体操大会  マラソン大会

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

レッスン

今週レッスンでした。

あまり進んでないので、どうしたものかと・・・
なんとなくやる気がない(?)というか、
12月の発表会の曲を練習してたらあまり時間がない、というか・・・


ツェルニー30番 No.4
1の指を保持するときに、1の音が入りきってない。そうすると他の音も浮いてるらしい。
力が抜けきってないから音が入りきらない。
家ではいけてるような気がしたんだけどなぁ・・・
もう一回。仕上げ。

ソナチネ No.8 1楽章
しょっぱな止められて、また前回と同じ注意・・・
そこ、意識して弾いたつもりなんですけど・・・とは言えず。。。
でも、まぁ何回かやって、OKだったっけな
2楽章見てくるように

モツソナはここ最近あまりやってなくて・・・
伴奏曲を少し見てもらうことにしました。

小さな空  武満徹

12月のサークルで勉強させてもらう予定です
譜読みがまだちゃんとできてなくて・・・
ああ、酷いわ スミマセン
もっと練習しなきゃ!
3拍子にのれるように

アラベスク1番 ドビュッシー

他に何も練習できてないし、練習させてもらいました
三連符がダメだって。リズムが悪いみたい。
不思議なことにT先生には言われない・・・。
言おうとしてることは同じなのか、違うのか。
けど、注意されるところが違う。
言ってることが反対・・・とかじゃなくて、
T先生に言われないとこM先生に注意されるし、逆もありで。
共通点は、出だしの流れと 私はタテにとる癖があるということ かな

なんだかねー、ちょっと複雑な気持ちなんです

2週間後にレッスン入れたけど、
きっとレッスン曲はさほど進まないだろうし、
伴奏曲は見てもらいたいけどなぁ・・・
時間がもたないし、もったいないかも
うーーむ、どうしようかなぁ


レッスン T(9)

色々悩みましたが、なんたって他の皆様は、ハイレベルですからね
年末にある、この教室の発表会に出させてもらうことにしました。

曲は、今年1番練習してきた、この2曲。

ドビュッシー アラベスク第1番
ショパン  ワルツ第7番

まず、最初にアラベスクを弾く。
手も冷たくて動かないし、弾けないこと弾けないこと・・・

注意されたことは、
タテにとりすぎ。私は大体なんでもタテにとってしまう癖があるみたい。
ツェルニーやドイツもんじゃないんだから ヨコにとらないと。
ざざ~~っととりましょうって

フランスものだから軽く。しっかり音を出すんじゃなくって、違うみたい。

音色が一定すぎ。もっといろんな色が欲しい

出だし、何となく入るように。タテにとりすぎにも関連してますが・・・
ざぁぁーーっという流れに逆らわずいった方が弾きやすいです。
入り方が一番のポイントですね。
ここで間違って、カチカチになって、さぁきっちり入ろうってなっちゃったら、取り返せないですね。

この辺、M先生のところで教わったのとは違う気がする・・・
どっちかっていうと、きっちり。しっかり、丁寧に。
やたら3連符のリズム注意されたし、中間部手前のここ(ちょっと写真に写りきってないとこから)なんかは、3連符で進まないと、拍感がない、みたいなこと言われた。ひゃゃ~~って進まないみたいな
 CIMG5071.jpg
春に教わったときも思ったけど、どうやらその辺のとらえ方が違う気がするなぁ・・・
M先生はフランスものだからどうこうとか言わないし
なので、この2ページ目後半なんかテンポも違うし、感じも違う・・・悩みどころ・・・


転調前のこの和音で上がっていくところ、苦手で弾けない・・・
ポジション移動が間に合ってない。練習の仕方を教わって、要練習。
タテに合わせるところはここだけですよ


転調部分、左があやふや・・・
片手練習してますか?
T先生の目はごまかせない・・・

かなり危険な弾き方です。
左だけ弾くと、弾けなくて、曲か何だかわからない 
初めて勉強する英語、カタコトみたいになってますよ。意味を成してません。
おっしゃる通り

声部で見るところ、和音で見るところ、勉強の仕方を教えてもらって、片手練習をしっかり。
左だけでも暗譜するように。
ドビュッシーは和音だけでもメロディーになってるんですって。

risoluto のところ
そんな鍵盤そこまで押さないですよ
えぇ、そうなの!?
ここはM先生には深く、と指摘された

フランスものはそんなガンガン弾くとこないです。
右と左の音符の長さをそろってないです
ええ、こんなことは気にしたことなかった・・・ でもホントだわ
なかなかそろえるとなると弾けない・・・


その後、ざざ~~っという気分で弾いたら、よくなったって先生。

ショパンワルツ 第7番

これは、前に弾いただけあって、まとまってますって

やるべきことは
最初の部分 上の音を出す。 ショパンは上の旋律を出します

piu mossoのところ なんか危ないです。ギリギリって感じですね。しっかり練習するように。
ここはテクニック的な部分だから練習したら弾けます。練習不足ですね  ・・・あ、バッサリ
どんな練習してますか?
練習の仕方は間違ってないみたい。
左がついていけてない。時々音外すので要練習。
何回か片手練習して合わせたら、ほら弾けるじゃない、練習ですね

転調部分 音色が一定すぎです。もっとやわらかく ブオンとした音で
よくわからないけど、力抜いてふぁんって弾いたら、いいって言われた
柔らかい音になったかなぁ


求められることが、難しい気がします
がんばらなぁ~~!
本番とても緊張します、って言ったら、12月は2回レッスン♪

レッスン 86

先週のレッスン♪

ツェルニー30番 No.4

保持するとき力を抜く
5を保持で、1,2弾くとき、1,2が浮かないように。そして、重ならないように。
リズムすべらない、きちんと弾く!
簡単そうできれいに弾くのは難しいです

ソナチネ No.8 1楽章

1小節弾いては、ダメだしの嵐
2小節目、1拍目と3拍目大切に、テヌート気味、同じ条件で落とす
次の音伸ばしてタラは延長線上に。
そのあとの4小節目は、1拍目沈んで、2泊目浮く。
右、16分入る前に力抜いて
左の8分ぐらつかない!しっかりテンポキープ
クレッシェンドは左でリードする。
左のスタッカートはもっと小気味よく!
短調の、右のスタッカート長さ揃えて!
音符が長い!

・・・こんな感じで、すぐとめられる~

もう一回初めから
2小節目の弾き方に注意して弾いてると、
 そのあと、そこ愛想ないわ~って
 先生、私、2小節目に今真剣なんです・・・そこまで気が回りませんよ
 
真面目になりすぎないで、楽しく弾こう♪

こんな感じで仕上げましょうと。


モーツァルト ソナタ K331 
テーマとVer1を見てもらいました。

テーマ
息、大胆に吸いすぎ。もっとひっそり。のり移るような感じで。
最低限の抜き方でいい。

最初の音、薄い紙の上にそっと重い荷物を置く感じ、
そこからバラ色の世界が広がるように~♪

Ver1
右軽く ひっぱっちゃだめ

ソナタは難しいです・・・
とても勉強になるので、ぼちぼち頑張ります!

kanp練習会

思い出しながら書いてます

先々週、すももさん宅の練習会に行きました。
いつもありがとうございます

前回記事が5月。
そんなに行ってなかったっけ?
って思ったけど、教室発表会前の7月に参加したみたい(^_^;)

この日は、すももさん、atsumiryさん、私の3人でまったり。

すももさんはシューベルトの即興曲90-4 いつもながら安定した演奏です(^^)atsumiryさんはショパン ノクターン2番
弾かれました

atsumiryさんはこの日10日後に本番を控えてらっしゃった。
さっき、本番の音源聴いたら、すご~く流れがよくなっててびっくり!

この日、私、アラベスク1番とワルツ7番を弾きました。
アラベスク、よくなってるよ、と思わぬ言葉をいただき、
T先生の教室の発表会に、アラベスク1番とワルツ7番で出ようと決めた。

・・・しか~し!・・・今日、T先生のレッスンで、アラベスクいっぱい注意されたのでした・・・
この記事はのちほど(^_^;)

近況 

発表会終えてから2週間たちました~
いつも通り仕事して、子供の習い事や病院の送迎をしていたら、あっという間・・・

発表会の音源、編集しようと思いながらまだできてません・・・
そうすると記事も書けないわけで・・・
練習会行ったり、レッスンにも行ったんですけど、これも前の記事が書けてないから書けず・・・
おいおい書いていきたいと思います。

新しいこと? といえば、
私が管理人をしている ピアノサークルことね の 姉妹サークルである berceuseさん
副管理人をやらせてもらうことになりました。
先日合同発表会を一緒にさせていただいた、サークルさんです。
berceuseの管理人さんとは、ことね で出会い、
大阪でサークルを立ち上げられると聞いた時から応援してきました。
さすがは大阪
あれよこれよ という間にメンバーさんが増えて、
現在100人近くもメンバーさんが在籍していらっしゃいます
正直、練習会にはしょっちゅう顔出せない可能性大なんですけど、
いい方向に運営できるよう、協力していきたいです
発表以外でも交流の機会も作れるかな

先日、小学校で、車いすダンス の講演がありました
車いすの方と健常者の方が一緒にダンスをするグループだそうで、
実際メディアにも取り上げられいてるようです
ダンスもかなり素晴らしく美しくて魅了されたのですが、
その方のお話もとても感動しました
その優しいお人柄、すごい技術のダンスの裏側には
その方の苦労や努力の積み重ねがね、すごくすごくあったんだなぁ・・・って。
今は、自分が本人の立場と、親からの両方の立場でみえるから
余計にうるうるきますね~~
世代的には同じような感じだから、
幼い当時は理解されなかった部分も大きいだろうし、
いじめなんかも相当あったようです

自分にできることをやっていきたい!って
とてもパワーをいただきました

サークル合同発表会 音源

サークルの合同発表会、せっかく音源も録ったので、記録として こっそり残しておこう~

映像がない分、できてないところがはっきりわかっちゃって・・・
いっぱい間違ってるし、今更載せるのもどうかな、って感じなんですが

Continue Reading

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
10 12
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR