娘のピアノの悩み

当初は考えてなかったんですが、娘、ピティナのコンペティションに出ることにしました。

B級です。

課題曲は、バロックと近現代。

娘の先生も予選は通らないと思ってらっしゃるのか、本選は一つも見てもらえず、予選の曲ばかりです。

娘の先生にちょっと聞いてみたら、予選の曲で手がいっぱいだとのこと。

レッスンとか、娘の弾いてるのを見て、

なーんか違うような気がするけど?とちょっと思ったり、

よくなったのかどうなのかイマイチ私もよくわからないなーと思うこともあったり。

なんか、もやもやしてて、自分の先生に相談してみました

「娘を連れてきたら、ついていくのに厳しいですか?」と

先生は親の負担が大きいですよ、と。

先生は、レッスンでやっても子供はわからないでしょ、

それを家でお母さんにやってもらいます。

レッスンではもっと次のことをしますって。

子供だけに負担させるのは無理だと、親もついてあげないと、って。

んーー、かなり厳しいんだろうなぁ・・・

でも、せっかくやってるなら、頑張ってほしいって気持ちもあって、、、悩みます。


何が違うんだろう?このままでいいの?

という疑問には答えが見つかりました。

歌えてなかったんです。

「歌、フレーズ、息、ある?」

あ、ないわ。。。

先生が弾いて下さって、違いがわかりました。

そういえば、そういう指導はないんですよねー

娘の先生自身にそれはあるのか?っていうのも少し疑問です。

なんかちょっと違うような気もします。。。

でも、歌うっていうの、それを娘に伝えるのは難しいな・・・

横で歌うだけでも違ってくるのかなーー

イマイチ、歌うってのが自分もよくその辺がわかってないしなぁ。。。

先生も歌うのを伝えるのがどれだけ難しいか、って仰ってた。

とりあえず、ピティナの予選、見に行こうかなぁ・・・

先生と話してたら見に行かないとやばい気がしてきました。

今週末、奈良であるけど、ちょうど息子の発表会で見に行けないのが痛い。。。(>_<)

ほんと難しいですわ。。。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR