悲愴2楽章 練習経過1

ご心配おかけしました手の方は大丈夫です

来月の弾きあい会で予定してるので、
録音してみたら、もうびっくり…(゜ロ゜;ノ)ノ

なんだこりゃ…
ひどいすぎ!
メロディが聴こえない・・・Σ(゚д゚lll)ガーン
めちゃ頑張って弾いてます!って感じ。
実際、手がいっぱいいっぱいで、頑張って弾いちゃってますけどね・・・

これじゃ、いくらなんでもだめだわ、
ってことで、悲愴2楽章 研究してます。

とりあえず、メロディーをしっかり出す!
ってことだけを念頭に、先週、録音してみました。
ひどいのですが、
練習記録の第一回目として、記録しておきます。



お聞き苦しくてすみません・・・

これでも、まだメロディー足りないなぁ・・・って思うとこありますね(>_<)

悲愴2楽章って難しいですね。

あんな素敵なメロディーなのに、私が弾くと全然素敵じゃない・・・Σ(゚д゚lll)ガーン

ペダルも使いすぎると、うわぁんうわぁん鳴るし
かといって、手じゃつなげられない・・・
どうやって踏むのかなぁ・・・
手の小さい者には厳しいです・・・(´Д⊂ヽ

you tubeでいろんな人の演奏聴いて研究してます。
また今秋録音しよ~。

ほんと、録音練習って大切ですね。

よく考えれば、弾き合い会、もう再来週なんです。
これと、以前弾いた、ショパンのワルツ9番「告別」を弾く予定です。

今回は楽譜見ようかと思ってます。
先生も好きにしたらいいよ、って仰ってたし。

B5くらいに縮小コピーして、譜めくりしなくても譜面台にのるサイズにしました。

スポンサーサイト

手の調子が悪い

も、もしや、手を痛めたのかも・・・!?(T_T)
と思ったのは先週日曜日から今週月曜日

親指の第2関節を出すように、悲愴の練習、幻想のオクターブのところの練習。
ネットで検索して、ゴムでひっぱったり、左手で補助したり・・・。

あとは、幻想の両手練習をしてました。
なんかポリリズムの合わせが楽しくなって、オクターブのところメインに練習したかな。

親指は、どうも広げようとしたときに、親指の根元から動きにくいみたいで、
第2関節より向こうで動かそうとしちゃうみたい。
あと薬指と親指、中指と親指で広げるとき、親指弾いてなくても力が入るみたい。
ここの筋肉が硬いのかも、とか、一生懸命マッサージもしてみたり。。。

そしたら、親指の第2関節付近から根元にかけて違和感が出て、
そんなに弾いて痛みが出るわけじゃないけど、鈍痛?違和感?みたいな。
親指と人差し指の間が、紫のような、晴れてるような。。
もとからこんなんだっけ??
もしかしたら痛めてるのかな?

やっぱり、今まで全然使ってないところを使ったら、多少不具合が出るんでしょうね。

それに加えて肩こりもひどくて、そういや先週から右が凝ってた気がします。
今週の初めに、寒い部屋でPC作業をしてた時に、右肩が痛くなっちゃって、
そこからピキピキ・・・首もなんだかおかしい・・・
肩こりから手にも来てるかも!(゚Д゚;)
やっぱり右肩右首から腕、手ってつながってるんだなぁ と実感してます。

ふと 何気なく ハサミを使ってたら、親指の第2関節が凹んでて、ショックでした。
普段からこういう使い方をしてたみたい。
そういや、大きい洋裁バサミを使って裁断するとき、第2関節付近疲れるなぁーと思ってたんです。

ハサミ使うときも、和音で広げるときも、親指の動かし方は一緒なんですよ。

この動かし方なんだ、って気づきました。

治すには相当根気がいりそうです。
気長に付き合っていきま~す
治るもんなのかな。

あまり無理しすぎず、ぼちぼちいきます。
PCしてるだけでも、肩とか腕とかすぐつらくなるので、少し控えなきゃ。。。
今思えば、あの時は 練習しすぎたかなと思ったけど、実際そうだったのかもだけど、
今は痺れに近い感じで、大部分は肩こりからきてるかもしれません。
首、肩から腕にかけて、そして親指と人差し指の間にきてるって感じです。。。(T_T)

レッスン 37

実は、親指の第2関節が出るようにマッサージや練習をしてたら、
なんか手がおかしくなっちゃいました・・・(´Д⊂ヽ
様子見てたら 今週の後半にはマシになってきたので、レッスンには行ってきました。
右肩、右首もちょっとおかしくて(これは仕事が原因っぽい・・・)、
つながるようにして手もおかしいのかもしれない。。。
花粉か風邪か、のどがおかしいと思ってたら、今はくしゃみ・鼻水で、これもつらい(>_<)
まぁ 手のことはまた別記事にします。

まず
3月と6月にサークルの弾き合い会、発表会があるので、
何を弾こうか相談しました。

3月は 悲愴2楽章のつもりでしたが、手がちょっとおかしくて、和音がきついので、
相談しましたが、レッスン中を見て3月に弾くのは大丈夫じゃない?ってことで、そうしようかな

私:「6月もあるんですけど、何弾いたらいいでしょう?」

セ:「幻想即興曲がいいんじゃない?」

私:「(゚д゚)!弾けるかな。。。6分ぐらいに収めたいんで、時間が・・・」

セ:「だいたいそれくらいでしょ。」

私:「いやいや・・・そんな速さで弾けるか・・・。。。」

セ:「もし無理だったら、中間部のところ3回同じフレーズ、1回省けば?」

それならいけるかも!?かも、ですよ。だって、まだ最後まで弾けてないですもん。いけるのか、未知ですけど・・・ 
とりあえず目指すことにはしようかな ってことに。


ツェルニー30番 No.9  3回目

私の使用本にある、予備練習をみていただきました。
左のスケールの練習。
親指をくぐるときの回転が出来てない、とか、丁寧に見てもらえました。
次回はテンポアップ。


インベンション 4番 3回目

タッチがやわらかくて、バッハっぽくないと。
つかんで、けどニュアンスもつける
あと、ヘミオラで遅くならないよう、そのままのテンポで。
もう一度タッチに気を付けて弾いて OKもらいました!
主題がちゃんと聴こえるので、2声になってますよ、と言ってもらえました。
次は何番にしようかな~。
10番か15番が弾きやすいらしい。


ベートーヴェン 悲愴 2楽章 4回目

セ:「うん、親指が凹んでますね。でもほかの指の関節は出てる、不思議ね~」

↓この和音のところがキツくて、もうこれ弾いたら、次に入っても力抜けなくてそのままで、疲れる・・・



どうやら、この弾き方が身について、日常的のもそういう使い方をしてるんじゃないか?って
すぐ治りそうなもんじゃない。1年くらいかかるかもね。って。

で、家に帰ってふとハサミを使ってるときに、ふと手を見たら、親指の第2関節が凹んでたんです。
ほんまにどうやらそういう使い方をしてるみたい。。。
まぁ、これもまた別記事に書くかも。

あんまり言っても 今は弾き方が悪いから、さらっと終える感じになるかも。

とりあえず、基本的な間違い2つ指摘されました。


アーティキュレーションがおかしい。
ターラ、ターラ、の部分、後の音の方が大きくなってる。


3小節目から左の和音1コ多い・・・(゚д゚)!音符じゃなくて、数です。。。
どんな拍の取り方してるんでしょうね・・・ははは(-"-)
左の拍感大事です。

ペダリングについても聴いてみましたが、
先生ならなるべく指でつないでできないところはペダル足すかな、
ロマン派にならないように
と仰ってましたが、私にはそんな難しいことはできないわ・・・(-"-)
今は手のことで頭がいっぱい。。。

とにかく、もっとメロディーを出さなきゃだめだと。


幻想即興曲 4回目

そうそう、左のアルペジオの右回りと左回りについて聞いてみました。
ショパンみたいなやわらかいレガートのタッチの時は左回り
ツェルニーちっくなのは右回り。
右回りと左回りで弾いて下さいましたが、確かに音質が違いました。
右回りの方がはっきりしてる、きらきらしてる感じ。
左回りはソフトっていうか、レガート感がある感じ。
ショパンのエオリアンハーブの冒頭を、右回りと左回りで弾いて下さいました。
なるほど、これは左回り!

最初~ラーソーファーソーの手前までを両手で合わせました。
右はフレーズでまとめてひく。4拍子にしないで2拍子で。なるべくタッチはいれる。
左は左回り。
何回もここだけ。
あまり止まり癖を付けない、
左は反時計回り、右は音型の沿って・・・この動きを体で覚える。
ちょっと癖になりそう~
そのあとも少しやってみたけど、あまりにもひっかかるし、左のアルペジオの運指も修正されて、
余計弾けない。。。
「この1行でこんなにひっかかるんですか」って(;・∀・)

セ:「中間部はやりました?」
私:「なんとなくやりました(;^ω^)」
というわけで、ラルゴのところをやってみる。
ここの方が音楽的には難しい。
もっと片手練習が必要。
右はレガート。タッチだけじゃなくて、響きでつなげてと。タッチもきつすぎず、かといって弱すぎもダメ
何回もやってみるものの、
セ:「タッチが古典になってます。もっとターラーラーって」
セ:「これじゃ、ホールに響かないわよ」
セ:「装飾音符大きすぎ。ppで」
うう・・・難しい・・・
なんとなく概念的なことを教えてもらった感じ。
左はやわらかく、別練習で。

セ:「速いところと中間部は別の曲と思って、違う練習をしてください」
セ:「これはね、小学生でも弾けますから。誰でも弾けるようになる曲なんです。
  最初は、え、大丈夫かと思うぐらい、どんなにつっかかってても弾けるようになってるんです。
  マミさんのように縦全くあってない子供でも、弾けるようになるんです。
  だから 勝手に自分の中で弾けない、ここ難しいとかレッテル貼らないで、
  そのうち弾けると思って練習してください」

どうやら左と右はうまくあってるようです。
そんなに雲の上のような難しい曲でないのかも。
意外と簡単なのかー。←簡単というには語弊があるか。。。思ってるほど難解でないという意味です。
誰でも弾けるようになる曲、そう言われたら 前向きに取り組める気がします。

今は調子が悪いんで、中間部をメインに練習していってもいいかなー

幻想即興曲 練習記録1

1月から取り組み始めた、幻想即興曲。

果たして 弾けるようになるのかな!?と思う今日この頃です・・・( ´△`)

1月は 片手練習。

1か月間くらい片手練習のみでした。

でも、最後はあまりやってないので、最後もやらないと・・・。

左手のアルペジオは反時計回り。

手首が硬いせいなのか、これがなかなかうまくいかなくて、回転してるんだろうか・・・

という感じです。

そもそも アルペジオの時計回りと反時計回りの使い分けがわからないんですが・・・。

先生がそう指導されたので、そうしてますが、なんでなんだろう?って疑問です。

先週のレッスンから、両手練習の指示が出ましたので、

ゆっくりやってみてますが、もう イイ~~ッ ってなりそうです。

やり方は、あんまり考えるとよくわからないのでこんな感じでやってます。

1.合うところのテンポ(倍にして4拍子でとって 1拍目 2拍目 3拍目 4拍め)をメトロでとって、

右手と左手の速さを確認する。

2.間に入れるようにして合わせる。
 
文章に書くと これだけなんですが、
難しい…(>_<)

左が変になるので、

両手で合わす ↔ 左右片手練習 の繰り返し~。

左手がちゃんと正確にリズムとれるように、意識してやってますが、これがなかなか難しいんですよね。

1小節ずつ片手でやったり両手でやったり…
一進一退しながら、かな~り地道な作業です。

今、1ページなんとかいけましたが ちゃんといけてるのかどうかもよくわかりません…( ;∀;)

YouTubeで「ゆっくり弾きました」というのを見ても それでさえ私には速く聴こえて、
インテンポに近い速さで弾けるようになるんだろうか…ってかなり疑問に思っちゃう…

今は そんなことより 少しずつ両手で弾けるように練習なんでしょうけど
道のりが遠くて 挫けちゃいそうです

この曲は脱力しなきゃ弾けない、
という言葉を よく見かけますが
その辺もできてない現実。

どうしたらいいのかなあ~って
試行錯誤してます

レッスン 36

今月は第1、第3週にレッスンを入れたので、前回から1週間後となってしまいました(>_<)

今回も前回と同じメニュー。
ツェルニー、インベンション、悲愴2楽章、幻想即興曲。

ツェルニー30番 No.9 (2回目)

左手の音階の練習です。
最初にこれを弾くのって、全く指が回りません!

私が持っている本は、予備練習というのものっているのです。
やっていませんけど・・・
この9番の予備練習は、こんな感じ。
左で、ドレミファソラシド、レミファソラシドレ、ミファソラシドレミ、・・・、シドレミファソラシ
各4回繰り返し、上昇型と下降型

セ:「予備練習もやった方がよさそうですね」

というわけでやってみる。
ぎこちない・・・

セ:「手首を使って」

なかなか手首をうまく使えません。

セ:「リズム練習もやると書いてあるので、やっておいてください」

もちろん、9番もやりましたが、地道に基礎練習あるのみですね。


インベンション 4番 (2回目) 

一度通して弾いて、

セ:「前より良くなりましたね」
  「全体的な構成が見えません。強弱をつけましょう」

先生の持ってらっしゃる解説本を参考に、書き込んでくださいました。

最初は、二声だけど、三声ととらえてもいいんじゃないかと。

出だし、メゾ、アルト、ソプラノというように・・・

となると、三回目の高いレミファソラシ~はもっと大きく、ソプラノのようにちょっと鋭い感じで。

この主旋律の対位のノンレガートをもっと明確に、対照的に。

先生の書き込んでくださった、強弱を参考に弾いてみる。

だいたいいいけど、ヘミオラの部分、やりすぎ。

ヘミオラの部分を強調するんじゃなくって、もっと大きく捉える。

セ:「ヘミオラは強調しなくても聴いたらわかりますから」

私: ・・・あら勘違い (;´Д`)

セ:「最後のトリルがね~」

市田版の解説通りに弾いたんですが、浮いてるみたい。



市田版の解説↓




セ:「市田さんの考えがあってこうなってるんでしょうけど、そういう考えに基づいた弾き方してないのに、 
ここだけやったらおかしいです。ここだけ、玄人っぽくておかしい。」

私:え・・・、そうなんですか・・・

というわけで、タイじゃなくて合わせることになりました。

逆に、この通りにトリル入れる演奏の仕方ってどんな演奏なんでしょう~?


悲愴二楽章 (3回目)

一通り弾いて、

最後の部分と、中間部のところを練習。

最後はペダルでつなげられないから、指でちゃんとつなぐ。

中間部の盛り上がり。
いろいろ教えていただきました
ここ、難しいんですよね。
↓1行目終わりから2行目2小節に向けての盛り上がるところです



移動がうまくいかないので、それなら
1行目終わりでブレーキかけたら、間をあけてもおかしくないですよ
って。

やってみたら、

セ:「下手すぎ~。作戦丸わかりです。もっとうまくやってください」

そんなにすぐできませんよ~(ToT)

ま、家で研究ですわ。


メロディーラインはよくなってきたみたい。


幻想即興曲 (3回目)

右手ラルゴまでやって、

セ:「あと最後ですね~」

って、最後のページにとんで、弾く。

ほとんどやってなかったので、先生に「音なんですか?」って聞きながら、最後までなんとか到達~(;^ω^)

だって、線いっぱいある和音、すぐに読めなくて・・・(-_-;)

セ:「そろそろ両手で合わせていきましょうか」 とのこと

「この辺からすごく疲れます~」と先生に相談したら、


・親指が第2関節が凹んでしまっているのがよくない。
 力がうまく分散できずに、手首に負担をかけてしまう。

・親指は弱い音。力入れるとこは入れて、ぬくところはぬく。
 
なんだか変に親指力はいっちゃうんですよね。
力入るとへこみやすいんですよね

先生が弾いて下さいましたが、とても楽そうに見えました・・・(゚Д゚;)

どうやったら楽に弾けるのか、模索してます。(>_<)
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
01 03
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.9 ・インベンション4番 ・ベートーヴェン ソナタ第8番「悲愴」Op.13 2楽章 ・ショパン 幻想即興曲
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR