プチ発表会、聴衆参加歓迎のお知らせ

プチ発表会のフライヤー、かわいいので、こちらにも載せておこう~(*´ω`*)

180603フライヤー

聴衆参加、大歓迎です!

奈良公園に散歩がてら、いらっしゃいませんか?
ならまちセンターへのアクセス⇒

猿沢池のすぐ近くです。

詳しくはサークルブログをご覧くださいませ♪→

レッスン65

バタバタしててレッスン記事が書けず…💦

やっと、重い腰をあげて、面倒な人権新聞(中学のPTA の仕事)があらかた書けた‼
私が書いたらレポートみたいになった気はするけど…💦(^_^;)


さてさて、悲愴2楽章と3楽章だけ見てもらいました。
ツェルニーとかできない!

悲愴2楽章は、
縦に入らない。

ピアノは打楽器だから、歌と違って、演奏行為自体が縦に入りやすい性質はあるけどね、と。

最初から音楽がその辺にあるような感じで…。 

横に、って難しい!

中間部の盛り上がりは形をきちんと。

中間部が終わってまた最初のメロディーが始まるところ、前の流れを持ち込まない。前でちゃんと浄化?しておく。

最後のあたり、コーダから色々教わりました。
コーダの前をきちんと終わらせる。
ターンには意味がある。
テンポ通りではなく、きちんと入る速さで。
オクターブで同じメロディーを弾くことの意味は?
最後は休符に次の音楽がある。

3楽章は、なかなか出だしがうまくいかない。出だしも、だけどね。

ほんまはダメだけど、かなり危険だから徐々にテンポあげれば?
とのアドバイス。
出だしが一番難しい(>_<)

ただ弾けるように、ではなく、
完成形、理想形を見据えて、練習すべし!


ただ今、送迎待ち中。
めちゃ眠い…
来週は平日前半、メチャ忙しい~(>_<)
仕事に、歯医者、参観、レッスン(しかも娘とダブル)。
毎日2部制(^_^;)

なんでレッスン入れちゃったんやろう…

不思議~~

つい先日、Sさん宅の練習会に参加してきました。
サークル発表会で連弾する、初合わせも兼ねて。

久しぶりに会う友人と楽しいひとときを過ごしました。
ほんとに久しぶりにお会いした仲間もいたのに、なぜだかそんなに時間が感じない…不思議~。

不思議というのはこのことでなく、
「さあ、今から本番練習をしましょう」と言った途端に弾けなくなるのです。

悲愴3楽章、家ではそこそこ安定してきた気がする…。
出だしは、まだうまくいかないことが多いが。
練習タイムもそこそこ弾けた。

なのに、本番タイムとなったとたん、
2楽章の出だしの音を忘れた!💦

3楽章にいたっては、まともに弾けない(>_<)
こないだのムジカフェスタよりはマシだったか…
やっぱり途中で指が動かない、脳と体が離れていく、ぐちゃぐちゃでわけわからないあの感覚。

そういや、初めてだったかも、2楽章と3楽章続けて弾いた本番タイム。
めちゃめちゃ長く感じて、3楽章弾き終わったときは、私、持久走でもしたのか、と思うくらい、ものすごい疲労感でした(>_<)
今となったら、わからないけど。
ちょうど、出産の時はメチャクチャ痛かったけど、忘れた、に似てる…(^_^;)

先生の言葉も思い出して、大切な音を聴くようにはしたけど…、うーん、パニック。難しいわ。

こんなに力入って、あほちゃうん、
と終わったら思うけど、
その時はどうにもならない…

仲間内なのにね。
そんなに緊張しなくてもね。

幻想即興曲弾いた時も、こんなだっけ?
違ったような気がする。
この3楽章の弾けなさ。
のれない。
焦り…、プレッシャー?

なにがそんなにこうさせるんだろう?

明日は、レッスン、そしてサークル。
どうなる…?


レッスン64

今月は本番に備えて、月3回入れました。
今日のレッスンは、練習の仕方について考えさせられました。
わかるようでわからない・・・

6/3の本番に弾く悲愴2楽章と3楽章の練習で手いっぱいで、
ツェルニーやインベンションは練習できず・・・
なので、悲愴のみ見てもらいました。

最初に、悲愴2楽章と3楽章を通して、弾きました。
やっぱり悲愴3楽章はアップアップしてしまった・・・

セ「どんな目的で、どんな練習をしたらそうなったんですか?」

・・えっ(゚д゚)!

弾けない、弾けないって、そこが弾けるようになったら、自分の思うように弾けるようになると思ったんじゃない?
そういうことしても弾けるようにならないんですよ。
あっちも弾けない、こっちも弾けないってなるでしょ。
そんな細かいことはどうでもいいんです。
弾けない部分を聴かせたって、みんな聴きたくないでしょ。
大きいポイントを押さえていけば、たとえ弾けてなくても、全然違う。
こないだ言われた、全部弾こうと思わない、にも通じてるかもしれません。
細かいことは弾けなくてもいい、
そんなのは限られた練習時間では無理だと。
プロでもそんなもんですよ。
大きな流れをおさえて、細かいところは出来るだけやったらいいけど、
別にそこはいい、って。
大きな流れをやっていくうちに、ついてくる。
細かいことばかりにとらわれすぎ、そっちからでは弾けない、というようなことだと思う・・・。
細かいことばかりやっても弾けるようにならないって。
曲にならないってことかな。
声楽なら、発声練習ばかりしてるようなもので、それだけではダメなんですよ、って。

あと、自分から離れなさい、とも言われました。

弾けない、弾けないって思うのは、自分。
自分ばかりに焦点を当てすぎ。
弾くことをあきらめなさい、みたいなことも言われました。

私たちが弾いてるのはクラッシック。
曲を通じて、聴衆に何かを届ける。
なのに、自分、自分、ばかりでは、そんなのは誰も聴きたくないですよ。
自分から離れないと・・・って。

自分から離れる、というのは先生のようなプロの間でもよく言われることらしい・・・

心の問題だ、って。

でも、どうしても、本番って、どうしよう、って思っちゃうし、
すごく不安になるし、
んーー、難しい・・・

悲愴3楽章、本番ってなると、すごく身構えちゃって、それじゃー、弾けないんだろうな。

だんだん弾いているうちに焦ってくる、っていうのも、
普段からそういう練習してるんですよ、って。

ええ~、
どんな練習をしたらいいの~~?

目的としては
・大きな流れを感じる。
・拍子にのる。
・雰囲気が変わるところは変えたい。

かな・・・?

どんな演奏をしたいのか。

難しい(>_<)

悲愴2楽章は暗譜があやふやだったので、左暗譜するように言われました。

全然細かいことは何も言ってくれないんだけど、
これでいいのかなぁ・・・?
それどころじゃないのかな・・・(;^ω^)

練習の仕方について考えさせられました。
弾けない、弾けない、って練習するのやめなさい、って。
気持ちの持ちようで違うのでしょうか。

あ、あと、私に向いてる曲はありますか?と聞いてみました。
細かいことするのが好きだから、バロックだそうです。

練習音源 インベンションNo.13 など

3月に録った、インベンション13番。
音源整理したら出てきた、貴重な録音。
いつもなかなか録れないので。
一応レッスンで言われた、最後の方のバスの音も聴かせて、出来たかな。


忘れてた音源
昨年の10月プチ発表会での連弾
「君の名は」より、「なんでもないや」
プリモ担当してます。



↑ この時、痛恨の譜めくりミスを犯すという大失態をやらかしました!
事前に何回も確認したにもかかわらず、配置ミス・・・(>_<)
めっちゃ焦りました・・・どこか大きく抜けたはず。。。

やっぱり癒し系メロディー好きです♡

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05 07
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.14 ・インベンション13番 ・ベートーヴェン 悲愴3楽章
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR