43回目レッスン ~左手の形

ハノン
今回も、スタッカートを注意されました。
手首も使うように。音が硬くなっている。
つくのと、手首と両方のバランスって難しいです。
音は出てきたけど、硬さが残っている。

レガートは、上がっていくとき最初がトトトトと硬くなる。
息を吸ってやわらかく。
カデンツの前の、「えっとー」という間をなくす

ツェルニー初歩者のためのレクリエーション

今日も難しいこと言われました。
楽譜付きで書きますね。

No.69 かりゅうどの合唱(ウェーバー) 

CIMG0003.jpg

2回目です。
後半の、揺れるところと縦に合わせることは、前回指導されました。
今回は最初部分。ラ、レー、レミファソラー、ファファ
こういうアフタクトの曲は、途中から入ったようにテンポをきちんときめておく。
かといって急いではダメ。
最初ためると、アフタクトのよさがなくなる。
でも、1,2ってきっちり入るのとはなんかちがう・・・。
「タッター じゃなく、 ランパーン よ。」(ラッレーって入るとこね)
わ、わかんない・・・
結局はあっさりレーに入って、次をつなげるような感じ?
1,2,1,2ではなく、1を大切に!書いたら1,、1,って感じ??
ハッ!!!
気づいたんだけど、2拍子のアフタクトの曲、いつも、出だしがちょっと違う!って注意されてるわー。
難しいです。ま、今回で合格。

No.72 フンメルのワルツ

「これは、パッパッと移動する練習です。マミさん移動ができてません。」
・・・
「待ってましたとばかりに移動して♪まだ遅い!」
先生が横で歌ってくれて、「気持ちよく弾けたでしょ?」
「ほんとですねー」
息の止め方、つなげ方、先生が歌ってくれると自分で弾いてきたのとは断然違う。
どこがどう、とかは、文字で書けないけど、違うんですよね。
先生が横で歌ってくれなくとも弾けるようになりたいです。
合格。
CIMG4906.jpg

No.73 ガレンベルク伯爵のワルツ

右はもうちょっと深めに。
後半部分の弾き方を教わりました。
後半4,5小節目、ドーは押して、ラファミミレレドレ~。
このミミね。指は変えるだけで、気持ちはつながってる。もう一回入れる。
この文だと意味わからないですねー。イマイチ理解してない証拠かも。
最後の、「ソーファミドシー」 ファミドは抜いて、音の長さに気をつける。
もう一回弾いたとき、最後の注意を守れなくて、「あー」っと声に出したら、
先生が、笑って「娘さんも、あーってよく言うねん。親子やなー(笑)」
ええーー!!!そうなの~~!変なとこ似てしまって嫌やわ(笑)

これ、後半部分が難しかったので、練習してきて、と。

次の、この和音部分が弾けないんです、と先生に相談。
CIMG4907.jpg


「鍵盤の上の方で弾いたら?」
「それでもすごく弾きにくいんです」
カクカクシカジカ・・・

原因は、左の手の形が悪い。
重心が小指の方に傾いたり、親指側に傾いたり、あっちこっちいっている。
力がすごく入っている。
「ポンと丸く、ふわっとして、落すだけなのよ~」
で、できません!
何回やっても、「ちがう。力入ってるなー」って。
やっと、数回、それ!正しい形、って言われましたが、違和感ありまくりです。
先生:「中指もっと丸く!」
「先生、コレだと爪しか当たりません!」
「おかしいなー」
普段いかにできてなかったか、ごまかしてたかってことです。
正しい、アーチ形を作るには、やっぱり指が強くないとできない。
指が強くなってできることだからまだまだ時間がかかるねって。
そのためにハノンとかしてバランスを養うのよ。
sleepingさんが、そんなことをどこかで書かれてたことを思い出しました。
右手もツェルニーとかやって、ようやくちょっとずつ変わってきた感じですので、
右より弱ーい弱ーい私の左はだいぶ時間がかかるでしょうねぇ。
でも弾き始めた頃よりかは改善してると思う。

最近、小指が痛いむときがあります。
きっと、変な弾き方、変に力が入っていることが関係してるんだと思います。
少しずつ、改善を目指していきたいです。



と、和音の弾き方で、時間を取りましたので、ブルグか夢か。
タランテラ譜読みはしてきましたけど、素直な心も合格する気マンマンでしたけど、
やっぱり夢ですね。

今回指摘されたのは最後の音。
pppなんだけど、芯のある音で。
針の上に立ったような感じで、トンと、だったけな。
そこに至る手の動きと。
そして最後の手の離し方。
肘から抜く。手首が先になってるよって。
意識したら、???カクカク違和感ありまくりで、
「いつもはもうちょっとマシよ~」と笑われてしまいました。

左手にだいぶ神経がいくようになったね。
左の動きに注意して、どういう風に動くか考えて練習してきて。
(一応やってきたつもりですけど、ダメですか~。。。)
と私の心の叫びでしたが、まぁ頑張ってみます。

前回注意された和音、上の音を出すはOKみたいでした。

長々と読んで下さりありがとうございました。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.9 ・インベンション4番 ・ベートーヴェン ソナタ第8番「悲愴」Op.13 2楽章 ・ショパン 幻想即興曲
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR