69回目レッスン

先週のレッスン。
先週は連弾のレッスンも受けて、2回も行きました^_^;
前回連弾「小舟にて」も見ていただくと書きましたが、相方さんの事情によりキャンセル。

というわけで、本日のメニュー
バッハ 3.メヌエット BWV.Anh116
ソナチネ No.4 2楽章
ツェルニー30番 No.2
アラベスク1番

バッハのこのメヌエット好き~~
お次は、9マーチ BWv Anh. 124
パッと見、弾きにくそう・・・

ソナチネ
譜読み間違いが多々あり・・・^_^;
音の長さ間違ってた
4分なのに8分でとってて、似たフレーズ全部間違い・・・ ありゃりゃ
でもみんな間違えるんだって(笑)

出だしミドソソ ミドソソ ドで浮いてる。 ミドソまで、落として一つに弾ききるように
半音階のところは左で体入れて、のっていくように
まだ右の指番号がおぼつかなくて・・・そこまでできない(>_<)
要練習。

フレーズの前の息遣いが重要
ということは息吸う前の音を丁寧に弾くこと。
パッと音変えてね~~
まだまだ体がついて行きません!

ツェルニー30番 2番
1回弾いてみるも、力が入ってぎこちない・・・やめたくなってきた
途中でストップ
どうしたら力が入らないか・・・いろいろ考えて下さいました。
できるようになるのかなぁ・・・


アラベスク1番

2ページ目の途中、急に速くならない。
アッチェルかけるのと、速くなるのは違うんだよ。
マミさんのはただ速くなってるだけ、ちゃんと3連符で進めていくように。
ここのテンポ感がわからない・・・。

2ページ目の最初、レ~ミ~ソシレ~、この部分リズムがおかしくなりやすい。
ゆっくりできちんと8分音符を3連符の間に入れる練習をすることが大切。

3ページ目途中のレファラドシラソシレファミレ~~
ここのクレッシェンド、左のシンコペーションでクレッシェンドしていく

どう弾きたいかは色々考えてるってことが分かるから、息遣いに注意。
フレーズの前の息遣い、余裕がほしいって。
力を抜く。一度ちゃんとゼロにして
まずは動きから入ればいいのかな~~
優雅~~な感じ??
あとは、シンコペーションをもっと歌うといい。
ここで個性が出てくるからって。

最後に息子との連弾で、弾きにくいところを相談。
これ弾きにくいねぇ
適当に和音抜いちゃってOKということでした
連弾だし、いいよ~~って。
この連弾、今回の発表会で一番厄介な予感・・・

今回全部消化しちゃったので、次は2週間後にしました。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR