、子供会関係の用事、午後はサークル、その後先生の出演されるコンサートへ。

サークルは、今回は久々ににぎわいました。
見学者など含めて13名。
珍しく男性が6名と多かったです。
募集を再開して以来、ぼちぼちですが、問い合わせいただいています。

この日は、通常の、順にピアノを弾いていく以外にも、
あるメンバーさんは発表会用のモーツァルトのカツラ作り・・・。
どうも私たち(連弾)の為に二つ作ってくれているみたい
なのに、手伝わなかった私です・・・^_^; ごめんなさい
連弾以外にもアラベスク1番弾いてみたけど、全然弾けなかった。
家ではまだマシに弾けるのに・・・。
どんどん弾いていく機会を作った方がいいのかな。

その後は娘と友人と、先生の出演されるコンサートへ。
小さなサロンっぽいコンサートです。
チラシ見て、先生1番じゃないし・・・って晩御飯を会場近くで食べてから行くと・・・
先生、なんと1番!!!
ぎりぎり間に合いました~。

一番良かった歌は、「さびしいカシの木」
いい歌やわ~~
こんな曲です



そうそう、伴奏楽譜もらってたんだったと、
家に帰って弾いてみました。
がんばれば弾けるかも。
伴奏だけ弾いてもええ曲やわ~~

リコーダー演奏とか、メンデルスゾーンのお姉さん作曲の連弾もありました。
リコーダー演奏、って初めて。
木製のリコーダーってとっても素敵な響きなんですね~。
子供が吹いてるのとは全然違う~~。
でも、お手入れやメンテも大変なんだとか・・・。
ふいている最中にもピッチが下がってくるそうで・・・。

連弾曲は「3つの小品」 Fメンデルスゾーン。
ファニー・メンデルスゾーンってメンデルスゾーンのお姉さんだそうです。
若くして亡くなったそうですが、その才能はメンデルスゾーンよりもあったのではないかとか・・・!?
お姉さんの影響はとても大きかったようです。
へぇぇぇ~~~~
めちゃくちゃ難しそうな曲でした(>_<)

連弾練習

今日、「小舟にて」を初合わせ。
予習の成果あってか、なんとな~~く最後まで合わせられた。
これなら、2か月あればいけそう!って話になりました。
やっぱリズムが苦手だな~~。2連符とか・・・。
なんかおかしなリズムを弾いてしまってすみません・・・
とりあえずは、プリモ一通り弾けるようになったってことで、
歌えるように、また先生に見てもらおう。
次の合わせは3~4週間後。
その時までに表情つけられるように頑張ろう!

モーツアルトの個人練も励んでます!
16分音符を粒をそろえて滑らかに弾くのが相当難しい!
こける、こける・・・。
テンポ80~90代で練習。
タッカでリズム練習。
いくつか弾けないところもまだある。
どうしてもダメだったら、そこはアレンジしてしまおうとたくらんでます。
来週初合わせ予定。
その前に先生にやってもらって予習しようと思ってましたが、
先生のご都合で急遽キャンセル。
いきなり初合わせになりそうです。
大丈夫かしら・・・!?

↓こんなに早く弾けませ~ん


アラベスク1 練習中1

とりあえず、最後まで弾けたので初めて録ってみました。
録音ってだけで緊張しちゃう。
リズムに注意しながら弾いてみましたが、
やっぱりリズムがおかしいかな~。
あの最後のところは、タタになってませんね。
テーマ部分はマシ?

そして最初笑える。こんな風になってたとは・・・どうにかしないとね・・・^_^;
出だし、三連符のテーマに入る前、テーマに入るところ、難しいです。
三連符のテーマに入る前、ヨタヨタ感がほしい。
ritってわけじゃないんだよ。
クレッシェンドだけどフレーズの終わり、次にいくため、次になだれ込むように。
って言うようなことを教わり、ritじゃないを意識したら余計に笑えることになってます。
後半2回目もおかしいし・・・。
ちょっとここは要研究です。どうしたらいいんだろう?
後半の方が慣れてきたのか全体的に調子がいい気がします。

よし、がんばろう!

音源は恥ずかしいので、たたんでおきます。
間違い、弾き直し、譜めくりで止まったり、いろいろしてます。
before版ということでご容赦くださいませ・・・。

Continue Reading

難所

アラベスク1番のリズムの難所
CIMG5143.jpg

特に最後の三連符のリズムが崩れる タターンタになっちゃう。
左に入れよう入れよう、って思ってるから。
左のアルペジオは自動で、もっと右を意識して、特に右の三連符前の2拍を意識!
左のアルペジオが突っかかっちゃうんですよね。これも左に意識しすぎる一因かも。

CIMG5144.jpg


きっと最後のところも、変なリズムになりがちだと思う。
まだ指摘されてないけど・・・。ここも難しい。


小舟にてのリズムの難所

CIMG5141.jpg

最初セカンドのアルペジオに気をとられて拍がつかめない!
左が入れない→右もおかしい。
セカンドのアルペジオの延長線上に、を意識したら、入れたけど、
まだなんかおかしいね、って言われた。

CIMG5142.jpg

中盤2連符のところ。
ここもセカンド聴いてはいるといいみたい。
2連符やら8分音符やらでややこしい。
小さく捉えないで、大き~~くとる!
まだちょっとつかめないです。

こんな風に素敵に演奏してみたい



レッスン ~連弾 小舟にて

何みてもらおうか悩んでたレッスンですが、
小舟にてだけでほぼ終わっちゃいました

最初、モーツァルトの連弾、初級編と中級編と両方出して、
「うわ、モーツァルトの連弾は難しいで。16分音符が弾けてなおかつノリ方も合わせないとね」
「初級編と中級編、いいとこどりしてもいいんじゃない??」
「ちょっと弾いてみてよ」と言われましたが、
「今日はこれじゃないんです。」と小舟にてを出しました。
来週合わせ練習をする予定なのでね。

ドビュッシー 小舟にて
プリモを譜読みしていきました。
プリモだけサッと見てくれるのかな?と思ってたら、
先生セカンド弾き出した!
あ、あれ??拍がとれない。
合わせたらワケワカメ状態・・・(>_<)
は、入れない・・・
一人で練習しているときとは全然違う~~~!

「リズムが違う!ちがう!」
あたまでわかっててもなかなかすぐにはできなくて。
先生が私が感じをつかみやすいようにセカンドを変えて弾いてくれたり、
プリモも歌ってもらい~~の、
いつだったかのように、しまいに△を書かれ(6/8拍子なので)・・・、
やっとやっとで、最後の方でちょっと感じがつかめてきた~~。

揺れる感じがいいですね~~楽しい♪

最後、アラベスク1番を1回弾いて終わりました。
ここもやっぱり、三連符のリズムがタターンになるところがある。
1ページ目の後半です。
左に入れよう入れようと思わないで、もっと右を聴くように。
いくつか注意点をいただきました。
リズムが難しいです。

レッスンが待ち遠しいな

前回レッスンから2週間・・・2週間空くとレッスンが待ち遠しい。

そして見てもらいのがたまってきた!

5月に控えているプチ発表会。
参加状況見てると、外部募集、募りそうな感じかな~~。

ソロは現地点ではドビュッシーのアラベスク1番を予定してます。

連弾でも参加予定です。
ドビュッシーの小舟にて と モーツァルトの二台のためのソナタの連弾のアレンジバージョン。
パートナーさんはそれぞれ違います。
これから練習に入るので、個人でも先生に見てもらっておこうかなと。
小舟にてはちょっとややこしいし。ゆっくりな曲だけど、難しそう~。

二台のためのソナタは簡単バージョンで、私は楽やわ♪って思ってましたが、
カッコいい楽譜を見つけちゃって・・・。
視聴部分だけを聴き比べましたが、こっちの方が断然カッコイイ!
でもレベルも難しくなっちゃうんよね。
問題は私が弾けるかどうか・・・!?
まだ1カ月ちょい選曲まで時間があるのでとりあえずチャレンジする方向にしました。
先生に言ったら、難しい顔されちゃうかな ^_^;!?
こないだは簡単バージョン見せたから・・・。

通常のも見てもらいたいし。
けど、連弾ヤバいし・・・ちょっとレッスンに行って、お尻叩いておかないと・・・(>_<)
でもツェルニーも弾けないし・・・。弾けないからこそ見てもらいたいし。
2番、左の小指がつりそう・・・なんて弱いの(>_<)
ソナチネも前回見てもらえなかったし。
アラベスクも頑張ったし。
二つとも行き詰り。アドバイスがほしい。
バッハもどんどん見てもらいたいところだし。
今週のレッスン、何を出そうか悩むなぁーー。
2週間後じゃ消費しきれない、ということで来週もレッスン入れました。
週1くらいがちょうどいいのかも。もっとゆっくりしたい時もあるんですけどね・・・。

アラベスク1番

昨日は節分でしたね。
恵方巻き、買って食べました。
娘は、「世界が幸せになりますように」と願いながら食べたそうです。
ホント、世界が平和で幸せであってほしいですね。
イワシは煮たんですけど、骨は多いし誰も食べてくれず、一人で消費する羽目に・・・

ところで、アラベスク1番、練習開始して1カ月経ちました。
こないだのレッスンのおかげで、だいぶアラベスクっぽくなってきた気がします。

練習してると、夫が「ファイナルファンタジーや~」って。(笑)
違うよ~~!
でも、なんとなくこの音階が心地いいです。
3ページ目からのテンポ・ルバートのところが一番好きかな♪

やっぱりリズムが難しい~~。
3連符がきっちりとれない。
時々できるけど、タタータになったり。
最後のページ、ラ~シドラソラソ・・・左3連符、右8分のところは、メロディーがタタじゃなくてタッカになってる気が・・・。
あとはアルペジオがきつくてよくつっかかってしまいます(>_<)

憧れの曲のメロディーの音を弾いてる、というだけでなんだか嬉しくて楽しいです
もっと部分練習をしないといけないのに、ついつい通してしまいます・・・^_^;

アラベスク2番 練習中1

ドビュッシー アラベスク2番の練習音源です。
いつも使っているdivshreの調子が悪いので(私だけ?)、初めてyou tubeに変換してみました。
再生できますでしょうか?
先日のレッスンの前に録りました。
まだまだミスも多いですが、この辺で1度くらいアップしておこうかな。

弾き始めてから、約8カ月かな?
なかなかドビュッシーっぽい、おしゃれな感じになりませんが、
曲らしくはなってきたかな!?
この曲は物語っぽい感じがします。
3連符を決めるのが本当、難しいです。
冒頭部分、これでもマシになったんです。

最後の前のゆらゆら~部分、ここの3連符はこんなに粘ってはいけないそうで、
サラッと。そして三連符をそろえましょう。とアドバイスをいただきました。

レコーダーをマフラーの上に置いたからか、
音がちょっとコンパクトな感じになった気がします。


63回目レッスン ~アラベスク1番

とても寒くて、家から出られないかと思いましたが(笑)、レッスンに行ってきました。
(先生にお話したら、マミさんならありえる~~やって・・・^_^;)

 バッハ No.5 マーチ(BWV Anh.122)  
これはメヌエットと違って、弾きにくいです。シンコペーションだし。
手首を使って弾いてはダメ。
他の曲を弾くように手首を使って弾くのではなく、手ごと移動させる。
装飾音符のところも難しくてうまくいきません。
手首を使わないで弾いてくるように。これは次回持越し。

 ドビュッシー アラベスク1番 

先生:「譜読みけっこう進んだ?」
私:「はい、最後までいきました!」
ということで最初から弾いてみる。
出だし・・・ドミラドミファソレシソレシ・・・♪
私:「あれれ・・・」
先生:「ちょっと、ここは手首を使って弾くんだよ!(笑) バッハとは切り離して!」
ははは・・・^_^;

一通りなんとかたどたどしく弾いて・・・
先生:音は読めたね。じゃあ、深さをつけていこう。
ということで、表現に入ったみたい。
最初は曲線。タッチは感じるんだけど深く入れない。モヤモヤした感じで・・・。
ペダルもう入れちゃって、って先生。
そんな練習はしてきてないんですけど(数回しかしてない)、と思いながらいれたけど、
先生の歌速いわ~で必死・・・^_^;途中でペダル諦め・・・。

今日はたくさん教わりました。ほぼ、アラベスク1番でした。40分くらいみっちり。
・アッチェルかけるところとか、大事に弾くとこ。
・出だし部分、もう一度テンポプリモに戻ってきたときの違い。
・出だしは三連符が崩れるときがあるので、テヌート気味もう少しゆったり弾いた方がいい。
連続三連符より、単独三連符の方が意外と難しい(>_<)

弾けない、苦手なところ
CIMG5071.jpg

和音をしっかりつかんで同時にきちんとなるように。
まずは全部和音にして、不協和音を耳で覚えさせて、バラバラに弾いたときも和音として耳に残るように。
どうしても上を残さなきゃ、ってなりがちだけど不協和音の響きを楽しんで。

3ページ目から
タイ、2拍伸ばすところ、特にシンコペーション部分は、歌いきれてない。
サラッと行く傾向があるので、ねばってちょうどいい。
自分でも気をつけてたけど、まだ足りないみたい。

3ページ終わりから4ページの和音部にかけて
この曲、最大のポイント
ここは無理にクレッシェンドするんじゃなくて、次につながるために自然にクレッシェンド。
沈んで、ういて、前へ進んで、新しいきれいな景色が目の前にパッと見えるイメージ。
ここは譜めくりしてたんで、つながりとか全然考えてませんでした^_^;

テンポプリモに戻って、最初のモヤモヤ感と違う。

5ページ目。ラ~シド~♪ここは右、デリケートに。まじりあう音を聴いて。
CIMG5072.jpg

左は保持できません!届かない。
先生:「いいよ!」
余談ですが、you tubeで他の人がこの部分を楽々に弾いてるのを見たら、
同じものを弾いてると思えなくて笑えました。
私は届かないので、左に右に手は動きます。

最後の音、どんな音にしたいか、自分なりに考えて。
柔らかい音なんだけど、どんなやわらかさか?
その前はもっと手首使ってぎりぎりまでつないでね。
その空気感を持って最後の音に入る、一瞬で、どんな音にしたいか考える。
難しいです(>_<)

これで、輪郭が出来てきたね、って先生。
これが出来たら輪郭ができるのか~~。次回までにペダルいれてくる。

ドビュッシー アラベスク2番  

去年末弾いて以来、先生の前では弾いてませんが、
また前と同じコメントだったらどうしようっておそるおそる・・・(笑)
先生が横で歌いながら、一度弾き終わって、
「うん、前より良くなったよ。よく考えていてどう弾きたいかがわかる。それができてる時と失敗したんだろうなって時があるけど、どういう音を出したいのかは伝わるからいい演奏になってきたよ」
お、意外と、方向性はいいみたいです。
三連符がちょっと決まらないねーって。
粘らないでサラッと行った方がいいところでも粘っちゃってたりしてるみたいです。
音色も幅が出てきた、と言ってもらえました。
ドビュッシーをやって正解だったねって。
ドビュッシーを弾くことによって音色とか深さとかがわかってくるようになる。
古典ばっかり弾いていると、fはただの強い、pは弱いになっちゃって、音色とかが分かりにくいらしい。
ドビュッシーで学んだことを古典にも生かしていってほしい、とのお話でした。

ソナチネもしてきたけど、時間切れで見てもらえず、また次回ですね。
ツェルニーもね。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
01 03
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.9 ・インベンション4番 ・ベートーヴェン ソナタ第8番「悲愴」Op.13 2楽章 ・ショパン 幻想即興曲
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR