やっとできた!

以前、娘のピアノの間違いを指摘したけど、なかなか聞いてくれないことを書きました。
間違ってても褒めた方がいいのか、と書きましたが、
やっぱり出来ませんでした(^_^;)

やっぱり「違うよ」って言いましたよ。
「音はあってるけど違うよ」って。少し褒めてるつもりです。

娘の間違いはこうでした。
「山の音楽家」をひいてます。
左はドソシソ~って簡単な伴奏。
右はソ~ドドレレミ~ファソファミミレレド~
伸ばすところ以外は全部スタッカートなのです。
ところが、娘は両手で弾くとソ~ドッド~レッレ~ミ~ファソファ~ミッミ~レッレ~ド~っとなってたのです。
ドッド~レッレ~じゃなく、本当はドッドッレッレッだったわけです。

楽譜には「右手を歌って弾きましょう」と先生のメモが。
指示通り、右手で弾くとちゃんとできてました。
でも両手で弾くと元の状態に。
両手で歌って弾かせると、間違い通りに歌うんですよね。スタッカートになってない!!!
で、何度も説明するも、
「わかってるし!!!」「できてるし!!!」
「いやだからできてないんだってば!」
「ママの言うことを聞こうとしないなら見る意味ないから向こうにいくね」
「イヤ~~!!!見て」
「もっとスタッカートで歌ってみ」
「もっと自分の弾いた音聞いてみ」
「左しか聞こえへんもん!!!わからん!」ってな具合でバトル状態になってました・・・。

努力の甲斐あってか(!?)、昨日から「おっ!いけそうかも」兆しが見え、
今日はできてた~~~!!!
「ママもう上手やから1回聞きたいな~~~」って言ったら、
得意げに弾いてくれました♪
なんと、「出来てなかったらママいってな~」との娘の言葉。おっっどうした!?

いやぁ~~、1回いけると全部いけちゃうもんなんですね!
明日のお稽古に間に合ってよかったね(*^_^*)

やっぱり先生がいつも言う「歌って弾く」のは重要だわ。
実際、娘ちゃん、歌うとおりに間違えて弾いてるし(笑)
歌ってイメージしながら弾くのはかなり重要ですね!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
今日もお読みいただきありがとうございます。
「ぽち」と応援してくださるとうれしいです♪
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR