レッスン 89

見ていただいたのは
・ツェルニー30番 No.4 No.5
・ソナチネ No.8 2楽章 3楽章
・モーツァルト K331 1楽章 主題 Ver.1 Ve.2

ツェルニー30 No.4

まだ合格できませんでした・・・多分。。。
1,3,5,3で弾くときに3が浮いているとか・・・
ここでちょっと私の中で疑問、葛藤?が浮上・・・
ちょっとT先生と相反するんじゃないかって。
T先生のところでは、ダウン、アップで手首を使うように指導されます。
ツェルニー30#4

このページだと、1を出して、他の音は軽く。
この前のページの前半部分は、5を出す弾く練習で、後半は1を出す練習。
ピアノの曲って難しくなると、5でメロディーを弾いたりするんで、その練習みたいな感じ。
多少リズムが変になっても、注意されないし、それより、手首の動きやメロディ5や1が響いてるか、
みたいなのが重点になってるように思います。
ところが、M先生では、リズムがすべってると、浮いてる、って言われます。
和音を弾くような感じで弾くよう、アドバイスされました。
そうするとですね、私の場合、手首に力が入って、和音を弾くような感じにすると、
手首を固定したくなるんです・・・。
手首を固定しなさい、という意味ではないのかもしれませんが・・・。
確か、1を弾いた後、力を抜け、って言われたし・・・。
弾き方が違うのかなぁ・・・M先生が弾いてるのはあまり手首を動かしてなかった。
今度T先生のも弾いてもらおうかしら。
最後のドドシラソファミレドも、T先生は降りてくるときアップって言われたんだけど、
M先生はダウンのまま一気に下りてくる、って
アップしても5が浮いてはいけない、と指導されました。
アップすると、ちょっと抑揚がついている感じ。
ダウンのままだと、直線的な、ダダダっていう感じ がする気がします

↑ここまで書いて、まだ下書きだったのに間違って公開しちゃったみたい・・・
ふと、もしかしたら、いいとこどりしたらいいのかもしれない・・・って思っちゃいました
手首を使うんだけど、和音を弾くような感じで・・・、こんな感じかな!?って。
参考にならないわけじゃないのかもって思いました。
ちょっと練習してみます
特に3段目がダメなようです。

No.5 
私の動きがおかしいんで、ゆっくりから練習しましょう。
スタッカートの音は軽く、でも左と揃えて。
まだまだぎこちなくて、左が回ってないよって。
ああ、苦手~~

ソナチネ No.8 2楽章
半ページもないくらいだけど、なーんか苦手!
こんな楽譜です。

CIMG5538.jpg


符点だからかな~
ちょっと鋭くして練習してきたつもりだったんだけど、足りなかったみたい。
横揺れのタッカ。
符点のリズムって感じ方が難しいですよね。
確かにレッスンのレコ聴いたら、私が最初に弾いたのはなんか変で、なんだかせわしない曲になってました・・・
コアで感じていつもぶれないように。
ほんとはもうイイィ~~ってなりそう・・・

3楽章

練習してきた速度より速い!
右手の感じを先生と一緒に弾いて、こんな感じでグループ感もって、
左入れてきてねって。
イメージしてたのとまぁまぁいい感じかな。方向性はいけてた。
こっちの方が2楽章よりつかみやすい。

こういうとこは要練習だけどね
CIMG5539-1.jpg
5を出して1を出さないとか。1は動かさないで触れるだけ。でも、つい、1も動いちゃう。

これは逆バージョン
CIMG5539-2.jpg


モーツァルト K331 1楽章

主題、Ver1、Ver2まで弾きました。
2拍伸ばすところ、短くなりがち。
速いけど、ゆったり感をもって弾けるように。

次回は、ソナチネ合格したいです
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

こんにちは。
全然参考にならなくて申し訳ないとは思いつつもコメントします。

ツェルニー30の4番の写真の部分、私は当時別の先生に習ってて、
大昔のことなのでどういう表現で言われたのか全く覚えてないんですけど、
私は自然にアップダウンしてます。
手首も軽く円を描くように回ります。

そのせいなのか、他の曲でも似たような部分は自然とそう動いてるし、
そのほうが私は楽です。

リズムがすべってる=いわゆる16分音符の粒が揃ってないという意味だろうと
思いますが、そういうのはハノンで矯正?するといいかも。
例えばどれかの指だけ意図しなくてもアクセントがついたような感じになって
他の3音より大きめの音になってしまってるという時もやっぱりハノンかなぁって個人的には思います。
まぁ、ハノンじゃなくても実際の曲(この場合はツェルニー)の練習で十分だと思いますけどね。

ただM先生のおっしゃってることもわかります。
ツェルニーはベートーヴェンを弾くためのものだそうなので
古典を弾くなら「直線的な、ダダダっていう感じ」になるかも。
もちろん場合によっては、そういう直線的なところをクレッシェンドしたりするわけで。

いやぁ、ホント全然参考にもなんにもならないコメントですねm(_ _)m
Posted at 2016.01.20 (13:20) by チェブ (URL) | [編集]
Re: チェブさん
> こんにちは。
> 全然参考にならなくて申し訳ないとは思いつつもコメントします。

チェブさん、返信遅くなってごめんなさい。
参考にならないなんてとんでもない、ありがたくいただきます。

> ツェルニー30の4番の写真の部分、私は当時別の先生に習ってて、
> 大昔のことなのでどういう表現で言われたのか全く覚えてないんですけど、
> 私は自然にアップダウンしてます。
> 手首も軽く円を描くように回ります。
>
> そのせいなのか、他の曲でも似たような部分は自然とそう動いてるし、
> そのほうが私は楽です。

きっとその形が理想なんでしょうね。
なかなか自然に動かなくて、ぎこちない感じです(^_^;)
自然に動くようになるようになりたいです。

> リズムがすべってる=いわゆる16分音符の粒が揃ってないという意味だろうと
> 思いますが、そういうのはハノンで矯正?するといいかも。
> 例えばどれかの指だけ意図しなくてもアクセントがついたような感じになって
> 他の3音より大きめの音になってしまってるという時もやっぱりハノンかなぁって個人的には思います。
> まぁ、ハノンじゃなくても実際の曲(この場合はツェルニー)の練習で十分だと思いますけどね。
>
> ただM先生のおっしゃってることもわかります。
> ツェルニーはベートーヴェンを弾くためのものだそうなので
> 古典を弾くなら「直線的な、ダダダっていう感じ」になるかも。
> もちろん場合によっては、そういう直線的なところをクレッシェンドしたりするわけで。
>
> いやぁ、ホント全然参考にもなんにもならないコメントですねm(_ _)m

いえいえ、へぇ・・・と読ませていただきました(^^)
ツェルニーはベートーヴェンを弾くためのものなんですね~
ハノンで矯正かぁ・・・また聞かせてくださいね。
Posted at 2016.01.22 (23:44) by マミ (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR