発表会 ① ~初プレイエル

サークルの発表会でした。

参加者30名弱という、とっても大人数の発表会でした
懇親会も含めて、朝から晩まででしたが、あっという間でした
とっても楽しかったですよ。
人と人の出会いっていいですね~

ピアノは、ショパンが愛用したと言われる、プレイエル。
お初にお目にかかりました。

ショパンの曲が弾けたら1番いいんだろうけど、まだ弾ける曲がない・・・
ドビュッシーのアラベスク1番・2番を弾かせてもらいました。

いいイメージだけを持って舞台に立つように
先生の言葉
電車の中でいいイメージだけを持とうと思うのに、でもねぇ・・・どこか心の片隅で不安。
別に、イメージするくらい、いいイメージだけ想像したって、いいじゃないね。
バチなんて当たらないよ
なんでなんでしょうね。

会場に着いて、リハの時間。
弾きにくい、黒鍵が滑る・・・って噂を聞いてたので、どうかな、と思いましたが、
よく音のなるピアノでした。
会場自体も響きやすい感じだから余計でしょうか。
特に低音はよく響いた気がします。
ウナコルダがほとんど効かないような気がしました。
自分の耳にはよくわからない感じ。
黒鍵が滑るってのはよくわからなかったなぁ・・・。
弾きにくい、鍵盤が重い、とは感じなかったけど、なりすぎて逆に弾きにくいってのはあったかなぁ・・・。
やたらミスタッチしてしまいました。
音が鳴りやすいから余計になのか、幅が若干違うからなのか、よくわかりませんが・・・。

CIMG5249.jpg

写真が下手ですみません・・・フラッシュが邪魔ですね^_^;

30名以上の参加で、11時から本番開始。
3部構成で、私は2部の後半。
皆さんの真剣な演奏を聴くだけで、緊張が高まるのでした・・・(>_<)

次に続きます
スポンサーサイト

いよいよ明日

いよいよ明日、サークルの発表会♪

ピアノは、ショパンが愛用したと言われている プレイエル。
初めてお目にかかるピアノです。
噂では弾きにくいらしいんですけど、どんなんだろう~?

33名も参加されるので、皆さんの演奏も楽しみです(^^)
私が明日弾く、アラベスク1番は、私を含めて3名もエントリーされてます。
やっぱり人気の曲なんですね~
タイムリーに自分がやってる曲を他の方が演奏されるのを聴くのは、初めてかも。
どんな風に弾かれるのか、とっても楽しみです

練習はした。
いいイメージだけを持って・・・

会場まで2時間。
楽しんできま~す

レッスン 77

レッスンでした。

アラベスク1番と2番、通して弾きました。

あ、あれ?、2番、三連符が弾けない!
音が鳴らない!
先生のところは鍵盤が重くて、そしてウナコルダを踏むもんだから余計に・・・あれれれれ???
というわけで、ここがダメだとずっとおかしい。
テンポもおかしい。

2番はテンポもちょっと落して、とにかく丁寧に。
あさっては、ああしたい、こうしたい より、
とにかくテンポの安定だけを意識しなさいって。

撃沈・・・。

焦らないように、メトロかけてテンポの確認、
そしてうちのピアノではしっかり目に音を出して練習しておこうと思います。

1番は何回か弾いてきたから、まぁいい感じみたい。
肩に力が入ってくるから、ところどころ力抜きポイントを作って意識するように。


そして、小舟の連弾レッスン。

こないだ遅い、って言われたのと、
CD聴いてイメージしすぎちゃったみたいで、
相方さんとやってきた感じをすっかり忘れてしまったようで・・・。
速いテンポで練習しちゃった。

あれ、合わない・・・(>_<)

そうだ、CDのイメージじゃなく、相手の音を聴かなきゃ・・・

何回かやるうちに、最後の方はやっと聴けて感覚つかんできたかも。

本番前にもまた一緒にレッスンを受けてくれることになりました。
ありがたいです。
2週間あったら、違う方向に行ってしまうから・・・私  ^_^;


帰宅して、また子供たちと一緒にレッスン。
今度は子供の連弾。
なんだか疲れた。。。
こっちも練習しないとね。あさって終わったらやろう。

先生にプログラム、ちらっと見せてもらった。
連弾は、最後みたい。
ソロは、最後から2番目。
ゆっくり見たかったけど、見れなかったので、何番くらいあるのか見そびれちゃいました。
時間も確認しようかと思ったけど、次の生徒が立て込んでたので、聞きそびれちゃいました。
また来週確認しよ~。
次のレッスンは1週間後。ソロのみ。

アラベスク2 練習中2

励ましのお言葉、ありがとうございます!
第1の本番に向けて、あと1週間、ベストを尽くします
かといって、やりすぎも手が痛くなってダメですね・・・
痛めてはないので、大丈夫です

間違っても通せるようになってきたので、録音してみました。

細かい3連符、やっぱり音が抜けちゃうところ、多々あり。
最初の3連符ばかり気をとられててもダメですね。
他にも変なところが見えました。
変なリズムになってるところが~~
fの和音もきれいに出したいし、fの華やかさが足りないですね
最後もそろってないし・・・。

これが現状です。
危ないところがあるんですけど・・・崩壊しないだけ、いい方です。

前回の録音が1月末⇒コレ
どんなだったっけ、って聞いてみたら、これよりは進歩してますね。
ウナコルダも踏んで、ぐっと曲っぽくなった。
ってか、T先生に言ってもらえなきゃ、踏ませてもらえなかったのか・・・^_^;

ちなみに写真はマイピアノです。

レッスン 76

あれからアラベスク2番を一生懸命練習して・・・でも弾けなくて・・・危険度大!!!
不安な気持ちを抱えつつ、
レッスンに行ってきました。

アラベスク2番 ドビュッシー

先生のピアノで初めてウナコルダを踏んで弾いてみました。
最初音が出てなくて・・・ 
先生も「うーーん ウナコルダ踏んだら音が余計に出なくなるからね・・・」
というコメントでしたが・・・
最終的には踏もう。踏んでしっかり音を出そう、ってことになりました。
音を出すところ、キラリってところがもっと音量がほしい。
なかなか難しいです

アラベスク1番 ドビュッシー

通して弾きました。
いくつかアドバイスもらいました。
クレッシェンドする時頂点がわからない。
最後のラーシドラソラソ・・・のところ、
左の保持音を出していくように。
これも最後ウナコルダを踏むことになりました。

アラベスク2番、通して弾けなくて・・・どうしよう、来週なのに不安って話をしたら怒られました。
弾く前からどうしようなんてダメ!
そんな気持ちじゃ、演奏に出る。
大丈夫って思ってその結果の失敗なら仕方ない。
ハッタリも必要。
マイナスの気持ちをもって舞台に出たらダメ。
それが人前で演奏するってこと。プロも素人も関係ない。
出るって自分で決めたんでしょ。
どうしよう、って思わないくらい弾きこんできて。
先生、表情厳しかった・・・

別に先生、出来ること以上のことを望んでるわけじゃない。
出したいf、思うようなfが出ない。
そんなことできなくて当たり前。それが簡単に出来たらプロ。
でもイメージすることは大切。
今できることを100%出すこと。

わかってる、ハッタリ(?)も含めて精神的なことが大切だって。
練習しかないって。
で、でも・・・、1週間、練習、頑張ったのに・・・
時間のある限り、かなり頑張った・・・
なのに、なかなか通せなくなっちゃって(>_<) 変な焦り。

先生に大丈夫、って言ってもらいたかったのかなぁ・・・私。

甘いこと言ってちゃダメだ
なにくそ!って思って、今自分の力を100%出せるように練習するしかないね。
どうしようなんて思ってちゃダメ
今ちょっと、気味ですけど、自分に言い聞かせてます

レッスン 4(T)

T先生のレッスンに行ってきました。

どうしても発表会前の練習に集中してしまうので、他の練習がなかなか進んでません・・・^_^;

ショパンのワルツ7番は3ページ目(雰囲気が変わってゆるやかになるところ)が意外と難しくて、
一通り片手ずつ音をみたところまで。
1ページ、2ページ目はまだ主に片手練習。たまに両手で弾いてみるもまだ弾けない・・・。

私:「6月末にアラベスク1番2番の発表する機会があるので・・・」
先生:「じゃあそれを見ましょうか」

ま、当然そうなりますよね。

でもその前に、ワルツ7番、3ページ目の片手ずつの確認をしていただきました。
左、保持音が多くて、手が厳しいんですけど、指遣い届くように変えていいから、なるべく保持!
8連符と装飾音符のところを質問。

で、アラベスク1番2番を通して弾きました。
き、緊張~~(>_<)

先生:「強弱がついてないですよ。弱音が強すぎる」
    「1番と2番を続けて弾くのだから、違いを出したいでしょう。丁寧に弾いているのは好感が持てるが変化がない」

私の楽譜にはウナコルダの指示がないんですが、安川版にはあるらしくて見せていただきました。
こっちのぺダリングを参考にするといいって。

ぜ、全然違う~~!  そして難しい!
どの音にペダルはかかっているか?考えて。
一瞬踏むなど、下手すりゃ逆効果。ない方がましじゃ??

ぺダリング変えたら弾けない。

あれほどM先生に注意された速い3連符は何も言われない。
それより左のアルペジオが遅いのが気になるみたい。(↓安川版ではありません)

CIMG5234.jpg

この画像の6小節目の2拍目、左 レドファ どうしても遅い。
最初5,2,1でとってたけど(5と2で届かないため)、5,1,2に変え(回転が入る)、どうやっても弾きにくい。
先生が上のファを右でとりましょうって
当然、右の指遣いも変わる
確かにうまくいけば流れはいいけど、身に染みた弾き方がそうすぐには変わらない・・・(-.-)

ちょっと音量が必要な3連符、4と5を使って弾いてたけど、もっと音量の出る指遣いに変えた方がいい。

中間部、急に遅くならない。
終わりもritかけない。フランス物はritかけませんよ。さらっといくみたい
この辺、お二人の先生の考え方が違うような気がする・・・ 気のせい!?

和音の音を全部均等に出さない。

1か所、クレッシェンドとデクレッシェンドの間違い。

いろいろ教わりました。


最後にもう1回アラベスク1番を弾いて、今のは良かった、滑らかさが出てきた、って。

最初からちゃんとのめりこむこと、
演じる、というか、女優のような気分で、
普通のテンションでは弾かない。

これはM先生にも言われたなぁ・・・。演じきれてない、って。

1回目でちゃんとそうやって弾くのってホント難しい。
本番って1回しかないものね・・・。

アラベスク2番、ぺダリング安川版で練習してみてます
運指も安川版の方が弾きやすいのでは??って箇所も発見!
今更ながら、運指を変えて練習しよ。
色々変えたので弾けなくなってます・・・
間に合うかなぁ~~



レッスン 75 ~発表会曲 決定♪~

レッスンでした。
子供のピアノのことで、雑談しちゃったので、短くなっちゃいました。

先生:「発表会の曲、2番にする?」

(いきなり2番っていうのは指が回らなくて怖いし、今日、両方弾いてみて決めよ~っと)と思って、
「ん~両方弾いてみて・・・」と言いかけたら、

先生:「両方!? 両方弾く~?」

エエッ!

私:「いいんですか~?」

先生:「いいよ、いいよ~、せっかく練習してるし、遠慮せんでいいよ~。じゃあ、1番と2番にしておくね~」

思わず、ハイ!と返事したのだけど、大丈夫かなぁ・・・?
2番、かなり危険~~

って言うかよく考えたら、連弾もあるし、出過ぎじゃない??

「小舟にて」と子供の連弾2曲。
息子と「シンコペーテットクロック」
娘と「チョップスティック」←これはめちゃ簡単。

6月末の発表会と7月の教室の発表会。
アラベスク1番と2番。思いがけぬ展開・・・
でも1番と2番続けて弾けたら、(弾けたら・・・だけど)この上ないし、ありがたいです。
ガンバロウ!!!

ということで、長くなりましたが、レッスン。


ソナチネ No、4 2楽章

まぁ、言われたことは前回と同じ。

先週より、音階ちょっとマシになった?
けど、息がうまくつかえなかったり、ノレない。
私、一瞬じゃなくて、一息つきたいのよ~~(笑)
発表会前に終わらせたかったけど、そろそろ発表会曲に集中したいし、無理かな。。。

あ、あと3の指で浮いてるって。
アラベスク2番にしても、同じような現象がみられ、どうやら3も弱いみたい。。。
第2関節がって時々くにゃってなるので弾きにくいんです。
大昔、骨折したのと関係あるのかも・・・。


アラベスク2番

やっぱり3の指が浮く。3,4,3って戻ってきたときの3。
あの、タラリラン、これをいかにクリアーに出せるか!?←超難関!!!
何回も何回も練習すること。

最後のシャララン、ここも何回も練習。
音を止める。両手合わせる。やわらかく。

ゆらゆら部分、ここはいい。好きでしょ~~。
その前、苦手でしょ(笑)。
(仰る通りデス)
もっと待ってました~!、ってくらい、はじけて。かわいく。

4,5,4だからうまくいかないんです・・・

苦手・・・っていう気持ちを前面に出しちゃダメですね。
せめて気持ちだけでも!!!楽しく前向きに!


今日は、息子との連弾も見てもらいました。
自分ももっと練習しておかないとね^_^;


- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
05 07
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.9 ・インベンション4番 ・ベートーヴェン ソナタ第8番「悲愴」Op.13 2楽章 ・ショパン 幻想即興曲
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR