レッスン 21

ささっと書いておきます

モーツァルトの練習に忙しくて、他はさっぱり。。。これだけ見てもらいました。

暗譜で一通り弾きました。
何とか崩壊はせずに弾けた

「丁寧な演奏です。よく、暗譜まで持っていきましたね」ってここだけは褒めてもらえました(*'ω'*)

以下注意点

Var.5 
Var.4からアダージョに入る前の間を少し開ける。


音の頂点に向けて、クレッシェンド、というより、抑揚、ニュアンス
ティーラン、ここのため息の音型のところは最初の音、もう少し出す、テヌート。
クレッシェンドと思うと、やりすぎ・・・
その音だけ大きくなっているって( ;∀;)
こういう注意多いような気がします。だんだん大きくしていくのって難しいですね。




装飾音符に入る前、ぶち切れ。
ちゃんと終止でダウン。
ここ次が苦手な装飾音符だし、あわわわ・・・(゚∀゚) ってなっちゃうんですよね
指使いを変えた方がうまくいくのでは?
終止の音を1でとって、もう一つは左でとる。そうすると、2.3.4が自由になるのでまだ動きやすい。  
おお~~(・_・D フムフム




この辺(ここに限らず)、付点や、8分音符は、実際の長さより少し長めに処理。テヌート。
繰り返しで若干速くなる分、落ち着ける。

また最初のフレーズに戻って、オクターブ効果、オクターブの距離感




この最後のところ、速くならない。自爆しちゃう。
「右の速いところ、弾いてみて。」→弾く
「もっと速く、最高速度で。」→あまり変わらない速度("^ω^)・・・
「今の倍くらいの速さで弾けるなら走っても大丈夫だけど、最高速度があるんでしょ。危険です」
fの入り方、特に左が重要。
「スケート選手がジャンプするとき、踏切間違えたら失敗しちゃうみたいな感じで、入り方間違うと速くなって自爆します」

Var.6

もっとパリパリっと。右手の曲。指を動かしてバリバリ弾く!
「Var.5までは 頭を使って弾くけど、ここは手なんだなぁ・・・単純というか・・・」
そういう運動系・・・再開組といっても大人から始めるに近い私には難しい・・・(ノД`)・゜・。
もともと運動音痴だからか・・・

音は上げる。

Var.4

両手が交差するやつです。
だいぶ、高音が出てきたと。
跳躍後の最初の音が、間違うので、目をつぶってでもそこにいくように跳躍の練習をしなさい、と。
50回くらいやればいいらしい・・・

Var.2とかは指先を使って弾かないと、細かい音がはまらないって。

明日は、緊張したらどうなることやら・・・
とりあえず、今できることをやれたらいいなぁって思います。

ってか、もうお腹いっぱい・・・
自分では、こんな10ページもあるも暗譜してよくやった、って思う。
そりゃできないこともたくさんあるし、もっとうまく弾けたらいいけど、
今自分にできることは、頑張れたんじゃない。
これ、9月の発表会までもつのかな~~

でもって、今日は子供の送迎祭り。
今は娘の歯医者待ち。
練習する時間あるんかな…(>.<)
服も石つけられるかな…ヽ( ̄▽ ̄)ノ
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR