レッスン 36

今月は第1、第3週にレッスンを入れたので、前回から1週間後となってしまいました(>_<)

今回も前回と同じメニュー。
ツェルニー、インベンション、悲愴2楽章、幻想即興曲。

ツェルニー30番 No.9 (2回目)

左手の音階の練習です。
最初にこれを弾くのって、全く指が回りません!

私が持っている本は、予備練習というのものっているのです。
やっていませんけど・・・
この9番の予備練習は、こんな感じ。
左で、ドレミファソラシド、レミファソラシドレ、ミファソラシドレミ、・・・、シドレミファソラシ
各4回繰り返し、上昇型と下降型

セ:「予備練習もやった方がよさそうですね」

というわけでやってみる。
ぎこちない・・・

セ:「手首を使って」

なかなか手首をうまく使えません。

セ:「リズム練習もやると書いてあるので、やっておいてください」

もちろん、9番もやりましたが、地道に基礎練習あるのみですね。


インベンション 4番 (2回目) 

一度通して弾いて、

セ:「前より良くなりましたね」
  「全体的な構成が見えません。強弱をつけましょう」

先生の持ってらっしゃる解説本を参考に、書き込んでくださいました。

最初は、二声だけど、三声ととらえてもいいんじゃないかと。

出だし、メゾ、アルト、ソプラノというように・・・

となると、三回目の高いレミファソラシ~はもっと大きく、ソプラノのようにちょっと鋭い感じで。

この主旋律の対位のノンレガートをもっと明確に、対照的に。

先生の書き込んでくださった、強弱を参考に弾いてみる。

だいたいいいけど、ヘミオラの部分、やりすぎ。

ヘミオラの部分を強調するんじゃなくって、もっと大きく捉える。

セ:「ヘミオラは強調しなくても聴いたらわかりますから」

私: ・・・あら勘違い (;´Д`)

セ:「最後のトリルがね~」

市田版の解説通りに弾いたんですが、浮いてるみたい。



市田版の解説↓




セ:「市田さんの考えがあってこうなってるんでしょうけど、そういう考えに基づいた弾き方してないのに、 
ここだけやったらおかしいです。ここだけ、玄人っぽくておかしい。」

私:え・・・、そうなんですか・・・

というわけで、タイじゃなくて合わせることになりました。

逆に、この通りにトリル入れる演奏の仕方ってどんな演奏なんでしょう~?


悲愴二楽章 (3回目)

一通り弾いて、

最後の部分と、中間部のところを練習。

最後はペダルでつなげられないから、指でちゃんとつなぐ。

中間部の盛り上がり。
いろいろ教えていただきました
ここ、難しいんですよね。
↓1行目終わりから2行目2小節に向けての盛り上がるところです



移動がうまくいかないので、それなら
1行目終わりでブレーキかけたら、間をあけてもおかしくないですよ
って。

やってみたら、

セ:「下手すぎ~。作戦丸わかりです。もっとうまくやってください」

そんなにすぐできませんよ~(ToT)

ま、家で研究ですわ。


メロディーラインはよくなってきたみたい。


幻想即興曲 (3回目)

右手ラルゴまでやって、

セ:「あと最後ですね~」

って、最後のページにとんで、弾く。

ほとんどやってなかったので、先生に「音なんですか?」って聞きながら、最後までなんとか到達~(;^ω^)

だって、線いっぱいある和音、すぐに読めなくて・・・(-_-;)

セ:「そろそろ両手で合わせていきましょうか」 とのこと

「この辺からすごく疲れます~」と先生に相談したら、


・親指が第2関節が凹んでしまっているのがよくない。
 力がうまく分散できずに、手首に負担をかけてしまう。

・親指は弱い音。力入れるとこは入れて、ぬくところはぬく。
 
なんだか変に親指力はいっちゃうんですよね。
力入るとへこみやすいんですよね

先生が弾いて下さいましたが、とても楽そうに見えました・・・(゚Д゚;)

どうやったら楽に弾けるのか、模索してます。(>_<)

レッスン35

セ: 今日は何をしますか?
私: ツェルニーと インベンションと 悲愴2楽章と 幻想即興曲です

まずツェルニーから

ツェルニー30番 No.9

左手の音階です。
左手の形を指摘されました。
外側(左)に下がりやすいこと、中指の第1関節がへこんでいると。
中指の第1関節がへこむことは、重心を意識する上でよくない。

え!!!(゚Д゚;)

全く自分では第1関節が凹んでいることに気づいてなかったので、
弾いてるとわからないでしょ って
先生がスマホで動画を撮って見せて下さいました。

確かに。。。

もともと骨格の問題で、普通に弾くと外側(左側)に重心が来てしまうのですが、
その関係で変にカバーしようとしてるのかも。。。

先生も、私の曲がった中指を見て、ほんとですねー、みんな色々ありますねーって。

相当意識して弾いたらよくなったみたいです。
打鍵も弱いので、第1関節でつかむように。
重心内側。


インベンション 4番

両手で通しました。

いろいろ修正がありました。
主題のところはスラーで。



本に書かれた指示のように切ってたら(7度の音が切ってある)、切りすぎみたいでおかしいと。
真ん中は膨らませて、どの主題も同じように弾く。
それを意識したら減7の音にアクセントがついているみたいで、
そのアクセントいりますか?って
アクセントのつもりじゃなく強弱のつもりでしたが、、、難しいです。。。
対位の部分は、もっとノンレガートで。
主題と対位の違いをはっきりさせる。
そのためには、腕で切らずに、指で切るように。
とのことでした。

どこが出てきても、同じように。


ベートーヴェン 悲愴2楽章

通して弾きました。

まず、ターンとか装飾音符の整理をしましょうか と。
自分でもよくわからなかったので入れ方を教えてもらいました。

あとは、前回とかぶりますが、

旋律の音をもっとはっきり。
その他の音をもっと小さく。
外側に重心、つかむ 内側は浮いた状態 くらい

この部分の練習に一番力を入れて下さい。
この曲はこれくらいですよ

と先生。

先生、そこが難しいんですが(^o^;)


ショパン 幻想即興曲。

片手でラルゴの手前まで。
なかなか前回の指示が出来てなくて・・・
左のアルペジオの回転 出来てなかったみたい。
先生がやると、確かに回転してるんだけど、
自分がやるとできない・・・硬いのかなぁ~

左の1オクターブの和音
余計な音をひっかけるくらい ギリギリの弾きにくそうにしてるのをみて、
先生、
「ギリギリですね💦
でも小学生でもこれ弾いてるでしょ。
あの子たちもギリギリと思うけど なんとかして弾いてるから なんとか弾いてください」 って(^o^;)

子供とは柔軟さが違います…(T0T)
小さい上に硬いんですよね
右と左では開き度合いがかなり違います
柔軟がんばらねば!

まだ暫く片手練習を続けましょうとのことです

レッスン34

新年初レッスンでした。
娘はもう2回終えましたけど・・・(;^ω^)

今日見ていただいたのは、
ツェルニー30番 No.8
悲愴2楽章
幻想即興曲

ツェルニーは 腕の動かし方、強弱 を注意されました。
腕を上にあげると音が浮いちゃって、押しながらって言われたけど、その辺が難しいです。
もう次にいっていいんじゃないですか、とのことで、8番は終わりです。

悲愴2楽章

てっきり片手ずつやるんだと思ってたら、両手で、とのことで・・・え??
ペダルもつけて下さい~と言われ、え??

両手はちゃんとやってなかったんで、
ああ、もう限界だわ、と、途中でここまでです、って言ったら、
あともうちょっとなのに、なんでここで終わり?みたいなこと言われました(;^ω^)

音のバランスが全部同じなのがよくない、とのこと

セ:どうしたいですか?

私:真ん中を弱くです
わかってるけど、できないんです(心の声)

もっと重みをのせて
真ん中はもっと小さく
もう大きくなってる!
音色を変えた方がいいです。
あー、音が固くなってる!

む、難しい・・・(>_<)
何回も練習しました。

セ:さっきよりよくなりましたよ。これで、メロディをもっと歌ってください。

今、それどころじゃないけど・・・

右手の9度の和音、ばらして弾いたらいいですよ、と言われましたが、
余りのへたくそさに、
弾かない方がましということで、下は省くことになりました(;^ω^)
届かない左の和音、2か所も下3つ。
何とか届くところは頑張る!

幻想即興曲

右手をゆっくり、ラルゴ終わりまで。
音間違い2つ。

セ:「そんなに難しくないでしょ?速く弾かなきゃいけないだけで」

そ、そうかなぁ・・・?
まぁ、確かに速く弾けるかどうかが問題な気がします

右手、
最初のフレーズの練習をしました。
オクターブに入る手前までです。
弾き方を教わりました。

セ:「もっと速く弾けますか?」

頑張って速く弾く!

セ:「これくらいか、もう少し速いテンポで弾く練習してください。」
セ:「この曲はゆっくり練習しても速く弾けませんから。速く弾く練習しないと速く弾けないです」

次は左手。ラルゴ手前まで。

最初のオクターブは、両手で弾くことにしました。

アルペジオの弾き方を教わりました。

和音。届かないところ。
ここは省きましょう、ここはアルペジオでいきましょう。

私:アルペジオへたくそなんです・・・

速く弾けません。装飾音符みたいになっちゃいます。
先生が弾くと、速くて和音に近いです。

何回かやって、マシになったけど、曲の中では使えない、と・・・(-_-;)
練習あるのみですかね~

ラルゴ手前のオクターブ、キツイ!
私、左は1と4の方が、1と5より届くんです。
4と5の間が開かない為と思われます。
黒鍵は1と5でもオクターブきつくて、1と4の方がまだ弾きやすい。
黒鍵は1と4で、白鍵は1と5で弾くことになりました。

ちなみに右手は4と5の間が開くので、1と5の方が開きます。

しばらくは片手のみで、ある程度弾けるようになって来たら合わせましょうと。

ある程度弾けるまでには時間がかかりそうです。
左のアルペジオもかなり大変です(>_<)
ひっかかりまくり。

・・・こんな感じでした♪
頑張ってぼちぼち練習します!

・・・
帰って、メロディライン(小指、薬指とか中指)に重さをのせて、親指の方は小さくって、
練習してたら、手首の筋が少し筋肉痛になりました(>_<)
そんなに練習してないんですけどね(-_-;)

レッスン33

発表会前最後のレッスン、
今年最後のレッスンでした。

だいぶ安定してきましたね、と言ってもらえました。

中間部のスペイン風に入るところ、
その前で息を吸って一瞬で色を変える。
またテーマに戻ってくるところも同じく、色をイメージしておいて一瞬で変える。

左はもっと軽く

左と右のメロディがつながるように

誤魔化しがちな怪しいところも、見逃されません!(>_<)

次の曲のことも相談して、今年最後のレッスンが終わりました。

レッスン32 と うまくいかないところを考えてみた

また明日、発表会前の最後のレッスン、今年最後のレッスンがあるわけなんですが・・・。

先週のレッスンレポです。
いくつか音源聴いて、どこが崩れやすいのか、考えてみました。

久しぶりにツェルニーやっていったんですけど、
時間があれば見ましょう、ってことで、
発表会の曲だけで時間なくなったので、無理でした。

こないだの散々な本番を経験し、
悔いはないように練習しよう、と
この1週間は発表会の曲のみ、練習してます。

・最初
左はもっと短く、両手ユニゾンのレラはもっといれる。

・何回も出てくるこの右手のフレーズ。



ちゃんとはまってないみたい。
レガート練習→表情つける。
もっと弾かなきゃダメ。
どうも、両手で弾くと、寄っちゃうみたい。均等に3つ入ってないことが判明!
今更なんだけど・・・
左につられるのかなぁ・・・(>_<)
ゆっくりから、片手から、何回も練習してみてます。
緊張しちゃうと、また余計にうまく手が動かないんですよね(*´Д`)

・うまくいかない、ここの1行目終わりから2行目にかけての入り。



ドレシドシーラ のこの細かいシドがなかなか入らないんですけど、
その前のララッファミファレをきちんと弾く!
このミファレが結構重要。ここをもっと弾く。
どうも右がどうも左につられて、変に焦っちゃうらしい。
何回も練習して、こういう弾き方をすればうまくいく(細かい音はそれでもなかなか入らないんですが)、
ってのはわかったんだけど、
どうもここはカチカチになり過ぎて、なかなかうまくいきません。

見た目的にそんな難しい譜面じゃないのに、苦手です(>_<)

こういうのが他に2か所あります。

・ここも同じなんだけど、
この細かい音がちゃんと正しいリズムじゃないって指摘されました。



この後半、4行目のところはうまく入らなかったので、自覚してましたが、
全般的に細かい音が正しく入ってなかったみたいです・・・。
自分では細かい音の入りが遅い、と思ってたんですけど、
速かったみたいです!Σ( ̄□ ̄;)
ゆっくり弾いてといわれて
やったらできなくて、よくわかりました。
全然弾けなかったのですが、ゆっくりから練習して、だいぶ正しいリズムで入れるようになったかな・・・。

ギターのところはよいらしく、

最後の部分 移動は上にあげるんじゃなく、横にさっとスライド。

最後の和音、つかんで上を出していく。
最後ラレ→レー。終止。

あと、自分でも自覚してない、音間違いを2か所指摘されました。
言われても気づかなかったくらい・・・勝手にねつ造しておりました(゚Д゚;)

失敗の原因は、
緊張したら鼓動が速くなる→テンポが速くなる→うまくはまらない→自爆(T0T)

そんな気がします。
右のあの何回も出てくるフレーズはやっぱり乱れやすいし。

この曲はテンポをきっちりとっていくのがポイントな気がします。
そういうの、結構苦手なんですよね
途中のギターの部分はテンポが揺れるので、ここら辺は意外と弾きやすいんです。
緊張の中でテンポを落ち着いてしっかりとっていくのがほんと難しい。

対策として速くなりがちなので
ゆっくり目のテンポできちんと合わす。
もちろん通常テンポでも。

グレーの部分も見逃さないで、ちゃんと練習する!

とりあえず、できる限りは練習したのですが、
さて、明日のレッスンではどうでしょう?
弾けるかなぁ~

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.9 ・インベンション4番 ・ベートーヴェン ソナタ第8番「悲愴」Op.13 2楽章 ・ショパン 幻想即興曲
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR