レッスン26

発表会終えて2週間、3週間ぶりのレッスンに行ってきました。

結局、シャブリエの譜読みは終わらず・・・でした

発表会で弾く予定のシャブリエから。




スタッカートのところ、ちゃんと音が鳴らせてない。
練習の仕方を教えてもらいました。毎日5セット。

左は前に進めていく。



アクセントができない。
はまってない。
brillanteになってない


sfのところもっと!
アルペジオが弾けてない。→アルペジオだけの練習


左が飛ぶところ遅い。
弾きにくいところが遅くなっている
先ほどと重複しますが、右のアクセントの前の細かい音がハマってない。
指がもたついている
「まだ練習不足ですね」

まぁ・・・ちょっとは頑張って練習しましたが、こんなもんです・・・


スケールが弾けてない。余裕がない。
「スケールってピアノ弾く人にとっては弾きやすいところ、息抜けるところでしょ。
スケール弾くだけでいっぱいいっぱいではこの先この曲どうなるのか不安になります」

バッサリ・・・Σ(゚д゚lll)ガーン

要リズム練習。


スラーのついたアルペジオももっとレガートに。
「ひとつひとつ音を追ってるのではだめです。」

途中からはまだ片手。
交差するのでややこしそうです・・・

まだ最後まで譜読み終えてなかったので、最後まで見てきてくださいね、と。

なんかできてないところが多すぎて、
しかもテクニックを習得しなきゃ弾けない感じなので、
テクニックのない者があと3か月で弾けるものなんだろうか・・・?

先行きが見えず、かなり不安なんですが・・・

まぁ、結果どうこう考えるよりも、
この曲でテクニックの練習というか、コツコツそこだけ取り出してやっていくしかないかな、
って感じです。


その後、少しだけ、ショパンのノクターン2番の左だけ途中まで見てもらいました。

和音ね、25でとるところ、キツイところは15でとってたんだけど、

「これくらい、25でとらないと、弾ける曲がなくなりますよ。指広げて下さい」

その後、練習してみましたが、7度のとこだけはいらん音がひっかかってしまい、無理そうです…( ̄▽ ̄;)

わかりにくい音は、階名ふっていいとのことです。

こちらも譜読み終えてないので、譜読みを頑張るように。

次回は一週間後なんで、ヤバいです(>.<)
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR