レッスン ~fレガート♪

昨日は3週間ぶりのお稽古でした。

ハノンと 初歩者のツェルニー以外はあんまり進みませんでしたね(-.-)
(この2つは完成までは求めらませんので、とりあえず合格します)
カノンまではいかず、練習曲のみで終わっちゃいました。
なにせハノンで30分費やしてしまいましたから。
進みませんでしたが、内容は濃かったです。

ハノン
久々にいつもの。13番。
マルカート、指も上がって落として当たる弾き方はできるようになってきた。この音を曲の中でも出せるようにって。
おお~~難し。。。
レガートの弾き方、スタッカートの弾き方(練習法)を教わりました。
レガートは途切れている、抜けたレガートになっているので、まずはfレガートから。
力の抜き方(腕で抜く)と教わりましたが、かなりぎこちない・・・しっくりとはきませんね。
スタッカートは手首でしかできてないので、指も使えるようにと。
ずっと言われ続けてる気がしますが、なかなかできませんね。
指だけで弾く練習を薦められました。
あとは・・・話の流れで、腰、背中を使って弾くのよ、と。
私は腕でしかできてなかったみたいです。
体使うって難しいわ。
いつものと、先生に言われてひいた和音とでは、音は全然違いましたね。レコーダー聞いてびっくり。
これが背中で弾くってことか!!!?ってちょっとわかった瞬間でした。

ツェルニー「初歩者のためのレクリエーション」
No.25 No.26

色々指摘されました。
ここ!体を使って考えて弾くのよ、と何か所か言われました。
そしたらね音の伸びとか、アクセントとか違うって。
アクセントはただ強く弾けばいいだけじゃなく、選ばれてるんだからって。
短いパッセージですが、指摘箇所は満載でした。

ツェルニー30番 No.1
きちんと最後まで弾くようにって。フレーズの終わり音抜けてると。
最後の左、もっとはっきり強弱をつけるように。
今回はfではっきり弾いてくるようにとのことでした。
次回は、fでレガートで弾いてくるように。
そしてだんだん速度も上げてね、と。
ポトポト早く落としたらいいだけよ、と簡単そうにおっしゃってました(笑)
あまりにも簡単におっしゃるので笑ってしまいそうになりましたよ。

ブルグミュラー25 「優美」
ターンが全くダメで・・・力が入ってあまりにも焦りすぎみたいです^_^;
もっと丁寧に、手や指の形に気をつけて、fレガートで練習。

今回のテーマはfレガートです!今週頑張ってみます(^^)
次回のレッスンは来週♪
-----

そういや、お稽古内容変えて初レッスンでしたね。
ふと思ったけれど、これじゃ、もしかしたら時間ないに収まらないのかな・・・^_^;
よほどチャッチャとやっていかないと・・・。
ここにインベンションは入りませんね~(>_<)ひとまずブルグ終わらせることに集中しようかな。
それでも時間はかかりそうですが。
ハノンする日としない日にするか。
でもこれから先、寒くなるので、ハノンは準備体操のために必要な気がしますね。
お稽古にカイロ必須かな!??
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ひええ~ハノンだけで30分ですか!ハノン恐怖症の私には絶対無理です(キッパリ!
もちろん寒くなると指慣らしは必要なので、バロックか古典派の具体的な曲の中で何か指の運動のためによさそうなものを探すつもりです。どんだけハノン嫌いなんだ私。もう意地でもやらない、というところまできていますね(苦笑)

ブルグミュラー25番でもうターンって出てきていましたっけ?
私は今ハイドンをやっていますけど、ハイドンはターンが好きな作曲家のような気がします。同じ古典派でも、モーツァルトに比べて明らかにターンの登場回数が多いです。
そうそう、手に余分な力が入ってしまうとだめなんですよね。わかっちゃいるけど私もついつい力んだりします。
Posted at 2013.11.15 (08:03) by 私はタワシ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2013.11.15 (09:54) by () | [編集]
どもども~

↑タワシさん、ハノン嫌いなんだ・・・(^^;)

なーんて、ハノン、確かに私も昔は嫌い!でした(^^;)
つまんないったらありゃしない。というのも、うまく出来ないから!
今は必ずウォーミングアップに使用してますが、レッスンでとなるとまた嫌いになると思います(´∀`;A今はレッスン外できままにやっているのでハノンとお友達なのかもしれませんが(笑)
ツェルニーとか、ブルグとか懐かしいな~。憶えてないけど(爆)
音って、繊細ですよねホント!弾き方で音色が硬い、柔らかい、優しい、激しい・・・・それだけでなくいろんな優しいとか激しいっていうのありますよね。丸みを帯びた優しい音、突き刺すような激しい音・・・・う~んキリがないですね(^^)
そういうの自分で表現できたらもっともっと楽しくなるんですよね~*:.。☆..。.(´∀`人)
読んでて勉強になりました!
Posted at 2013.11.15 (10:58) by ゆめもり子 (URL) | [編集]
>いつものと、先生に言われてひいた和音とでは、音は全然違いましたね。レコーダー聞いてびっくり。
これが背中で弾くってことか!!!?ってちょっとわかった瞬間でした。

わかりました?! 音が変わるでしょ。
私も背中の使い方を思いだしたって記事を書きましたが、また最近わからなくなって四苦八苦してます・・。体の使い方って、難しいですよね。

>ポトポト早く落としたらいいだけよ、と簡単そうにおっしゃってました(笑)
あまりにも簡単におっしゃるので笑ってしまいそうになりましたよ

私の先生も、同じような事をおっしゃいます。難しく考えるから手が固くなってできないのよ。早く押すだけよ。って。

Posted at 2013.11.15 (12:30) by すもも (URL) | [編集]
Re: 私はタワシさん
> ひええ~ハノンだけで30分ですか!ハノン恐怖症の私には絶対無理です(キッパリ!
ハノンを30分も弾いてたわけじゃないですよ!
うちの先生は、私ができていないからかもしれませんが、速さより、弾き方を重視されます。
音が浮いているとか、レガートがレガートになっていないとか・・・。どうやって弾いているか。
ほとんどは先生のお話です。色々とわかりやすいようにたとえ話を使って下さいます。
そして話が飛んで、体を使って弾いているかって話になって、壁を押しましたよ。
なんのことだかわかりませんよね^_^;
そんなこんなで30分も弾き続けているわけではないのでご安心を(笑)。

> もちろん寒くなると指慣らしは必要なので、バロックか古典派の具体的な曲の中で何か指の運動のためによさそうなものを探すつもりです。どんだけハノン嫌いなんだ私。もう意地でもやらない、というところまできていますね(苦笑)
ハノンじゃなくてもいろいろあるんでしょうねぇ。
タワシさんはハノンはお嫌いなんですね(笑)
昔の呪縛ですか!?しごかれたのでしょうか?

> ブルグミュラー25番でもうターンって出てきていましたっけ?
ド~レドシドファ~ソファミファラ~♪っていう曲です。わかります!?

> 私は今ハイドンをやっていますけど、ハイドンはターンが好きな作曲家のような気がします。同じ古典派でも、モーツァルトに比べて明らかにターンの登場回数が多いです。
> そうそう、手に余分な力が入ってしまうとだめなんですよね。わかっちゃいるけど私もついつい力んだりします。
へぇぇそうなんですか!?
ハイドンの曲なんて弾いたことがないので・・・。
今のうちにしっかり習得せねばなりませんね。
めっちゃ苦戦してます。ころんじゃって・・・(>_<)
楽譜見たら、早く弾かなきゃだめよって音符に言われてる気がして・・・。
そんなに速くないよって先生に言われちゃいました(笑)
Posted at 2013.11.15 (22:09) by マミ (URL) | [編集]
鍵コメさん
ありがとうございます。
またゆっくり伺います~。
今日は土曜参観で、午後から子供たちの習いごとの送迎で忙しいです(>_<)
がんばるぞ~~~お~~~!(自分に喝!^_^;)
Posted at 2013.11.16 (05:33) by マミ (URL) | [編集]
Re: ゆめもり子さん
> どもども~
>
> ↑タワシさん、ハノン嫌いなんだ・・・(^^;)
>
> なーんて、ハノン、確かに私も昔は嫌い!でした(^^;)
> つまんないったらありゃしない。というのも、うまく出来ないから!

あら、昔はゆめもり子さんもハノン嫌いだったんですか!?
私はピアノのテクニックを使用してて、嫌いだったかまでは覚えてないけど、特に練習もしなかったような気もします。
今は弾き方の練習にもなるので、考えながらやっているせいかそれほど苦痛でもないです。
ただし、出来ない!!!ってとこはありますね(>_<)

>今は必ずウォーミングアップに使用してますが、レッスンでとなるとまた嫌いになると思います(´∀`;A今はレッスン外できままにやっているのでハノンとお友達なのかもしれませんが(笑)

私も気ままです。先生に「たまには音階も見て下さい」「あ、そうだね(笑)」とか言ってみてもらってます
速さも気ままなです。

> ツェルニーとか、ブルグとか懐かしいな~。憶えてないけど(爆)
ブルグは終わったつもりでいてたんですけどね~、よくみたら半分くらいしかやってませんでした(笑)
今も当時の楽譜を使用してますよ。
最近は楽譜が変わって、解釈がおかしい楽譜もある!とおっしゃってました。

> 音って、繊細ですよねホント!弾き方で音色が硬い、柔らかい、優しい、激しい・・・・それだけでなくいろんな優しいとか激しいっていうのありますよね。丸みを帯びた優しい音、突き刺すような激しい音・・・・う~んキリがないですね(^^)
> そういうの自分で表現できたらもっともっと楽しくなるんですよね~*:.。☆..。.(´∀`人)
> 読んでて勉強になりました!

いえいえ、先生に色々言われるんですけどね・・・なかなか難しいです。
色々な音色を出そうと思うと、やはり体の使い方って重要なんですね。
Posted at 2013.11.16 (05:44) by マミ (URL) | [編集]
Re: すももさん
>
> わかりました?! 音が変わるでしょ。
> 私も背中の使い方を思いだしたって記事を書きましたが、また最近わからなくなって四苦八苦してます・・。体の使い方って、難しいですよね。

はい、和音でジャンと弾いたんですけど、音がクリアでとてもたっていました。
こうしたらきれいなffがでるのよ、伸びが違うと。
レコーダーで聞くたび、感動するくらい違いますね!(^^)!
わたしもまだつかめてはないです(>_<)

> >ポトポト早く落としたらいいだけよ、と簡単そうにおっしゃってました(笑)
> あまりにも簡単におっしゃるので笑ってしまいそうになりましたよ
>
> 私の先生も、同じような事をおっしゃいます。難しく考えるから手が固くなってできないのよ。早く押すだけよ。って。

なんだか、いつもすももさんに先生と似たようなことを言われている気がします(笑)。
それくらい、当たり前の基礎ができてないのかな~~。
簡単にできればいいんですけどね~~(>_<)なかなか!!!
Posted at 2013.11.16 (05:49) by マミ (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR