不思議~

発表会が終わったし、ただいま夏休み中で、ちょっと気が抜けてます。

いろいろとショパンのワルツ7番を聴いてみてます♪
なんかメロディー以外にも違うメロディーが聴こえてきて、すごく不思議。
これが内声というやつですか?
しかも楽譜を見てもどの音を出してるんだかわからない。
楽譜はいたってシンプル。
違う音作ってるんじゃないの?って思っちゃうような
楽譜にないような音が聴こえてくるので不思議です。
耳が悪いんですかね

特にシプリアン・カツァリスさんの演奏はとても個性的です。
個人的には好きです。
どの音が出ているのか、全くわからない。
↓多分この演奏そう?


あとは、キーシンさんの演奏も好きです。


ソラソファレソ~♪ 以外にもメロディーが聴こえてくるんですよね

練習の方はっていうと、
片手練習中心にやってます。
転調した中間部のところは、両手練習OKですから、ここは両手で弾けるようになってきました。
次回レッスンは8月末。
10月末本番だから・・・ここから両手練習で間に合うのか!?
もしかして相当な追いこみがあるんでしょうか???
夏休み明けたら、子供の運動会もあるし(今年はPTA部員)、なんだかんだで休みボケしてるので・・・
というわけでこっそり両手でも少しずつ練習してみてます。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

毎日暑いですよね~。

たぶんうちの車のHDにカツァリスさんのこの曲入ってます。
(前の先生がうちの子用にCDを貸してくれました。)
このソ#ラソ#ファ#レ#ソ#、ファ#ソ#ファ#ミド#ソ#、ミファ#ミレ#シ#ファ#の部分、私も車で聴くたびに気になっていました。
左手のバスをテヌート気味に押さえてるのかも・・・?
でも私は聴音得意ではないので、それが正しいのかすら自信がないです。

>楽譜にないような音が聴こえてくるので不思議です。
私もそうです。
ごめんなさい。全然参考になりませんね。
時間があれば、聴音が得意だけど、譜読みがなかなかできないうちの子に聞いてみます。

以前発表会で私が弾いた時は、この不思議な音を出すような練習はなかったです。
CDはおろか、レコードも持ってなかったし(・_・;)
去年CDを聞いてこの不思議な音を初めて知りました。

この曲はあの先生に見てもらってるんですよね?
コソ練絶対したほうがいいです。
期日が迫ってきたら、詰めてレッスン入れるかもしれませんが、
いきなりハイ両手ってやられます。
実際に私は何度もやられました(T_T)
恐らく片手で弾けないものは、両手でも弾けないというのが基本的な方針だと思うので
(私もそれは賛成です。)
片手をきっちり、ショパンのワルツが初めてなら特に左手の軽い跳躍を確実にってことだろうと推測はできるんですけど、期日が決まってるものは
やっぱり不安だろうと思うので、両手のコソ練をお勧めします。

私は片手ずつの練習が重要なバッハでよくやられるんですが、
次いきなり両手って言われても、悲しいことに全然弾けないんですよね・・・。
(要するに片手練習が不足している・・・。)
ショパンとバッハは違うだろうけど、不安払拭のために是非少しずつでも両手練習したほうがいいと思います。
私は一日4小節でも両手で弾けるように・・・ってカメ並みでバッハの両手のコソ練をよくやってます。
Posted at 2015.07.31 (13:34) by チェブ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2015.07.31 (15:07) by () | [編集]
Youtube聞きました~!
わお!何これ?!
初めて聞きました~!!
内声を強調してるの?
何かわかったら教えていだけるとありがたいです!
自分で弾いててもこんな風になりません。
不思議…(o゜ー゜o)??
Posted at 2015.07.31 (21:29) by ね~み♪ (URL) | [編集]
Re: チェブさん
> 毎日暑いですよね~。

ホント毎日暑いですね(>_<)
もう日中は外に出られませんね

> >楽譜にないような音が聴こえてくるので不思議です。
> 私もそうです。
> ごめんなさい。全然参考になりませんね。
> 時間があれば、聴音が得意だけど、譜読みがなかなかできないうちの子に聞いてみます。
>
> 以前発表会で私が弾いた時は、この不思議な音を出すような練習はなかったです。
> CDはおろか、レコードも持ってなかったし(・_・;)
> 去年CDを聞いてこの不思議な音を初めて知りました。

私もカツァリスさんのCD持ってるんです~。
やっぱりチェブさんも不思議な音気になりますか?
そういう練習はなさらなかったんですね。
普通に弾いたら出てこないんですかねぇ・・・。


> この曲はあの先生に見てもらってるんですよね?
> コソ練絶対したほうがいいです。
> 期日が迫ってきたら、詰めてレッスン入れるかもしれませんが、
> いきなりハイ両手ってやられます。
> 実際に私は何度もやられました(T_T)
> 恐らく片手で弾けないものは、両手でも弾けないというのが基本的な方針だと思うので
> (私もそれは賛成です。)
> 片手をきっちり、ショパンのワルツが初めてなら特に左手の軽い跳躍を確実にってことだろうと推測はできるんですけど、期日が決まってるものは
> やっぱり不安だろうと思うので、両手のコソ練をお勧めします。
>
そうです、あの先生に見てもらってます(^^)
あ、急に、両手で、って言われるんですか!?
教えて下さってありがとうございます。
よかった~~
両手でコソ練も開始しておきます(>_<)
Posted at 2015.07.31 (22:25) by マミ (URL) | [編集]
Re: 鍵コメさん
本当に毎日暑いですね(>_<)

カツァリス氏の演奏は本当に個性的ですよね~♪
そうそう、その音です~。そうなんですね!
ショパンって奥が深いですね~
Posted at 2015.08.01 (06:37) by マミ (URL) | [編集]
Re: ね~み♪さん
> Youtube聞きました~!
> わお!何これ?!
> 初めて聞きました~!!
> 内声を強調してるの?
> 何かわかったら教えていだけるとありがたいです!
> 自分で弾いててもこんな風になりません。
> 不思議…(o゜ー゜o)??


カツァリス氏の演奏、すごく個性的ですよね~♪
よほど強調しないと、こうは聴こえないような・・・
どうやって弾いているんでしょうねぇ・・・

Posted at 2015.08.01 (06:52) by マミ (URL) | [編集]
たくさんがんばっておられますね!
ピアノが弾けるようになると本当に楽しいですよね。
でも、弾けることが増えれば増えるほど、
さらに、さらにとハードルも上がりますね(^_^;)
がんばってください!
Posted at 2015.08.01 (22:30) by ろーずまりー (URL) | [編集]
今まで私の好み的には「ちょっと甘すぎるかな・・・」と思うワルツ7番でしたが、カツァリスさんの演奏。

それぞれのメロディーが波のように次々と押し寄せてくるところ、すっごく幻想的かつ、バランスの壊れた心を感じて、惹きつけられずにはいられませんね。
楽譜を是非見てみたくなりました。
Posted at 2015.08.02 (01:11) by ゆにくあ (URL) | [編集]
Re: ろーずまりーさん
> たくさんがんばっておられますね!
> ピアノが弾けるようになると本当に楽しいですよね。
> でも、弾けることが増えれば増えるほど、
> さらに、さらにとハードルも上がりますね(^_^;)
> がんばってください!

コメントありがとうございます。
あちこちに手を出しすぎかな、とも思わないでもないですが、
少しずつ頑張ってます(^^)
ピアノ、奥が深いけど、楽しいですね♪
Posted at 2015.08.02 (13:10) by マミ (URL) | [編集]
Re: ゆにくあさん
> 今まで私の好み的には「ちょっと甘すぎるかな・・・」と思うワルツ7番でしたが、カツァリスさんの演奏。
>
> それぞれのメロディーが波のように次々と押し寄せてくるところ、すっごく幻想的かつ、バランスの壊れた心を感じて、惹きつけられずにはいられませんね。
> 楽譜を是非見てみたくなりました。

ワルツ7番は甘すぎでしたか~ ^_^;
カツァリスさんの演奏は、素人が真似するにはハードルが高いですけど、
すごく印象的です。
ぜひぜひ楽譜見て見て下さい!
Posted at 2015.08.02 (13:21) by マミ (URL) | [編集]
カツァリスさんはどの曲を弾いてもこんなふうに内声を強調します。もうそれがこの人の流儀として確立してるといってもよいくらいです。
一度目には普通にトップノート(主旋律)を目立たせて弾きますが、同じフレーズを繰り返すときには必ず旋律より内声が大きいくらいに強調するんです。
やりすぎという批評もありますけど、ついつい埋もれがちになる内声の動きがとてもよくわかるので、練習の段階で参考にするのにもとてもよいと思います。「作曲家ってほんとに同時進行でいろんなことを考えてるんだなあ」ということを、悟らせてくれる演奏でもあります。
Posted at 2015.08.06 (08:57) by 私はタワシ (URL) | [編集]
Re: 私はタワシさん
> カツァリスさんはどの曲を弾いてもこんなふうに内声を強調します。もうそれがこの人の流儀として確立してるといってもよいくらいです。
> 一度目には普通にトップノート(主旋律)を目立たせて弾きますが、同じフレーズを繰り返すときには必ず旋律より内声が大きいくらいに強調するんです。

そうみたいですね~~。
あれだけ強調しようと思うと、よっぽど強く弾かないとできないでしょうね。


> やりすぎという批評もありますけど、ついつい埋もれがちになる内声の動きがとてもよくわかるので、練習の段階で参考にするのにもとてもよいと思います。「作曲家ってほんとに同時進行でいろんなことを考えてるんだなあ」ということを、悟らせてくれる演奏でもあります。

確かに、やりすぎという批評はありそうです。
素人が真似すると間違えそうな・・・
ホント仰るように、内声の動きが勉強になりますね。
といってもまだよくわかってないのですが・・・いろいろな音が聴こえるんだって感じます。
作曲家ってほんとすごいですねーーー
Posted at 2015.08.07 (22:09) by マミ (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR