レッスン ~思い違い

昨日は洋裁教室へ(片道1時間半くらいかかるところへ行っているので)、
帰宅後昼ご飯を済ませ、ピアノ教室へ。

どんなところまで行ってるの!?と思われちゃいますね。
洋裁教室は10時から13時まで。帰宅したら14時半です。
3時間も何してるのかと思われそうですが、作業したらいつもあっという間です。
昨日はファスナーつけまで何とか終わりました。
とうか、ほぼファスナーつけだけしかしてません。無事につきました。
こちらは来週1回行ったら、夏休みに入ります。
子供が夏休みに入るので私も休みます。遠いのでね・・・さすがに子供が休みだとね(^_^.)

さて、ピアノのレッスンですが・・・。
ハノン11番 音階変ホ長調
手の形がだいぶ良くなってきた、この2,3か月で進歩してますと言って下さいました。

森のざわめき(ギロック
ある部分だけ、今の弾き方でもいいけど、もっと引っ張るような弾き方をしたらどうですか、と。
実はよくわかってません。録音したので聴いてみます。
後はもう触りません、とのこと。

風車(ギロック)
私は、このブログで、「ふうじゃ」じゃなく「かざぐるま」と書いたと思います。
前回のお稽古で、先生が、「ここはふうしゃが回りだす最初だから重い感じを出して」とおっしゃったんです。
それがずっとひっかかってて、もしかしたら「ふうしゃ」なのか、と思って、
先生に聞いたんです。
「私、どこかのブログで《ふうしゃ》でなく《かざぐるま》って読んだんですけど・・・確か、子供の玩具を題材にしたってどこかで読んだんです」

先生はずっと「ふうしゃ」だと思ってて何十年もそう思われてたそうです。
どこかで「ふうしゃ」という文献を読んだ記憶があるとおっしゃっていました。
「かざぐるま」とは思ったことがなかったみたいです。

「《かざぐるま》だとイメージが少し変わりますね。重くしたらダメですね。かざぐるまのイメージで弾いてみて」って先生。

「え!!!」(ー_ー)!! 混乱・・・(+_+)
とりあえず演奏・・・。

「そう言われれば、かざぐるまに聴こえます。かざぐるまでいきましょう」

どっちなんだろう、って最初はそう言ってましたが、最終的にはかざぐるまということになりました。
「回るのは一緒ですよ。大きいのが小さくなっただけです」って先生(笑)。

確かにそうなんですけど、軽くおっしゃいますね~。
軽くする、ということで私は少々混乱してますよ~。

またちょっと考え直さないと!かわいらしく、軽くの気持ちでいきます。

今日はこれにて終了。やっぱり他の教材は進みません・・・。

出番が決まりました。
1部は小さい子~小学生(中学年)くらい?
2部は連弾
3部は(今回高校生が一人の為か)、小学高学年から
3部の最初の方が良かったけど、さすがに小学生を押し出して弾くわけにはいきませんね(^_^.)
後半部にいれてくれてました。
何番目だったか・・・忘れた!!

夜、息子の連弾の練習を見てやりました。
ところが、キレちゃいました、私。
なんでこんなにこっちが一生懸命やってるのに・・・ふざけてるように見える息子。
もう悲しくなりましたよ。本当に疲れます。
ってまた別記事にしますかね・・・。
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ふうしゃ と かざぐるま ではずいぶん違いますね。
ちょっと調べてみたら、原題は Pinwheels[となっていて、これは主にアメリカで使われる単語でおもちゃの風車(かざぐるま)を意味するようです。(大きな「ふううしゃ」は windmill)
しかも複数形なんですね。子供たちが手に手にかざぐるまを持って遊んでいる様子を描写したのかな。

先生の指導を丸呑みにせず、なんでも疑問に思ったら話し合ってみるのはいいことですね。
しかし先生・・・あんまり混乱させないでよ~って思わず言いたくなっちゃいますね。
Posted at 2013.07.12 (07:09) by 私はタワシ (URL) | [編集]
ええ~~~!かざぐるま、だと思ってたのに先生はふうしゃだと?
そりゃ全然曲の雰囲気がかわっちゃいますよね。

そっか…そういうこともあるんですね。
私もタイトル聞いた時はどっちかなと思いましたが、曲を聴いてみたら「かざぐるま」なんだと思いましたよ。
どう考えてもふうしゃのイメージじゃないように思いました。

お子さんとの連弾、大変ですね。
まだ人前で弾くことがどんなものかよく分からないのかもしれないですね。
私はこういうことが面倒だから子供に習い事って言っても家で練習や勉強しなきゃいけなかったりするものはやらせませんでした~^^;
ズボラなものですから。
ただでさえ暑さで大変ですが、頑張って下さいね。
Posted at 2013.07.12 (08:17) by まんまるお月 (URL) | [編集]
Re: 私はタワシさん
> ふうしゃ と かざぐるま ではずいぶん違いますね。
そうですね。漢字で書くと同じ、風車なんですが。

> ちょっと調べてみたら、原題は Pinwheels[となっていて、これは主にアメリカで使われる単語でおもちゃの風車(かざぐるま)を意味するようです。(大きな「ふううしゃ」は windmill)
> しかも複数形なんですね。子供たちが手に手にかざぐるまを持って遊んでいる様子を描写したのかな。
調べて下さったんですね。ありがとうございます。
大きなふうしゃはwindmillというんですか!?そこまで調べてませんでした・・・。
そうですよね、複数形だから子供たちがかざぐるまで遊んでいるんですかねぇ。

> 先生の指導を丸呑みにせず、なんでも疑問に思ったら話し合ってみるのはいいことですね。
本当です。もっと早くに言うべきでした・・・。
でも、発表会前にわかったのでよかったかな。
「次、ふうしゃいきましょう」とか言わないから(「次の曲」って言ってたので)、
気にならなかったんですよね。

> しかし先生・・・あんまり混乱させないでよ~って思わず言いたくなっちゃいますね。
そうですね、暴走してはいけないので、来週も娘のお稽古時にちらりと見ていただくことにお願いしました。
あまり「軽く」ばかりを気にしすぎてもいけないので、難しいですね。
Posted at 2013.07.12 (23:32) by マミ (URL) | [編集]
Re: まんまるお月さん
> ええ~~~!かざぐるま、だと思ってたのに先生はふうしゃだと?
> そりゃ全然曲の雰囲気がかわっちゃいますよね。
> そっか…そういうこともあるんですね。
> 私もタイトル聞いた時はどっちかなと思いましたが、曲を聴いてみたら「かざぐるま」なんだと思いましたよ。
> どう考えてもふうしゃのイメージじゃないように思いました。

ほんと、エエーーーっ!て感じでした。
そういえば曲をもらった時に、そうおっしゃってた気もするんですよ。
題名はPhinwheelsと書かれてあるので、
ネットで調べたら「風車」ってあって、「ふうしゃ」かなと思ったら、ギロックがイメージしたのは「ふうしゃ」じゃなく「かざぐるま」って書いてあったので、そうなんだ、と思いました。
先生のイメージが違ってたってのはショックでしたけど、立ち直りました!
発表会後じゃなくてよかったです♪

> お子さんとの連弾、大変ですね。
> まだ人前で弾くことがどんなものかよく分からないのかもしれないですね。
> 私はこういうことが面倒だから子供に習い事って言っても家で練習や勉強しなきゃいけなかったりするものはやらせませんでした~^^;
> ズボラなものですから。
本当、息子とは大変です。
先生に見てもらえるのもあと1回きりなんで、何とかしなあかんと思って、
昨日と今日指導したのですが、これが一番疲れてます(>_<)
次回からは選曲に気をつけよう、って感じです。

> ただでさえ暑さで大変ですが、頑張って下さいね。
ありがとうございます。
Posted at 2013.07.12 (23:43) by マミ (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR