レッスン 91 迷い

久々に(2か月ぶり!?)にM先生のレッスンへ行ってきました。

ショパン ワルツ 9番

暗譜で弾きます!と宣言したものの、初めて先生の前で弾くのと久しぶりだからか、
いきなりとんじゃって、結局楽譜見て弾きました・・・(´∀`*;)ゞ
何回か弾いた後、最後暗譜で。

いただいたアドバイスは、

・1ページ目はきれいに弾けている
 6小節目の3連符はもうちょっと粘って(?)弾くのが先生は好きみたい。
 8小節目と10小節目のfとpの対比をしっかり(やってるつもりだけど、もっとした方がいいみたい)

・2ページ目
 con anima の入り方。そして固くなって真面目に弾きがちなので、楽しく
 48~49小節目a tempoの入り方

・3ページ目
 65小節目 dolceの入り方
 81~89小節目 滑るのと、和音のアクセント 
 90、105の入り方  90小節目はため息をつくる

・4ページ目
 120小節目と122小節目のfとpの対比。最後だから。
 最後の音の入り方 128小節目と129小節目の間の空間

ポイントは、場面、場面の出だし パッと印象を変えることかなぁ
出だしって難しい・・・う~ん、また研究しよ。

モーツァルト ソナタ k331 1楽章

ver4は体重移動の為、練習してなくて・・・、最近再開したけど、まだ弾けない。。。
ver6も少しずつ両手で合わせてみてるけど、まだちゃんと弾けない。。。
ってことで、最初から ver4 とver6を除いて弾きました。

最初のテーマ、大きく2拍でとらえてない。
細かくとりすぎなんかな。
なんか思ってたより速かった。
で、この速度で ver1 突入したら 弾けない・・・

なーんとなく弾いて終わっちゃった。

Ver5は あっさり弾くようにって。
やたらT先生にもっと歌いなさいて言われたもんだから、ねちっこくなっちゃったのかな。
普段はpeters版を見て弾いてるもんだから、アーティキュレーションが違ってた。
先生は春秋社版なので、レッスンでは春秋社版を見て弾いた。
帰ってから気づいてどっちがいいんだろうなぁって。

譜読みやっといてね、って感じで、細かい指示はなかったし、結局なにをやればいいのかわからない。
といわけで、次のレッスンも予約せず、帰宅した。

細かい指示があればあったで、それはそれで困ったかも。
それでなくてもやっぱりところどころ違和感を感じる・・・。
Ver1の最後のドードーレーミー、ここの和音は下にまっすぐ落としてね、って言われたけど、
そうしたら上の音でないような気が・・・。

やっぱり無理かも・・・

思い切ってやめちゃおうかな・・・
でもそうしたら、舞台で弾けなくなっちゃうなぁ

・・・正直、あんなに好きだった、M先生のレッスン、最近魅力を感じなくなっちゃって、
最近はT先生メインに変わってきてる。
曲やるにしてもやっぱり先にT先生に習いたい!って思いが出てきちゃって。
やっぱりM先生は歌の先生。
ピアノの勉強を続けてるわけじゃない。
ある程度完成したらM先生に聴いてもらうのが私の中ではベストかな。
弾けない曲持っていっても、あんまり。。。
今日は、ショパンのワルツ聴いてもらって、まぁ参考になった・・・けど、
思い切って絞った方がいいのかもしれない。

いやいやでもね、M先生のことは好きだし、思い切って切れない自分もいる・・・
それに、今言ったら、k331舞台で弾けなくなっちゃうし、やっぱりM先生にも聴いてもらいたい

どちらにしろ、月1以上はレッスンは入れないかな。
発表会前になるとそうもいかないだろうけど・・・

きっと、M先生も、なんとなく気づいてるんじゃないかな、という気もしてます
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2016.04.08 (10:27) by () | [編集]
Re: 鍵コメさん
ありがとうございます。なかなかコメントを残せずにいますが💦、また伺いますね~
Posted at 2016.04.10 (11:00) by マミ (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR