葛藤というのは

中学受験、失敗で検索したら出てきた記事→コレ

私は自分で教えたから、そんなにお金はかかりませんでしたが、
もし、塾に入れてたら、こう思うかもしれない。

そこまでは思わないけど、ちょっと共感する部分がないわけでもない。

【子どもをいい環境の学校に通わせたい】というところスタートでも、いつの間にか【○○学校に通う子どもの親になりたい】という目標に変わってきていたのかもしれない。

という文にギクッとしましたよ。
他にも共感できるところがいくつか。

落ちた時に、自分が気づいたのは、息子のためと思いながらも、自分のため、となってる自分がいた、
ってことです。
ほんとそんなこと思ってないつもりだったんですけど・・・。

でも、まぁ、そういう失敗のブログ多いみたいで、
読んでたら、なあんだ、誰でもそう思うんだ・・・ってちょっと安心しました(笑)
え、違います?(笑)


入試の速報見たら、まぁ例年通りで、
そんなに今年がハイレベルってわけでもなく、
わりと男子は入りやすい感じでした。
「できた」というだけで、ミスしてたのかもしれないし、
記述だったから、
書き方に問題があったのかもしれない。
全然届いてなかったのかも。。。

だけど、
もしかしたらうまくいってたらいけたんじゃないか?とか、
もしその学校に通えたらすごいことが待ってるかのような、
気持ちにならないわけじゃないんですよね。
隣の芝生は青く見える、ってやつですかね。
ああ、もう黒い自分にいやになっちゃいますね(;^ω^)

まぁともあれ、解けるようになってたのは事実だから・・・
これは信じて、頑張ったんだ、と胸を張って言える!

親に、モヤモヤする、と相談のメールしたら、

そりゃ、親でもあり、先生でもあったんだから、モヤモヤして当たり前。って。

ピアノでも自分より生徒や子供が弾く時の方が疲れるって。
自分が受ける方がよっぽど楽。

そっか、そんなもんか~。

旦那から燃え尽き症候群じゃないの?って言われて、
そうなのかな?
そこまでじゃないけど、多少なりとは、そうかも・・・。

でも、それも一生懸命やったからこそよね。

失敗しても、それがすべてじゃないし、
結局は進むことになる道が一番いいって。

頭ではわかってるから。

実際、自分は私立に行ったけど、いじめにあって、
公立に行けばよかったと何度思ったことか・・・。
けれど、結局これも乗り越えて、この学校に行けてよかったと思えてます。

だから(?)、多分そんなに落ち込んでないので大丈夫です。
わかってるけど、感情にうそはつけないから、そこが葛藤・・・。
受験勉強やってよかったことと悪かったことを書いて、
気持ちを整理したいなぁと思ってたんだけど、
体調悪くてできないわ・・・

一生懸命やっただけに、ぽっかり穴があいた、っていうかそんな感じかな。

ピアノもやっぱり練習したら楽しいと思えてるし。
大丈夫なはず!

息子はね、落ちたときはそりゃ落ち込んでたけど、
普通にやってるので大丈夫と思います。
イラスト書いたり、ゲームやったりしてます。

まぁ、そんなわけで(?)、ぼちぼちやってます。
風邪もひいたし、思考回路がおかしくなってるかも~。
ゆっくり休みます。<(_ _)>

あぁ~もう嫌になっちゃう!

まだ100%ふっきれてないんですけど・・・

時折、感じる、ぽっかり穴があいたような気持ち・・・。

中学受験、失敗って検索したら、色々出てきて、
多少なりとも共感する部分はあるなぁ・・・なんて。

いろいろここで吐き出して、気持ちの整理を!
って思ったり、

来週、レッスン入れてたんだった!と、
練習しなきゃなぁ・・・ってぼちぼち開始したりしたんですが、

どうやら、娘の風をもらったよう。。。(-_-;)


そした、またまた、タイミングの悪いことに、
仕事契約、2月で切られてしまいました。。。(ノД`)・゜・。
派遣だから仕方ないけど・・・
この3月乗り越えられるか、怪しかったし。。。

重なる時は重なるなぁ~(つд⊂)エーン
ほんま凹むわ~!(ノД`)・゜・。

結果:残念でした

見に行ってきました。
残念ながら、息子の受験番号はなく、不合格でした。

難しい学校だったし、
たった3か月の勉強・・・

受かる方がキセキ。
当然と言えば当然。

旦那も、「残念」の一言。
3か月なんだから当たり前やろ、ってあっさり。

そりゃそうなんだけど、
一緒にやってきた私としてはその一言で片づけられないっていうか・・・
なんかモヤモヤしている。

はっきりいってこんな気持ちになろうとは意外・・・。

だって、落ちて地元の公立でもいい、って本気で思ってたのに、
何かイマイチわりきれない、こんな気持ちになるなんて正直思ってなかった。

2者択一だったのに、
今からでももしかしたら間に合うかもしれない、C校を受験しようかと頭によぎったくらい。

息子も落ちたって、わかった後、
地元の公立には行きたくない、と言った。
まぁ、意外とそこまで落ち込んでるようには見えない。
そういうふりをしてるだけかもしれないけど、落ち込んではいると思う。

と・・・だから、今からでも受けられる、と言えば、受けたい!というかもしれない。
かなり言いそうだ。
けど、そこは見に行ってない学校。。。
以前、見に行くだけでも行ったらどうか?と提案したんだけど、
息子に却下された、学校。
いくら何でも、実際に見に行ってもないのに、そんな気の迷いで受けるのはどうか、と思い直した。
もしかしたら、行ってよかったと思うのかもしれないけど、
やっぱりそれはかなり危険よね・・・。
あの時、本当に見に行かなくていいん?って確かめたし、
そう決めたのも息子。
翻弄すべきじゃないだろう・・・。

思ったことは、受験というのは、かなり労力とダメージを受けるもの・・・。
安易に受けたとしても。

そういえば、ピアノの先生が仰ってた。

「歯が立たないコンクールに出てもしょうがない。
一生懸命練習して、受かる可能性のあるコンクールに出るべきだ。
落ちる、っていうのはダメージが大きいから。受からないと。」

っていうような内容だったと思う。

確かにね・・・。
なんでも似たようなもんなのかな・・・。

娘の時には、
色々学校を見に行って、ここなら行ってもいいかと思える学校があれば、
第1希望だけじゃなくて、
第2希望、第3希望・・・いろんな範囲でいくつか設定してやる必要がありそう。

息子は、受験には後悔してないし、私と勉強したのも後悔してないと言ってくれたのが
救いかな。(気を遣ってるのかな!?)

受験、ってほんと大変~(>_<)
みなさん、これを乗り越えてきてるんですね。
尊敬します~。

今はちょっと、まだいい方向に気分は向かえないけど、
日常生活をやってるうちに、
だんだん回復していくかな。
落ち込んでばかりもいられないですもんね。

人生、失敗もありますもんね。
早めの失敗も、きっと今後の人生に生かしていけるはず・・・。
そう願って見守っていきたいなぁと思います。

それにしても、旦那、もうちょっと励ましてくれてもいいのに!
自分は勉強には一切かかわってないから、余計にあっさりなのかな。
色々まとまりのない文章で、すみません。





娘のレッスン

年明けて、娘のレッスンには2回行きました。

現在の教本は、
・ハノン
・バスティン 中級テクニック3
・バッハ メヌエット BWV822より 合格→ マーチ BWV Anh.132(次回)
・ブルグミュラー 牧歌 合格 → 子供の集会

こんな感じです。

今の先生について思ったのは、教材の進め方が早い!
マルの基準は甘めと思います。
息子の先生じゃ絶対合格にしないと思います。
どんどん進んでいきます~。


余談ですが、
最初のレッスンで、先生にお菓子をお渡ししたので、
この間、先生からお菓子をいただきました。

あけたらチョコのクッキーに見えたので、
パッケージも確認せず食べたら、Σ(・□・;)!!

ん!!!?違う?何これ??

・・・バナナ??

慌ててパッケージ見たら、
バナナをフリーズドライにして、チョコでくるんだお菓子でした。

ちゃんとそういうお菓子と思って食べたら、
とても美味しかったんですよ~。

でも、人間、思い込んで疑いもなく、食べて、想像してた味と全く違ったら、
かなり衝撃を受けますね。。。( ̄▽ ̄)
思い込みって、何においても怖いものです。
人間ってある程度思い込みで成り立ってるもんなんだなぁ・・・と実感。
私たちの感覚までも支配してしまう。。。
何においても実は大半は思い込みなのかもね・・・。
まぁ、でも、そういうもんかな。

先生、ありがとうございます<(_ _)>

受験を終えて 1

朝起きるのが苦手な息子は、試験前日には、8時には自ら寝てました(;^ω^)

昨夜は寝つけなかったのか、3時半に起きだし、
「絵を描く!」といって、
You tubeを見て漫画のキャラクターを描いてたみたいです。

↑今まで漫画なんて描いたことなかったのに、何を思い立ったのか、
受験3日ほど前からハマりだしてました・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
終わってからゆっくりやれば?ともちろん小言言いました。

その絵を見て、「おれってすごい」って自分を励ましてたみたい(笑)
受験が終わって、ペンがほしいというので買ってあげましたよ。

9月末からやり始めて、
一度ノートは12月に捨てちゃったのでわかりませんが、
15冊くらいは使ったかな~
手元には12月以降、10冊くらいあります。

大学ノートではなく、1センチ方眼のノートですけどね。

初めて1冊使い切った時、「え、もう終わり?」と息子が驚いてました☆

11月に一度、受けたい学校の模擬試験を、大手の塾で受けました。
そこで、そこの学校の受けるためのテクニック集という冊子をいただきました。
その冊子には、過去十年ちょっとくらいのどんな単元が出てるか教科別にまとめたもの、
強化すべきところ、そしていくつか練習問題と答えがついてるというものです。
実際に試験を受けて、あまりあてにしすぎてはいけないかも!?
問題用紙は持ち帰ってきたのでね。
強化すべき単元に入ってなかったものあった・・・。
でも、見ておいてよかったのもあったし、どこがでたかまとめたものも参考になりました。

もう1つ、模擬試験をしてくれる大手塾があるようなので、娘の時にはそこも受けようと思います。

模擬試験を受けた時点では、2割くらいしかできなかったんですけど、
年明けてから過去問を解いた時、年によっては7割くらいとれるようになりました。

解けるようになる!

急に伸びる、そういうラインがふと、突然、やってくるものですね。

自分が大学受験の時、学校の先生が、
勉強量と成績は直線でなく、指数のグラフで、コツコツ重ねていけば試験の時に急に伸びます、
といつも言ってました。
コツコツ勉強してるときは底辺に近いけど、諦めずに重ねていけば急に伸びる、
試験の時にここに来るには長い間コツコツ重ねなければいけない。

だから私は、模擬試験で、ずっとランクEでも全然気にしてなくて、
母は本当に受かるのかと思ってたみたいです(;・∀・)

ピアノにおいてもそういうことって言える気がしますね。
なんでもそうなのかもしれませんね。

忘備録として、やった問題集とか書き残そうかなと思います。


どうでもいい話ですが、私筋肉痛です。。。
昨日は、息子を試験会場に送り出した後、友人の家に行かせてもらいました。
おかげさまでとてもいい気分転換になりました。
バス使うとあまりにも早く着きすちゃうので、1時間弱かけて歩き、
友人の家を出て、1時間弱かけて戻り(途中で昼食とったらバス乗るのに戻るのも面倒になった)、
また息子と散歩がてら駅まで歩きました・・・(*_*;
3時間くらい歩いたのかなー。
で、やっぱり胃腸の調子が悪くて、よく眠れず。。。
疲れすぎるとだめだなぁ・・・情けない。。。
やっぱり、今年は、体操教室に通って体力つけよう!
今日はいく予定でしたが、休養にします(;・∀・)

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
01 03
プロフィール

マミ

Author:マミ
30代パート主婦です。子供たちがピアノを習い始めたのを機に私もウン10年ぶりにブルグ25からピアノを再開し、4年目に突入です。ピアノサークルも立ち上げ、3年目♪のんびり活動してます。限定記事につきましては交流のある方はお気軽にお問い合わせください。

練習中の曲♪
・ツェルニー30番 No.12 ・インベンション6番 ・シベリウス もみの木/カプリス ・ショパン ノクターン第20番
ブログ村に参加してます
お読みいただきありがとうございます。 ポチっと応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
フリーエリア
ご訪問いただきありがとうございます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR