レッスン 17

やっと、つい最近、両手でモツソナが通せるようになりました!

まだ、Ver6はエッチラオッチラですが(*´~`*)


で・・・レッスン♪


ツェルニー30 No.6

長いフレーズで音がくっつく。分離の練習を。

ものの5分で終わっちゃいました。


モーツァルト k331 1楽章

前回の拍感の指摘を受け、メトロを使って練習してきました。

先生、今日はスパルタでした・・・(ノ_<)


テーマ

6/8のゆらぎがいります 

もっと歌わなきゃいけないってことかな?確かにレコ聴いたらなんかぶちぶち切れてた



セ:このsfの意味は何ですか?

私:・・・その音を強く弾くってことです

セ:楽典的にはそうですが、楽典通り弾いてたのでは音楽になりません。

セ:何のためにつけたんですか?曲の中でのこのsfの意味は?

私:・・・・・・・(-_-;) はっきり弾く・・・リズム感・・・ってことですか・・・?

セ:違います

私:・・・・・・

私:わかりません。どういう意味ですか?

セ:自分で考えなさい。

私:ひぇぇ~(;O;)

・・・と言いつつ、教えて下さいましたが・・・


テーマだけでなく、色んなところに出てくる、sf。各々の意味を問われました。

単なるアタック、テヌートに近い、強調・・・いろんな意味があることを初めて知りました。

sfははっきり弾く、アッタクだけではないんですね。

そこを楽譜からくみ取らないといけないんだぁ・・・


Ver2

出だし。右のトリル軽やかに。ド・ド・レミレドレミ~ この最後のミ~を短く。



3段目からの ドラミドラミ~ 伴奏まで全部弾きすぎ。弾きすぎるから弾けないんです。

出したい音だけスピードをかけて、あとは余力で。

接続が悪い。


ここが弾きにくいです。ファミレドのファ、はまらなくて・・・って言うと、

セ:だ~か~らぁ、接続の練習をしなさいって!前とその部分だけを何回も練習する。

  ひぃぃ~(゚Д゚;)


さ、もう一回両手で

セ:テンポ! テンポ!! テンポ~~!!!(`o´) 速なってる!!!

  その音、長い!ヽ(`ω´*)ノ彡☆

ひぇぇ だから弾けないんだってば・・・ どうも長くとる癖がいて・・・

どうも右の8分音符がつまって、速くなって自滅してしまう・・・Σ(゚д゚lll)ガーン

セ:これくらいのテンポで弾けるでしょ。

(あの、前回決めたテンポと全然違いますが・・・と思いつつ)・・・はい・・・('◇')ゞ


Ver3

セ:もっと気持ちから短調に。もっと悲しみを。

弾いてみる

セ:全然悲しくないんだけど・・・

(;'∀') 弾いてみる

セ:それは悲しんじゃない、女々しいんです! 

ええぇ!Σ(゚д゚lll)ガーン 違うの~~~!?? 

セ:大人なんだから、もっとなんかあるでしょ・・・

過去の悲しい時を思い出して、弾いてみる・・・

セ:悲しみが出てきた

自分ではよくわからないんですけどね


先生曰く、テンポが揺れるのではないです

日本人は内に秘めるけど、西洋は出すんです。出さなきゃいけないって。


今日はいろいろ考えさせられました。

例えば、ここ。



急に伴奏系が変わるのはなぜか?

今まで単音だったのに急に3度の和音になって弾きにくくなってますって。

今までこんなこと考えたことなかったよ・・・


あ、今日唯一褒められたのは、オクターブのメロディー、弾きにくいのによく弾けてますって。

あ、そうなの?かなり意外・・・想定外。

じゃあもっと歌えますね、って先生。


Ver4はようやく両手で弾けましたね。

まだ慣れてないので、弾き込みが必要。

ここのsfの意味も問われました。



リズム感がないって。体でとる。

セ:体でとらないと!頭で考えてる!体!体!頭で考えてるから遅れる。まだ頭で考えてる!
すぐにできません・・・(*´Д`) 


ver 5は愛情が足りないって・・・。ショック~~

子供のこと考えながら弾いたら、変わったみたい。

あふれる愛。


Ver6は とにかく分離の練習かな。

左のじゃららんは、遅い!もっと早く!出ないと右とはまらないみたい。

アレグロだけど、そんなに早く弾かなくてもよいみたい。

今はまだちんたらしてますけどね。


今日は、モーツァルトだけでタイムオーバー


なんか今日は先生がスパルタすぎて、子供になった気分・・・

私ができなさすぎだからなんでしょうか

録音聞いてても笑えてしまいます ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ


6月中旬に、大阪のサークルの発表会(一応、副管理人してます)があって、

先生に選曲を相談したところ、モーツァルトは?、とのこと。

私:ま、間に合いますかね~?

セ:発表会となれば間に合う(間に合わせる)でしょ

M先生の発表会用なんですけど、1回じゃうまくいかないから、本番で弾く機会があったほうがいいって。

M先生の発表会は、今年は9月になりました。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

マミさんレッスンお疲れ様~
本当・・スパルタ(笑)だね~読んでいて状況が浮かんできましたよ。それと参考になりました^^
本番で弾く機会が何回かあったほうがいいって言うのはわかりますよ~私も発表会に出てかなり進歩しました。
追い込まれると仕上げようと必死になりますものね。
マミさん頑張ってね!
Posted at 2016.04.23 (10:42) by amy (URL) | [編集]
Re: amy さん
>マミさんレッスンお疲れ様~
>本当・・スパルタ(笑)だね~読んでいて状況が浮かんできましたよ。それと参考になりました^^

早速、コメントありがとうございます。
そんなに弾けなさすぎ⁉って思うくらいスパルタでした(´;ω;`)
でも色々勉強になりましたよ

>本番で弾く機会が何回かあったほうがいいって言うのはわかりますよ~私も発表会に出てかなり進歩しました。
>追い込まれると仕上げようと必死になりますものね。
>マミさん頑張ってね!

そうですね、本番は何回かあった方がいいですよね。
しかもモーツァルトだし(><)
本番は9月だと思ってのんびりしてけど頑張らなきゃ!!
Posted at 2016.04.23 (13:43) by マミ (URL) | [編集]
ほんと、厳しいレッスンでしたね~。
でもきっとマミさんがそういうレッスンについていけるからこその厳しさですよ。

私なんか記号の意味とか聞かれたことないな…「ここはこう弾いた方がいいと思います」って先生が先に答えをおっしゃいます。
まだ私は分からないって思われてるでしょうし、実際そうだから気楽です^^

マミさんはなんだかんだ言ってもきちんと間に合わせることが出来る人だから…。
今度の練習会では是非聴かせてくださいね。
私も頑張らなくちゃ~~~。
Posted at 2016.04.24 (00:42) by まんまるお月 (URL) | [編集]
Re:
>ほんと、厳しいレッスンでしたね~。

まんまるさん、コメントありがとうございます。
内容も厳しかったんですが、なんだか子供扱いされてた感じで…童心にかえった気分でした(^_^;)

>でもきっとマミさんがそういうレッスンについていけるからこその厳しさですよ。

>私なんか記号の意味とか聞かれたことないな…「ここはこう弾いた方がいいと思います」って先生が先に答えをおっしゃいます。
>まだ私は分からないって思われてるでしょうし、実際そうだから気楽です^^

答えられないし、ついていけてるとは思いませんが、先生の指導方針ですかね。
最初受けた時から、答えられない質問は受けました。今までになくて、すごく戸惑いましたよ。
どう弾きたいの?とか聞かれます。
もちろん状況に応じてヒントは言って下さるんですが、先生の細かなイメージは押しつけられません。
こういうことも考えなきゃいけないんだ、ってとても勉強になります。


>マミさんはなんだかんだ言ってもきちんと間に合わせることが出来る人だから…。
>今度の練習会では是非聴かせてくださいね。
>私も頑張らなくちゃ~~~。

どうだろう…、考えたらあと2ヶ月もない…。最後まで通せるようになった、といっても、最後にたどり着いたレベルなので、この時点でほぼ弾けないところがある、ろくに通せないのは、初めてかも~~。
でも本番の機会をもちたいので、先生信じて頑張ります!
聴いてもらえるよう、頑張りますね。
私もまんまるさんのモツソナ楽しみにしてます(*^^*)
Posted at 2016.04.24 (06:06) by マミ (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR