娘(年中)の練習の付き合い方

なんだか週末はバタバタします。
土曜は、子供の習い事デー。送迎で忙しいです。
二人ともスイミング→ピアノ。


子供のピアノの練習の付き合い方って難しいですね。

先日、娘(年中)が練習してた時のこと・・・。
スタッカートと書いてあるところをしてなっかったので、間違いを指摘したのですが、
その時点で機嫌が悪くなってしまい・・・。
説明しても「わかってるし」「できてる!」と娘。
いや、できてないし・・・。
何回説明しても、きちんと聞こうとしないんですよね。

そのうち、
「もう聞かないんだったらむこうに行くよ」と私も怒り。
「いや!!!ここにいてよ」と娘。

ふてくされて半泣きの娘。
もうこうなったら練習になってないですね。

こういう時って、親の役目は、
間違いを指摘せずに、「上手だね」と褒めるべきなのかなぁ。
間違いどうこうよりも、本人が機嫌よく弾くのを最優先すべきなのでしょうか?
まだまだ幼いですもんね。
半泣きの娘を見てこれは楽しくなさそうだなぁって。
別に私は怒ってるわけじゃなく、間違ってるよと言いたかっただけなのに、
これはなんか娘を怒ってる雰囲気。あれ?って。

「楽しく弾く」のを一番大切にしなきゃいけないのかなぁって思いました。
そのためには、間違ってても「上手だね」って声かけるのがベストなのかな?

よし、この1週間試してみよう!!!(*^_^*)
でも、1年生の息子にはこれじゃあ、進歩しない気がするな…。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
↑応援ありがとうございます(^O^)
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.9 ・インベンション4番 ・ベートーヴェン ソナタ第8番「悲愴」Op.13 2楽章 ・ショパン 幻想即興曲
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR