合同発表会 その2

ここからは、自分の演奏について・・・

今回初の2台ピアノに挑戦させていただきました。

いつも連弾でお世話になっている友人と、

アレンスキーの、子供のための組曲より、「ロマンス」と「ポーランド風」

第2ピアノと第1ピアノ、交代してどちらも経験させていただきました。

そして、もう一つ、お声かけいただいて、連弾+連弾の、2台8手。

こちらはモシュコフスキーのスペイン舞曲 第1番と第2番

第1ピアノのセカンドとプリモ、交代してやらせていただきました。

2台ピアノを初めて練習室で合わせたときは、連弾と違う音の聴こえ方がとても新鮮だったのを覚えています。

2台8手を初めてみんなで合わせたときは、音の迫力にびっくりして焦りました。

弾けないところがあったり、どうしても音が大きく出なくて、みなさんに調整してもらいました。

本番は、アレンスキー → ソロ 幻想即興曲 →  2台8手

アレンスキーは、小さなミスはあったけど、大きなミスなくいけました!

最初の1曲目はゆっくりした曲なのですが、ゆっくりしすぎて逆にドキドキ。

音大きすぎないか、音量バランスが心配でした。

2曲目はかけあいで、わりとテンポのいい、リズミカルな感じなんですが、

右手間違えると旋律なくなる、という怖さがあったんですが、それがなくてよかったです。

リズムにのって弾けたかな

ソロは、本当にいつものごとく緊張して、すごくプレッシャーだったのですが、

わりと落ち着いて弾けました!いつもに比べるとです。

ミスはしても、流れは止めないで弾こう!と、ここだけはっていうイメージも持って臨みました。

ミスはいっぱいしたし、弾きなおしてしまったところもあったけど、

自分にとっての挑戦で、幻想即興曲を弾くというプレッシャーの中で、

流れを止めないでできた(といっていいよね?)ことは自分にとって大きな収穫です。

家に帰って、レコーダー聴いたら、やっぱり拍感がおかしいところ、焦ってるところは多々ありました。

そして、思ったよりテンポも速かったです。

あれだけ落ち着いて弾こうと思ったのに・・・落ち着いて弾くのって難しいです。

でも、本番でこれだけ弾けたので、私にとって大満足でした。

もっと弾けてないかと思ったけど、ホールってやっぱりすごいですね!


2台8手は、ソロから解放されたので、これで最後かと思うとちょっとさみしい気もするなぁ・・・って思ったり・・・。

1曲目の最初の出だしがあった時はほんとホッとしました。

小さなミスはしましたが、大きなミスなく、楽しく弾けました!!!

大きくバラバラになることもなく、うまくいったんじゃないかな、と思います。

やらせていただいて感謝です。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR