発表会ドレス イメージ

今日、やっとトワルチェックが終わりました。
パターンをシーチング(布)で、ピンを使って組み立てる作業です。
今回は、イメージに近づけるため、ジョーゼットも使用しています



スカートのヒラヒラ部分は、組み立てでは半身のみにしてます。

トップス、このレース生地を使用します


ピンク色の花のレース地。
一目惚れをして、今年初めにこれだけ購入しました。

土台はピンク色にすることにしたので、花柄はあまり目立たないかも…。
薄いピンクのドレスになる予定です(*´ω`*) 

頑張ろう‼

スポンサーサイト

サークル発表会 

大阪のピアノサークル発表会でした。

今年から副管理人をやらせていただいてますが、
普段の練習会にはほとんど顔を出せてない状況・・・(>_<)

子供達からピアノばっかりと、、、ブーイングなので、なかなかね・・・

でもまぁ、発表会のことは、副管理人としての役目を果たせたかな・・・!?

会場は、スタインウェイとベーゼンドルファーのある、素敵なサロン・・・(*´ω`*)



40名もの参加で、ピアノソロ・連弾だけでなく、
二台ピアノ(なんと8手の二台ピアノも!)、
バイオリンやベース、二胡、歌などのアンサンブルもあり、
11時から17時半まで、と~~~っても盛りだくさんな演奏でした♪

私が弾いたのは、しつこいようだけど↓コレです。
ソロ モーツァルト ソナタ K.331 1楽章
連弾 フォーレ ドリー組曲より 「子守唄」「ミアウ」

ソロは、初モーツァルトで、初本番で、かなりの緊張でした(>_<)
モーツァルトというだけでかなりのプレッシャーでした。

楽譜はもっていったけど、今後控える本番の為にも、暗譜で臨みました。
色々ミスったけど、何とか落ち着いて、と言い聞かせ、
アダージョが終わってほっとしたのか、
Var.6入るときに、ひっかかった!普段の練習ではこんなことないのにね
何回やってもダメ、しまいに、指が頭の言うことを聞いてない、ありゃ、指が震えてる!( ゚Д゚)
浮いてるわ、ともう一回気を取り直して、
何とか最後まで弾き終えました(;・∀・)
集中力が途切れるとやばいですね。。。

今回、暗譜落ちってわけじゃなくて、なんか動かなかったんですよねー。
緊張しすぎかな?

ソロが終わって、ホッとして、連弾のときは緊張はほぐれてました。
でも走ってしまった・・・(;・∀・)

実は、連弾の相方さんが5月の発表会もそうだったんですが、
体調をずっと崩されていて、
前々日、最後の練習をする予定だったんだけど、
できないまま、本番を迎えました。
最後に合わせたのは、レッスン後の練習・・・。1週間ちょい前か。
当日もあまり体調がよくないみたいで心配でしたが、
なんとか本番を一緒に迎えることができてよかったです。

練習も、リハもできなかったので、うまくいかないところが多々ありましたが、
5月よりはよかったんじゃないかと思います。

体調のいい私までもミスして、すみません( ;∀;)
ミアウの途中で、音を見失ってしまいました。
重要な音さえも入れられなかった・・・・(ノД`)・゜・。
やっぱ、高音のプリモが外すとかなり目立ちますね・・・
でも、最後のアレグロに戻すところはうまくいった!

またよろしくお願いします(^^♪

ドレスは、何とか間に合いましたよ~
娘が前日の夜、石を付けるのを手伝ってくれました★
余計に時間がかかった気もしないでもないですが・・・
でも、あんまり、キラキラわからなかたかも。。。


今思えば、去年のモーツァルトの仮装でもいけたなぁ・・・(笑)
あれ以来、モーツァルトジャケットの出番ない 苦笑

長々とお付き合いいただき、ありがとうございます

記録として、本番の演奏を貼っておきます

モーツァルト 弾きなおしの部分もカットせず、ありのままです<(_ _)>


子守唄 


ミアウ *子守唄と連続して弾いたのですが、弾きなおしたためその部分をカット。なので、二つに分かれてしまいました。


ドキドキさせる演奏を、お聴きいただきありがとうございました <(_ _)>








レッスン 21

ささっと書いておきます

モーツァルトの練習に忙しくて、他はさっぱり。。。これだけ見てもらいました。

暗譜で一通り弾きました。
何とか崩壊はせずに弾けた

「丁寧な演奏です。よく、暗譜まで持っていきましたね」ってここだけは褒めてもらえました(*'ω'*)

以下注意点

Var.5 
Var.4からアダージョに入る前の間を少し開ける。


音の頂点に向けて、クレッシェンド、というより、抑揚、ニュアンス
ティーラン、ここのため息の音型のところは最初の音、もう少し出す、テヌート。
クレッシェンドと思うと、やりすぎ・・・
その音だけ大きくなっているって( ;∀;)
こういう注意多いような気がします。だんだん大きくしていくのって難しいですね。




装飾音符に入る前、ぶち切れ。
ちゃんと終止でダウン。
ここ次が苦手な装飾音符だし、あわわわ・・・(゚∀゚) ってなっちゃうんですよね
指使いを変えた方がうまくいくのでは?
終止の音を1でとって、もう一つは左でとる。そうすると、2.3.4が自由になるのでまだ動きやすい。  
おお~~(・_・D フムフム




この辺(ここに限らず)、付点や、8分音符は、実際の長さより少し長めに処理。テヌート。
繰り返しで若干速くなる分、落ち着ける。

また最初のフレーズに戻って、オクターブ効果、オクターブの距離感




この最後のところ、速くならない。自爆しちゃう。
「右の速いところ、弾いてみて。」→弾く
「もっと速く、最高速度で。」→あまり変わらない速度("^ω^)・・・
「今の倍くらいの速さで弾けるなら走っても大丈夫だけど、最高速度があるんでしょ。危険です」
fの入り方、特に左が重要。
「スケート選手がジャンプするとき、踏切間違えたら失敗しちゃうみたいな感じで、入り方間違うと速くなって自爆します」

Var.6

もっとパリパリっと。右手の曲。指を動かしてバリバリ弾く!
「Var.5までは 頭を使って弾くけど、ここは手なんだなぁ・・・単純というか・・・」
そういう運動系・・・再開組といっても大人から始めるに近い私には難しい・・・(ノД`)・゜・。
もともと運動音痴だからか・・・

音は上げる。

Var.4

両手が交差するやつです。
だいぶ、高音が出てきたと。
跳躍後の最初の音が、間違うので、目をつぶってでもそこにいくように跳躍の練習をしなさい、と。
50回くらいやればいいらしい・・・

Var.2とかは指先を使って弾かないと、細かい音がはまらないって。

明日は、緊張したらどうなることやら・・・
とりあえず、今できることをやれたらいいなぁって思います。

ってか、もうお腹いっぱい・・・
自分では、こんな10ページもあるも暗譜してよくやった、って思う。
そりゃできないこともたくさんあるし、もっとうまく弾けたらいいけど、
今自分にできることは、頑張れたんじゃない。
これ、9月の発表会までもつのかな~~

でもって、今日は子供の送迎祭り。
今は娘の歯医者待ち。
練習する時間あるんかな…(>.<)
服も石つけられるかな…ヽ( ̄▽ ̄)ノ

モーツァルトソナタ K.331 1楽章 練習音源②

いよいよ、あさってが本番・・・
なかなかモーツァルト、うまく弾けません

今日は、本番前最後のレッスンに行ってきました。

あちこち、アップアップなんですが、
「よく暗譜まで持っていきましたね」って
そこだけは褒めてもらえました。

やっぱり細かい音がきれいに、ちゃんと入りません。

Var.2のトリルが入らない!左の伴奏も一定に弾くのが難しい。

Var.5の装飾音符と、最後の前の聴かせどころ。

Var.6は指が回らない。
もう疲れちゃってるし。
特に、最後の手前の左のアルペジオの部分は、ほんと弾けない。

そして集中力(>_<)

レッスン終わって、ちょっと練習した後にGPで録った音源を記録として載せます。
ミスもあちこちあるけど、これが私には限界・・・(ノД`)・゜・。
前よりは前進してるかな!?

2016 発表会ドレス

サークル発表会のドレス、あと少しで完成(*^ー^)ノ♪


デザインは去年作った、水色のドレスと同じです。
あとは、アイロンで接着できる、キラキラした石をつけて完成です

石つける前の画像です。
昨日、教室で、裾上がりを見ていただいて写真を撮っていただきました




あさって着るので、急がなきゃ‼

9月の発表会は、新作ドレス(大げさな(^_^;))を製作予定です

本当は、9月のが間に合えばよかったんだけど、到底無理で…💦
今までに作ったドレスは2つとも着ちゃったし…
フォーマルワンピは、深緑色なので、別れのワルツに合っても、モーツァルトな感じじゃない。
他に着るものもないし…、去年作ったドレスは、わりと簡単に縫えるので、
作ることにしたんです
それにしてもギリギリ(>.<)

連弾 練習音源① フォーレ 「子守唄」「ミアウ」 

2回目があるのかはわかりませんが・・・(笑)

連弾の練習音源を記録としてアップします。

プリモ:マミ セカンド:すももさん

♪ フォーレ ドリー組曲より 「子守唄」「ミアウ」



レッスンを受ける前、すももさんのお宅で練習した時の音源です。
ミアウ後半途中で物の落ちる音がしますので、ご注意ください。<(_ _)>

♪「ミアウ」



レッスン後、私の家で練習した時の音源です。
注意を受けたことがすぐ直せない部分はあるのですが、まとまってきた感じがします。

お聴き下さり、ありがとうございました<(_ _)>

連弾レッスン 【フォーレ:ドリー組曲より「子守唄」「ミアウ」】

本番を来週末に控え、連弾レッスン2回目に行ってきました。
前回受けたのは、4月・・・約2か月前かな。

まず、本番通り、「子守唄」と「ミアウ」を続けて弾きました。
前回より良くなってるとのお言葉をいただきました。

子守唄は大きな問題はないので、ミアウをしましょう。
ミアウも中間部、だいぶ練習したんですね。
前は混とんとしてたけど、メロディーラインが聴こえてきます。

出だし p スタッカート指先でつかんで軽く。アクセント入れる。アクセントの位置を二人でそろえる。

プリモ譜面

クレッシェンド プリモ あわてない クレッシェンドまではセカンドp
❤fのアクセント 二人で決める 
思うに、私がアクセント部分つまり気味な気がする…
★次の4小節を横で歌うためのブレス!

セカンド譜面

セカンドメロディー 前に音楽を運ぶ

プリモ譜面

f プリモ もっと右を出す。
ほかの音を捨てても、★の重要な音は出す!!!
メロディーがこの音だと今まで知らなかった・・・(゚Д゚;) 
本番までおよそ1週間・・・両手で弾くと、混乱して重要な音が出せないので、他の音は捨てちゃうことにしました。
要練習。
1部が終わりっていう感じでパンと終る。

中間部

プリモ譜面

入り方。プリモ タカタカタンとおしゃれに軽く
ここ、緊張しますわ・・・指がもつれる・・・(>_<)

ここの赤マルのアクセント、二人で韻をそろえるように。
スタッカートはつかんで軽く。だけど、すべらない


セカンド譜面

セカンドがキーポイント。ここでふわっと流れが変わる。


セカンド譜面


プリモ譜面


レジェッロの前、ホ短調になるので、調整感を出す。ふわんと。カンと明るい音を出さない。
ここの歌い方、練習しないと~~!

次のレジェッロ。
縄跳びを飛ぶような円の中に入る感覚。
「二人とも縄跳び(大繩)に入れない人みたいです」
1拍目が崩れない。同じタイミングで。
プリモ出だし遅れない。ここ、難しい。
「どうやって入ったらいいんですか?」
「考えたらダメ。大繩に入るのに考えないでしょう?」
何回も何回もやって、「やっとできてきましたね」
先生も息切れてる (;^ω^)
ちなみに、ここも足手まといになる左の音捨ててます・・・(ノД`)・゜・。

プリモ

3回目のココ。
fで盛り上がる。 セカンドの厚み。
プリモもっと出して、セカンドより遅くデクレッシェンドをかける。

プリモ

2回目のコレ。
f部分、相手をうかがわず各々がしっかり役割をはたして、慌てない。
プリモは重要な音だけはちゃんと入れる。

piu lent  ゆらぎ。

最後のAllegro
「ここ問題ですね。」

プリモ


piu lentからの急なallegro。この1小節。
プリモがテンポとってセカンドに渡さないといけないけど、音外しやすくて難しい。
「それでわかったら、天才ですよ」
前回もここは難しいって先生仰ってたけど、
「ここ死ぬほど難しいですね」
「フォーレって、こういうところいやらしいですね。すごく弾きにくいのに、重要なことさせてる」
「頑張ってください」(笑)

ここからはセカンドがキーポイント。
和声とリズム全部がセカンドにある。
プリモは楽しく弾いてたらいいですよ。

セカンド


和音はかすらず、タカタカはリズムよく軽く。。

★がベースのライン。ペダルも入れる。
へぇぇ~~、こんな不気味な和音があったんだ・・・(@_@)

「これで最後まとまってきました。」
おおぉぉ!!!って感じ(=゚ω゚)ノ

子守唄は、だんだんよくなってくるから最初っからちゃんとのって弾くように、
とのアドバイスをいただきました。

あと約1週間、新たにアドバイスいただいたところを練習頑張ります!(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!




レッスン 20

先週のレッスンです。

●ツェルニー30 No.6

ソファミレド 粒をそろえてきちんと鍵盤の底まで弾く。なかなかできません。
ffのところは腕を使う。
最後のffは左もっと出す。
これはもういいんじゃないんですか、ってことで次に行きます。
先生は○は付けてくれません・・・そろそろもういいんじゃないんですか、って仰います。

●モーツァルト K.331 1楽章

一度暗譜で通してみましたが、ボロボロ・・・
途中で分からなくなっちゃうし、やっとどうにか最後までたどり着きました、ゼイゼイ・・・・・・(;´Д`)、って状態。

「これ、今月弾くんですよね?」

・・・ハイ。

最後のバリエーション、テンポ落とすことに。
「♩=88 これでいきましょう。」

指摘されたことをまとめておきます

Var1
ペダル部分を増やす。
トリル、ごまかさない。少々遅くなってもちゃんと弾く、ことが大切。

Var2
トリル、細かい音をごまかさない!
本番でどうなるかわからないけど、練習ではきちんと全部鳴らしておくことが大切。
きちんとする方が安定して聴こえる。

「手の問題じゃなくて、耳の問題です」
どうも、真ん中の音が抜けがちになるみたい。レミドレミ、 ドレシドレ・・・とかね。
「片手ずつやったらできてるんだから、両手でやってもできるはず」

Var3
ドシラシドレミレファミレド~、ファにアクセントがついているように聴こえる。

Var4
右手と左手の交差部分の、音のバランスが逆転している。
高音の左を鐘のように、相当ならさないといけない。

Var5
ペダルの訂正。
休符の部分は踏みかえる。

中間部、アーティキュレーションの訂正。


赤丸で柔らかく持っていってたんだけど、fのまま青丸までいった方が次の再現部とのメリハリがついてよい。
ペダル注意。

最後の部分。
音抜けがないように、しっかり指を動かして弾いておく練習をしておくことが大切。
じゃないとくっついてくるので。

Var6
速度を落とす。
最後のところ、拍感。
 


ここがうまくは入れないんです。
苦手な休符にトリル・・・
もう、脳が拒否してるものと思われます・・・。

●インベンション8番

片手の練習ポイントを少し教えてもらいました。

第3回 サークルプチ発表会

発表会が終わって、早くも1週間経ちました。

サークル発表会の様子はこちらをご覧ください♪

連弾。ドリー組曲より 子守唄 と ミアウ。
トップバッターなのもあってか、とても緊張しました。
当日、相方さんの体調不良もあって心配しましたが、
なんとか弾き切りました。
子守唄は途中止まっちゃったけど、意外にも ミアウ の方がうまくいった気がします。
音源は・・・今回はパスします・・・。
また、今月19日にも、大阪のサークルの発表会で演奏するので、その時はアップできるよう、頑張ります!

オカリナの伴奏。タイタニックの曲。
もっと控えめに弾けばよかった・・・。控えめに弾いたつもりだったんですけどね。
途中からの音量がちょうどいい感じかな。
最後はもっと消えるように終わればよかった・・・。
すごく響くピアノだったので、ふたを閉めればよかったですね。
やっぱり裏拍は難しくて、うまくは入れてません・・・(*´Д`)
下手な伴奏ですが、勉強させてもらっていい経験になりました。
またやりたいです。
こちらは記念にアップしておきます。

※音量がいつもよりかなり大きいのでお気を付けくださいませ。
小さなカフェなので余計に響いたみたいです。



ソロ。ショパンの別れのワルツ。
精神力弱すぎ(ノД`)・゜・。
緊張しすぎて、細かい音がうまくいかず・・・。
モーツァルトのトリルもかなりちゃんと練習しておかないと、こうなるんだろうな、って思っちゃいました。
まぁ、練習の時点でもなかなかうまくいかなくて苦戦してるんですが・・・。
えっと、まぁ・・・ペダルミスで変なところでぶちって切れちゃったりしたけど、
途中で暗譜が崩れることはなく、大きくは止まらなかったので、こんなもんかな・・・(;^ω^)
記念にアップしておきます。

※こちらもかなり音量が大きいです。お気を付けください。

次の選曲に悩む・・・

今日、レッスンに行ってきました。

発表会のことや、レッスンのことなど書きたいことはありますが・・・おいおい書きます

ショパンの別れのワルツが終わったので、
今日、先生に、次の曲どんなのがいいか、聞いてみました。

「ロマン派ですね。テクニックつけたいですか?」

・・・YESと答えました。

先生から提案された曲は以下の3つ。
最初に出てきた動画を張り付けてみました

・シャブリエ スケルッツォ・ワルツ



・グリーグ 蝶々


・プーランク 3つのノベレッタ


帰宅して、you tubeで聴いてみた。
・・・どれも弾けるのか・・・(-_-;)?
先生についてけばそれなりに弾けるようになるのかな??
12月の教室の発表会に向けて・・・となります
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
05 07
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR