レッスン57回目

時間があったので、2日続けてレッスンに行っちゃいました(笑)

ハノン31番
レガート、5→1にとぶとき、切れないように。
合格

ツェルニー初歩者のためのレクリエーション No.95
色々注意されましたが、合格。
残すところ、付録の3曲です。
意外と弾きにくいんだなぁ、これが。

ブルグ25 貴婦人の乗馬
合格もらうつもりでしたが、不合格でした~~。残念・・・
学ぶべきところはありましたよ。
後半の、ブンチャ、ブンチャ、ブンチャ、・・・・ってところ(わかります?)、
最初は手だけで、だんだん体重をかけて、ちょっとアッチェルかけて大きくしていく。
ただのクレッシェンドだけでなく、立体的にね。
次の似たようなフレーズも同じ。
最後の音階。
右ー→ハイ左→右→左→右下降→ハイ、両手入りました!って感じがほしい。
最後は体も使ってダイナミックに!
考えて弾きすぎー。
先生が、原因分かったよ。左の休符がちゃんと休めてない!って。
あ、あら・・・??昔にも休符に丸つけられてます・・・。。。苦笑。
気をつけてトライしてみたら、あまりにぎこちなく休符を休んで、ぎこちない音階に先生、爆笑
「ごめんね。無理やり手を上げるんじゃなくて、リズムにのって自然に休むんだよーー」
いえいえ、自分で聴いても笑えるー。
ああ、なんてリズム感がないの~~。
とうわけで、もう一回だけ弾いてきて。
次回こそは、合格もらえるようにがんばります!

子供の集会とか、清い流れが苦手だと言ったら、
ちょっと弾き方を教えて下さいました。
清い流れに関しては、あの頃はこんなこと考えて弾いてなかったと思う。
これが終わったら、苦手シリーズをもう一回やろうと思います。

先生、ソナチネやろう、って。
先生:「ソナチネやってたっけ?」
私:「ここに来て初めてで、先生と一緒にしたほんの少しだけです」
先生:「じゃあ続きしよう。ソナチネから学ぶべきものはたくさんあるから、やりたい曲と並行して絶対やるべき」
私:「じゃあ、また持ってきますね」
モーツアルトより、こちらが先かなぁ。

で、そのあと、カノンと夢を見てもらって、
いくつか注意点。
カノンは後半の左をしっかり弾く。
三連符の揺れ。
夢もやっぱり自分で弾いてると、変な癖が出てくるみたいで、おかしくなってるところがあるみたい。
間あけすぎって。

「発表会のときくらい弾けたらいいね」って先生に言われたけど、
あの時が奇跡のような感じがする・・・。
いやいや、、、そんなことを言ってては・・・。
いいイメージを持って、いかに集中できるか!?
集中って難しいですよねー。

最後に、クリスマスソングをサークルのクリスマス会で弾こうと思っているので、
先生に弾いて下さい!とお願いしました。
「こんな風に変えてこう弾いてみたらいいのよ~。ジャズっぽくなるでしょう」
ジャズっぽくなるのは感じましたが、
えええ!!??わからない。知識のない私にはさっぱり・・・。
途中まででも弾けるように、今度見てもらおうと思います。
次は来週。
試弾会終わって3日間じゃ、練習できないけど、
クリスマスソング見てもらっておかないとなぁ。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR